FC2ブログ

== 女子大生菜々子 ==

女子大生菜々子 (76)明日への不安と希望

ろま中男3 作品リスト
女子大生菜々子 目次

女子大生菜々子 (76)明日への不安と希望

「あっ、だめっ、あっ、いやっ、いっちゃ…、え、あんっ」
舌と手で感じる部分をイジられまくった肉感的な女体は、プルプルと柔らかい女体を痙攣したように震わせながら絶頂に向かっていたが、後一歩のところで刺激を中断されて、意外そうな声を漏らした。

「あとは、コレでシテあげます…」
劣情にまみれた岡村は、菜々子の体をうつぶせにするとハダカのお尻を突きあげるようにして、濡れ濡れのアソコを突き出させて息子の先端をすりつけた。

「あ、だめ、ああっ、あんっ、あっ、あっ、あっ…」
もう少しのところで突き放された菜々子は口では抵抗したが、濡れ濡れの花びらを熱い先端でなぞられて、官能の喜びを感じていた。岡村が腰を突き出すとアソコはすんなりと受け入れた。
「あ、いいっ、気持ちいいです…」
後ろからのしかかるようにして腰を振る岡村は、息子が湿った音を立てて菜々子の尻タブの奥に出たり入ったりするのをうれしそうに眺めていた。

「あんっ、おねがい、はあっ、今日、だけよ…、あんっ、明日からは、はあっ、ダメだから…」
ジュブジュブと勢いよく突かれてナカの粘膜をコスられる気持ち良さに溺れそうな菜々子は、なんとか理性を保って岡村に釘を刺していた。
「わかってます」
火照った女体に後ろから抱きついてシャツの上からタプタプと乳を揉み砕きながら、懸命に腰を振っていた岡村は幸せな気分に浸って適当に相づちを打つと、息子に絡みつく粘膜の刺激に熱中していた。

「…、ああっ、イクッ、でるっ…」
シャツのボタンを外してブラを押し上げた岡村はナマ乳を手の平いっぱいに受けて揉みまくった。狂ったように腰を振り続けた岡村は突然声を上げると、めいっぱい腰を押しつけて子宮口に先端を食い込ませると、アツアツのミルクを子宮に注ぎ込んだ。
「あっ、あついっ、あんっ、いくううっ…」
ナカ出しされて感じる菜々子は子宮を熱い粘液で焼かれてたちまち登り詰めていた。のけぞった頭を左右に振って軽くウェーブのかかったツヤツヤした髪を乱しながら、快感の悲鳴を上げていた。

イッてしまったふたりはそのままの姿で床に伏せて荒い息に肩を揺らしていた。ナマ乳を床に押しつけて湿った吐息を漏らす菜々子は、火照った女体が床の冷たさが覚ましていくのを心地よく感じていた。

「またしちゃったね…、明日からは、お願いよ…」
アソコからあふれてきたミルクの後始末をしてジーンズをはいた菜々子は、困ったように笑いながら岡村を見ていた。
「菜々子さんは初めてのオンナの人です、オレは菜々子さんの味方です」
童貞の体の中にたまりまくった毒液を一滴残らずはきだしたサル顔少年は、スッキリした顔で菜々子の美しい顔を見つめていた。

「何?…」
じっと見つめる岡村に照れたように笑った菜々子に
「いえ、じゃあ…、菜々子さんが、俺のクラスに実習に来てくれるといいな…」
菜々子を目に焼き付けた岡村は玄関で靴を履いていた。

「そうね、でも、恥ずかしいかも…」
岡村の親しげな笑顔にうれしそうに笑った菜々子だったが、教壇に立つ自分を岡村に見られるのはチョット恥ずかしかった。
「じゃあ、菜々子さん、ありがとう…」
カワイイ仕草で恥じらう菜々子に、岡村はニッコリ笑うと部屋を出て行った。菜々子に男にしてもらった岡村はなんだか大人になったような気分で、バス停に向かう下り坂を軽い足取りで歩いていた。

…、ほんとに、彼のクラスだったら…、でも、その時は、その時よ、…。
しばらく閉じたドアの前に立っていた菜々子はベッドに座ると明日からの教育実習を思って、少しの不安となんだかワクワクするような期待感に浸って、カワイイ笑顔を浮かべていた。

女子大生菜々子 第1部 終わり
女子大生菜々子 あとがき
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:21:57 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1798-4c3e9332
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next