FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (17) 由貴のフェラ奉仕

裏ろま中男 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (17) 由貴のフェラ奉仕

「じゃあ、ここでヒザ立ちになって」
由貴の了解に心の中で飛び上がりそうな快哉を上げたタダシは、しかしそれを顔に出さないように表情を引き締めてつぶやいた。
「はあ、あい、…」
由貴は運動マットの上で膝立ちになった。

よしよし、…。
タダシはブリーフを脱ぎ去ると、ナニも隠すものがない下半身の中心が天井に向かってそそり立ち、あふれ出るカウパー液で先端を光らせていた。

これ、な、に、?…。
由貴はそれを凝視していた。勃起した男性器を見るのは初めてだった。先端が濡れているのが、気持ち悪い。なんだか邪悪なモノのように見えてブルッと震えた。
「…」
タダシはそそり立つその肉棒に手を添えると、窮屈そうに由貴のカワイイ口元に持って行った。

「チョット足を開いてくれる」
淫靡な企みに緩みそうな顔を引き締めたタダシが無表情にエッチな要求を突きつけた。
「あ…、は…い、…」
混乱した由貴は言われるままにゆっくりとヒザを開いていた。
…、おおっ、…。
セーラー服姿で下半身を露出してしかも大事な部分を丸出しにして、逆Y時にヒザ立つ由貴はたまらなくエロチックに見えて、そそり立つ息子がピクピクと震えた。

あんっ、いやあ、や、…漏れる、…。
足を開いた由貴はアソコがひんやりする感じに内股を濡らしていた愛液を意識して、それが直接マットに垂れてしまいそうで焦っていた。

「舌を出して。」
「…、は…、い…」
混乱して考える余裕のない由貴はタダシの命じるとおり舌を出した。カワイイ口から舌がのぞく。タダシは上向きの心棒を由貴の口元に持って行くと
「先端を舐めて」
と命令した。

由貴、男の…、子の…、おちん…、ちん、舐める…、の、?…。
由貴は目の前にそそり立つ息子を眺めながらぼんやり考えていた。今日までバージンだった由貴にもちろんフェラの経験はない。
えいっ、…、えっ、…、にがっ、…。
しかし選択の余地のない由貴はおそるおそる舌を近づけて先端を舐めた。舌先を触れた瞬間は何も感じなかったが、言われるままに先端に舌をはわせているウチに苦さを感じて、目に涙がたまってきた。

「もっと先っぽを全体を」
タダシの強い口調にペロ、…、ペロ、…ペロ、…、と泣きそうな由貴はひと舐め毎に角度を変えて懸命に舌を邪悪な熱を放つ肉棒に絡めた。
「じゃあ口に入れて」
そう言うとタダシは熱くたぎった心棒を由貴のカワイイ口に押し込んだ。

「歯を立てるな」
「舌で包み込むようにして、唾液をまぶすんだ。」
「あたまを前後に動かせ」

あん、うぐっ、やっ、…。
タダシの立て続けの要求に混乱しながら、凶暴な肉棒を咥えた由貴は命令に従うので精一杯だった。
もういいかな、…。
タダシは目尻から涙をこぼした由貴の口から息子を抜いて、背中を乱暴に押して腹ばいにさせるとおしりを天井に突き出す姿勢にした。
えっ、…。
何が何だか分からない由貴は四つんばいになってお尻を突き出し、意図せずにタダシの劣情を誘っていた。

よし、いくぞ、…。
はしたない姿でアソコを丸出しにしたセーラー服美少女の背後に立つと、タダシは心棒の先端が由貴のあそこの亀裂に当たるように膝立ちになった。
うしっ、あうっ、いい、…。
由貴の唾液でてらてらと光る怒張した心棒を握ったタダシは、愛液を溢れさせた由貴の大事な部分にツッコンだ。
あったけ~、…。
十分に潤った由貴のあそこはタダシの熱く太い心棒を易々と受け入れた。

女子校生由貴 (18) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:43:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/18-c1a21495
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next