FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (2)初体験

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (2)初体験

「いくぞっ、うっ、ちゅうっちゅるっ」
ツヤツヤプックリの唇にのぼせ上がったボクは、柔らかい感触に脳天をぶん殴られた気がして、ムチャクチャにしゃぶりついていた。

「う、ふううっ、うひっ、ふわっ」
柔らかいお尻を通り越した指先が濡れた柔らかい肉に触れる。ネチョネチョした感触にゾクゾクするが、ボクは口を押しつけたままだった。

「うひっ、ぺしょっ、ちゅぶっ、じゅるるっ」
唇がだんだん開いてきて、ボクは舌を差し込んでいた。わけがわからないまま舌を絡ませていた。ヌルヌルした感触がまたまた脳天を直撃して、押しつけたおちんちんがムズムズする。ボクは太ももの後ろから回した手でおちんちんを押さえると、濡れたスジに先端をこすりつけていた。

「わかんねえよ」
腰がムズムズして突っ込みたいけど、入り口がよくわからない。ボクは唇から離れるとネエちゃんの股ぐらをノゾキ込んだ。

「ここだよな」
濡れたスジに指をこすりつけると、奥まで入る部分があった。ピクッとおネエちゃんの体が震えた気がしたが、ハアハアと息を荒くするボクはそのまま指を進ませた。

「濡れ濡れじゃん」
人差し指を根本まで入れるとグリグリと掻き回す。太ももの根本のスジがピクピク震えるが、頭に血が上ったボクはかまわずに、グリグリし続けた。

「ここでいいんだよな」
指を引き抜いたボクはもう一方の足も折り曲げてM字に開脚させると、ヒザ立ちで近づいて同じ場所にカウパーで濡れた先端を押しつける。

「いくぞっ」
濡れた柔らかい肉が先端に絡んでくる。ボクは意識を無くして裸をさらすおネエちゃんに倒れ込むように腰を押しつけた。

「は、はいった」
思ったよりすんなりおちんちんはおねえちゃんのナカに入った。

「はあっ、あったけえ」
そのままおネエちゃんに抱きついたボクは、温泉のようなぬかるみにおちんちんを包まれてウットリしていた。

「そうだ、人工呼吸…、あれ?」
おちんちんの気持ち良さでご機嫌のボクは、おネエちゃんにまたチューをしようとして目を閉じた顔をのぞき込んだ。さっきまで無表情だったのに、なんだか険しい表情をしている。

「?…、おい…、起きてるのか?」
ボクはおちんちんを突き刺したまま、問いかけるが返事はない。

「お、き、て、ん、のか」
ボクは閉じたまぶたをあける。真っ直ぐ天井に向いた瞳はじっとして動かない。

「え~、性格ブス…、凶暴姉…、実はペチャパイ」
ボクはグリグリと腰を押しつけながら、思うままに悪口を口走った。

「失礼ねっ、ペチャじゃないわよっ、寝てるからじゃないっ」
最後の一言が聞いたみたいで、カバッと上体を起こしたバカ姉は普段通りに戻った胸の下に手を当てて、ユサユサさせて見せつける。

「なんだよ、やっぱ、起きてるんじゃんっ…、ひっ、あのっ、そのっ、ちがう、違うから」
いつもの強気な調子でまくし立てるおネエちゃんに安心したボクだったが、あそこにハメたおちんちんを思いだして慌てた。

「バカ、もう、遅いわよ…、いいから、して」
おネエちゃんは足をボクの背中に絡めて離さない。おネエちゃんはボクに胸を押しつけるようにして抱きつくと、耳元で甘えたような声でささやく。柔らかいおっぱいを押しつけられたボクは、はじめてみるおネエちゃんの色っぽい態度にムラムラしていた。

ろま中男劇場 2.ネエちゃんとボク (3)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:44:08 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1674-4f965c04
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next