FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (148)連行

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (148)連行

「じゃあな、小野木」
大人三人がかりで麻酔の効いた大山を再びストレッチャーに乗せると、太田巡査部長は苑子のSPに気安い挨拶をする。

「ああっ、また飲もうや」
同期で同じ釜の飯を食った間柄である小野木は、ストレッチャーを押して処置室を出て行く太田に親しみのある笑みを見せた。

「コナン君、ありがとう」
新米警官の堀内は逮捕に協力してくれた、そして自分が守ったと信じ込んでいる少年にうれしそうに笑う。

「うんっ、悪いヤツはキッチリ懲らしめてやってね」
浮かれてやがる…、取り調べで苦労するとも知らずに、…。
お手柄で今は上機嫌な巡査だが、署に戻ってから大山の取り調べに手を焼くのは目に見えている。新米巡査の苦労を想像したオレだったが、今くらいはいい気分でいさせてやろうと小学生っぽい口調で応えた。

「うん、約束するよ」
正義の味方気取りで浮かれる堀内は、少年のエールを受けて得意満面の笑みだった。

「うがっ」
処置室を出て心配そうに見るハルカの前を通ると、動物的本能が働いて美人教師の匂いで目覚めたのか、緊縛された筋肉バカがうなり声を上げる。

「ひっ」
バケモノの覚醒にビビッた堀内は警戒して腰のホルスターに手を当てる。
「落ち着け…」
太田も警戒しながら、堀内の軽挙妄動を諫めようと目配せする。

「せんせい…」
変態の性犯罪者だが、大山本人を陥れる策略に荷担した自分を、拳銃から守ろうとしてくれたことを申し訳なく思っているハルカが、心配そうに声をかける。
「んあっ…、あ、ハルカ先生、無事でしたかっ、やっ、なんだコレは」
美人教師の声にぱっちり眼を開けた筋肉バカはうつむきがちなハルカに嬉しそうに声をかけたが、緊縛された自分に気付いて声を荒げる。

「ごめんなさい…、でも、ちゃんと罪を償ってきて…、ください」
ハルカは潤んだ目で大山を見つめていた。

ハルカを拉致した行為は刑法225条 営利目的等略取及び誘拐罪(営利、わいせつ、結婚又は生命若しくは身体に対する加害の目的、1年以上10年以下の懲役)に該当し、常習化していた隠し撮りや乱子への暴行などを合わせて、実刑は免れないだろう。

お人好し過ぎるぜ…、まあ、そこがいいところだけどな、…。
どMの美人教師は変態筋肉バカが更正して戻ってくることを、心から願っていた。ヒドイ目に遭わされたことをすっかり忘れた様なハルカに、オレは呆れながらつい笑っていた。

「あ、はいっ、待っててください」
ハルカを守ったつもりでいる筋肉バカは、自分が司直の裁きを受ける立場になるとはツユほども思わず、目を潤ませる美人教師に鼻の下を伸ばしてニヤけていた。

「それじゃ、私はこれで」
大山のストレッチャーが警察車両のバンに積み込まれるのを見届けた小野木は、苑子の警護に戻る。

「小野木さん、ありがと」
金持ち道楽娘は頼りになるSPにニコニコ笑って手を振った。

「じゃあ、オレも…」
乱子が心配なオレが病室に行こうとすると
「いっしょにね、乱子の所でしょ」
苑子がニッコリ笑ってオレの手を握る。
「私も行くわ」
涙を拭き取ったハルカもオレの手を取って、ニッコリ笑った。

オレはグレイか、オリバー君か、…。
美少女と美女に両手を引き上げられたオレは、また捕獲された宇宙人状態になっていた。

エロがきコナン (149)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:57:47 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1857-418ef6c1
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next