FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (8)ボクの勝ち

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (8)ボクの勝ち

「アサミ、気持ちいいんだろ、イッていいよ」
シックスナインの体勢でネエちゃんを抑え込んだボクは、ヌルヌルになったあそこの切れ目に指を入れてグチュグチュとかき回す。

「や、あ、ああっ、やだあっ、あっ、いいっ、はあっ」
ボクのカラダの下で柔らかいカラダをくねらせるネエちゃんは、硬くなったおちんちんを唇でなぶりながら、ガマンしきれずに漏れてくるあえぎ声をおちんちんの裏側に吹きかけていた。

「一杯出てくるよ、すごいよ、アサミ」
指一本グルグルするだけで、ネエちゃんのあそこはダラダラと粘っこい汁を垂れ流す。

「や、ちがう…、あ、ああっ、いいっ、いくうっ」
だらしなく広げた太ももをピクピク震わせるネエちゃんは、おちんちんをなぶる余裕もなくなって、気持ちよさそうな声を張り上げてお風呂場に響かせる。

「ほら、イッちゃえ、アサミ、イケッ」
ボクはあそこに食い込ませた指を奥まで入れてかき回しながら、その上の硬くなった部分を指先で押してやった。

「あ、ひっ、やっ、そこ、だめえ」
白い突起が出てくると、ネエちゃんはカラダをよじって苦しがった。ちょっと意地悪になったボクは、それを指先ツンツンしてやる。

「や、あひっ、ひいっ、いっ、いくっ、いっちゃう」
ネエちゃんはボクのカラダの下で暴れまくったが、どうやら気持ちよすぎて暴れているとわかったので、ボクはあそこに入れた指の動きを続けながら、突起をいじくり倒していた。

「どう、きもちいい、それとも、やめる」
中に入れた指の動きは続けながら、突起をイジルのをやめたボクは振り返って勝ち誇った顔で、ネエちゃんの泣きそうな顔を見おろす。

「あ、ああっ、いや…、あ、もう、お願い、はあ、やめないでえ…」
目尻から涙をポロポロ流したネエちゃんは、懇願するようないじましい目でボクを見つめる。

「わ、わかったよ…、してやるよ」
初めて見るようなネエちゃんの迷子になった子供のような心細げなカワイイ顔に、ボクはドキドキしていた。硬くなったおちんちんをネエちゃんの唇に押しつけるように、もう一度シックスナインの体勢で抱きつくと、太ももの後ろから回した手で亀裂と突起をイジってやった。

「あひ、ひい…、いいっ、いっ、いひっ…」
二カ所を同時に責められたネエちゃんはまた暴れ出す。柔らかい肉をボクのカラダにすりつけてくるのがきもちいい。

「ほら、いっちゃえ、いけえっ」
気持ち良さにウットリしたボクが両方の指を忙しく動かしていると
「ひっ、いいっ、いく、いっちゃうっ」
暴れていたカラダが急に弓ゾリしてボクを持ちあげると、プシュッとあそこから汁が飛んだ。

「うわあっ、すげえ…、アサミ、カワイイよ」
オンナの人があの部分から気持ちよすぎて汁を飛ばすのは知識として知っていたけど、はじめて目の前で見てボクは驚嘆の声を上げていた。体の向きを変えたボクは、ぎゅっと目を閉じたネエちゃんの顔に近づくと口で色っぽい唇をなぶりながら、声をかける。

「あ、はあっ…、やっ、やだあ、イジワル…」
甘い吐息を漏らすネエちゃんは、ボクをチラ見すると顔を横に向けてすねていた。ボクはネエちゃんがどうしようもなくかわいくなって、顔をこっちに向けさせるとチューしていた。柔らかい感触が唇に伝わってきて頭がしびれる。

「アサミ、ボクを見て」
ネエちゃんの唇を思う存分味わったボクは、苦しいくらいふくれあがったおちんちんを柔らかい下腹に押しつけながら、声をかける。

「もう、やだあ、あん、はあっ」
恥ずかしそうに目を開けてボクを見たネエちゃんは、ギュット抱きついて頬をすりつけてくる。甘い吐息がボクの耳ダブを刺激して、ゾクゾクする。

「ネエちゃん、約束…、覚えてる?」
ボクはネエちゃんの汗がにじんだ柔らかいカラダの気持ち良さを楽しみながら、イジワルに耳元にささやいてやった。

「あ、やんっ、もう、はあっ…、わかってるわよ、何したいの」
いい気分だったネエちゃんは、約束のことを持ち出されてちょっと不機嫌そうな声を漏らすと、ボクを押しのけるようにして、いつもの性格の悪そうな目つきで見つめる。

「じゃあ、ちょっとおとなしくしててね」
ボクはおネエちゃんが嫌がったあそこに、おちんちんを入れてやろうとたくらんでいた。

「なに?…、イタイのイヤよ」
ネエちゃんを抱くように手を回して後ろ手にタオルで縛ると、抵抗できなくなったネエちゃんが不安そうにボクを見る。

「ちょっとね、入れさせてもらうよ」
ネエちゃんを仰向けに倒したボクは、硬くなったキンキンのおちんちんを濡れ濡れのあそこに入れた。

「あ、あんっ、はあっ、きもち、いい…」
もっと変なコトをされると思っていたネエちゃんは普通のセックスに安心したような甘えた声を漏らす。

「これからが本番だよ」
おちんちんをネエちゃんのナカでヌルヌルにしたボクは、引き抜いてその下のお尻のアナに先端を押しつけた。

「え、やっ、やだあっ、変態っ…、や、お願い…、やめて、ねっ」
おぞましいアナルセックスをされると気付いたネエちゃんはカラダを振って抵抗したが、後ろ手に縛られて抵抗できないと観念すると、今度は懇願しはじめた。

「うん…、はいんないよ、ちょっと、こうして、と」
硬く力を込めたアナルはおちんちんを拒否していた。いきなりはムリだと思ったボクは指をあそこに入れてヌルヌルにすると、お尻のアナに押しつけた。

「や、やだっ、あ、あうっ、ううっ、入って、やだ、くるうっ」
あそこのお汁をたっぷりつけた指先をムリヤリねじ込むとなんとか入った。ネエちゃんはカラダをブルブル震わせていたが、ボクはかまわずに指を直腸まで突き刺して入り口をグリグリかき回して拡張していた。

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (9)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1680-faac8a4f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next