FC2ブログ

== 鬼龍院サセ子探偵事務所 ==

鬼龍院サセ子探偵事務所 (43)トレジャーハンティング

ろま中男3 作品リスト
鬼龍院サセ子探偵事務所 目次

鬼龍院サセ子探偵事務所 (43)トレジャーハンティング

「ねえ、サセ子サン…、ここって、南の島なの?…」
それまで黙っていた麻里が、サセ子サンの言葉尻をとらえて聞いた。

「そうよ、ちょっとアブナイ生き物もいるけど、私のそばにいれば、大丈夫よ」
ドラ○もんの『どこでも…』と同じ原理で、サセ子サンが連れてきたのは得体の知れない南洋の島のようだ。危険な肉食動物がいるようなジャングルに連れてきた不思議美女は、麻里にお気楽に応えていた。

「ホントに大丈夫なのか」
サセ子サンなら、たいていコトは大丈夫だろうが、麻里や他のクラスメイトたちは普通の高校生で、サセ子サンの気まぐれで不幸な目に遭うことを心配していた。
「大丈夫よ、いざとなったら里美君が守ってくれるでしょ」
布きれ一枚まとっただけの肉感的な女体を押しつけてくるサセ子サンを
「ムリ…、っていうか、絶対ムリ…」
かわしたオレは、冷たく応えていた。

「もう、てれちゃって…、じゃあ、水泳の時間は、トレジャーハンティングに切り替えます、みんな、いいっ?」
めげない不思議美女はニッコリ笑うとクラスメイトたちに声をかける。

は~いっ!!…。

お宝に興味のない俗世から解脱したような悟りきったヤツは一人もいないようで、アブナイ生き物がいるという事実も聞かなかったことにしているのか、みんな元気はつらつに応える。

「じゃあ、男子はコレに着替えて…、女子はコレでいいわね」
満場一致の民主主義的決定にニッコリ笑ったサセ子サンがしなやかな指先を鳴らすと、また黒背広サングラスコンビが現れて男子と女子に衣装を渡す。

「これって…、なんか、恥ずかしい…」
男子はいかにもジャングル探検という感じのフィールドギアだったが、女子が渡されたのは、ニーハイソックスとジャングルブーツだけだった。ピンクのニーハイとジャンルブーツを履いたスクール水着の麻里が、恥ずかしそうにオレの反応をうかがう。

「これって、さあ…、うっ、キター!!…、猛獣使いっ?…、っていうよりSM女王様?」
実用よりもある種の趣味を優先したような女子の格好を抗議しようとサセ子サンを見ると、光沢のあるレザー生地のレオタードと、同じ材質のオーバーニーでスパルタンなブーツを履いたサセ子サンは、手にムチを握っていた。

「そんなに喜ばなくても…、なんだか恥ずかしいわ…」
オレのツッコミに恥ずかしそうにムッチリ太ももをすりあわせたサセ子サンは、上目遣いに秋波を送ってくる。
「喜んでねえしっ」
妖しいシナを作る不思議美女を無視して、麻里の肩を抱くと
「…、じゃあ、男子は、女子を守ってあげるのよ、いい?」
不満そうなやぶにらみをしたサセ子サンだったが、振り返ってセクシーな後ろ姿を見せるとクラスメイトに声をかけた。

はあ~いっ!!…。

またも小学生並の明るい返事を返した男子は、適当にペアを見つけてスク水ピンクニーハイの女子にニヤニヤしていた。元々ペアができているカップルをのぞいて、意中の男子に指名された女子はウキウキして寄り添い、そうでない女子はいざというときは男子を楯にしようとたくらんでいたようだ。

鬼龍院サセ子探偵事務所 (44) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:17:43 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1946-649c052b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next