FC2ブログ

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (7)優等生の本性

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (7)優等生の本性

「今度は、こっちでしてくれ」
せっかくの巨乳を遊ばせておくのはもったいないので、股間にしがみついてお口の奉仕を続ける匂いフェチ優等生をいったん引きはがすと、抱きしめるようにブラのホックを外してデカパイを解放し、パイズリを要求する。

「うん…、いいよ」
シャツをはだけた優子はもう完全に欲情したメスになっていた。たっぷりした乳房に息子を挟んだ優子は妖しい目をニッコリ笑わせると、唇のスキマからおツユを垂らして肉棒全体をヌルヌルに濡らし、先端をペロペロしながら乳房を揺すってサオをネチョネチョとこする。

「おお…、いいぞ…、くうっ…」
ご奉仕に没頭して女体を上下させる優子に、柔らかいたっぷりした弾力に埋没するような快感が息子から腰に伝わってくる。ピンクの舌が先端にまとわりついてズルムケの鈴口がチロチロと舐められる。

はうっ、い、いいっ、たまらんぞっ、…。
普段の真面目な仮面をかなぐり捨てた淫乱巨乳優等生は男のツボを心得ていて、腰を突きだしてパイズリを堪能するオレを極楽気分に突き上げる。

「こ、こんどは、優子の番だ…」
敦子にできなかった種付けが優子ならできるという思いが湧き上がってきて、パイズリに熱中する淫らな女体を引きはがし、机にうつぶせにさせる。
「あんっ、やあ…、はずかしい…」
素直に机に突っ伏して巨乳を扁平に潰した優子は、突き出したお尻からパンティを脱がされて、恥じらいながら悩ましげな声を漏らす。キレイな曲線を描く双臀の奥にプックリしたあそこは、かすかにスキマを見せる肉の亀裂からイヤらしい汁が垂らしていた。

「すげえ、濡れ濡れだ」
「ああっ、言わないでえ…、恥ずかしい…」
尻肉を支えるように両手を当てて大陰唇を広げると、愛液にまみれた膣口のピンクの肉が丸見えになる。ガーターストッキングの太ももに力が入って内マタに密着したが、あそこを広げたままなのでピンクの入り口がヒクヒクするのがしっかり見える。

「舐めてやる」
「あ、ああっ…、いっ…、ああっ」
巨乳優等生の発情した秘所にムラムラしたオレは、フンフンと荒い湿った吐息をケツの素肌に吹きかけながら、舌を差し込んでベロベロ舐め回す。入り口のヒダに沿って舌を這わすと、汗の滲んでツヤツヤした尻肉がプルプル震える。

「ああ、いいっ…、おちんちん…、欲しい…」
超極上フェラとダイナマイトパイズリで愛撫された息子が、股間でそそり立ってウズウズと出番を待っていた。快感に波打つ背中にのしかかってそそり立つ先端を濡れ濡れのスジにこすり付けると、淫乱巨乳優等生は甘えた声でナマ挿入をおねだりしてくる。

「入れてやる、いくぞっ、おっ…、おおっ…」
入れポン出しポンで極上の女体に種付けする衝動に取り憑かれたオレは、先端を入り口に食い込ませると腰を押しつける。窮屈な入り口を通りすぎた息子をヒダヒダの粘膜が出迎えて絡みついてくる。根本までねじ込むとぬかるんだヒダヒダが息子を締め付けてきて、ゾクゾクするような快感が下半身を襲う。

「あっ、あはっ、おちんちん、が、優子のナカに、はいってるうっ」
待望の肉棒で貫かれた優子は、妖しい視線を虚空に漂わせるうつろな目でイヤらしく緩んだ唇のハシからおつゆを垂らす。
「あふっ、ああっ、おおっ、いいっのっ」
汗をにじませてしっとりフワフワの女体にしがみついたオレは、オッパイの下に手を入れて指先で固くなった乳頭をクリクリしながら、手のひらから溢れそうな乳房を揉み砕く。

「くっ、ううっ、いいっ、いいぞっ」
甘美なあえぎ声を聞きながら、オレは上機嫌で挿入を繰り返す。

ヒダヒダのミミズ千匹が絡みついていきり立つ息子を締め付けてくる。敦子とは全く違うオマンコの気持ち良さと極上の女体を征服した満足感でオレは有頂天だった。腰をグラインドさせてパンパンネチョネチョとイヤらしい音を響かせながら、手のひらに吸い付くような乳房を揉み砕いていた。

オレの子を産んでくれ (8) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:59:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2020-4c8a0846
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next