FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 1.真由美 (22)高校生との決着

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 1.真由美 (22)高校生との決着

「じゃあ、許してあげるわ、立って」
ハーブ顔美人のあられもないナマ姿をオカズにして、ほぼ二人同時にザーメンを放出していた。正座姿でガックリうなだれたA男がちょっとかわいそうになった真由美が、優しい声をかける。

「おれも、もう立ってるよ」
まだまだやりたいB男がまだビンビンの自慢そうな息子を見せて、お気楽に笑う。

「もう、アンタは元気ね…、アンタみたいな子は性犯罪しないように、おねえさんが面倒見てあげるから、したくなったら連絡しなさい」
絶倫少年を手放すのがちょっと惜しくなった真由美がはにかんでつぶやく。そそり立つ肉棒を目のハシに見てメスの欲情を刺激された真由美は、レーストップの脚線美をモジモジさせて、あそこのヒタヒタに濡れた柔らかい媚肉をクチュクチュさせていた。

「え、じゃあっ、もう一回」
真由美のまき散らすフェロモンに鼻息を荒くしたB男はムッチリした脚線美にすがりつき、フンフンとパイパンの股間に湿った鼻息を吹きかける。

「もう…、じゃあ、さっさと済ませて」
脳天気なセックスマシーンのすがりつく手であそこのビラビラをイジられた真由美が、ゾクゾクするような興奮にまみれて、後ろ向きにキレイな曲線を描くお尻を突き出すと
「いただきますっ、うっ、きもちいい」
脚線美を這い上がるように這い上がってきたB男が、背中に抱きついて濡れ濡れの秘肉に隠れた泉にビクビクと震える肉茎をブチ込む。

「あ、あんっ、おっ、おっきいわ…、いいっ…」
ほんと、この子、すごいわ…、はあっ、いいっ…、底なしね、…。
潤んだ膣を熱い肉棒で埋められた真由美は悩ましげにもだえながら、汗を飛ばして一心不乱に腰を振るB男を切れ長の目でいとおしそうに眺めていた。

「おねえさん、きもちいいよっ、おっ、おおっ」
美女との2回目のナマ本番に幸福絶頂の絶倫少年は、ハアハアと荒い息を響かせて腰をカクカクと振り続ける。

「…」
美女とマヌケだと思っていた友達が絡み合う姿に劣情を煽られるA男だったが、股間はもうピクリともしない。見た目はイケ面でも平均並みの精力しか持たないA男は、絶倫B男にかすかに劣等感を感じてますますふさぎ込んでいた。

「あ、はあっ、あん、いいっ、もっと、もっとよお」
はあっ、いいっ、きもち、いい…、あ、はあっ、おかしくなるう、…。
ラブハンドルに食い込む指にメスの本性を刺激されて妖しい表情を見せる真由美は、永遠に続くような突き上げに髪を振り乱しながら、火照った女体を悩ましげによがらせる。

「おねえさん、いいっ、でる、でるうっ」
しばらく単調な腰の前後運動を続けたB男は突然声を荒げると、柔らかい尻肉に股間を押しつけて深々と突き刺し、真由美のナカにまた大量のザーメンを放出した。

「あ、あはん…、あ、ああ…」
あ、ああっ、あつい、はあっ、いいっ、いいわ、…。
熱いザーメンで膣を焼かれる感覚に慣れたつもりだった真由美は、やっぱり快感にのけぞって火照った女体を悩ましげによがらせる。

「じゃあ、キレイにして」
しがみついていたB男が離れると、真由美はミニワンピのスソをまくり上げて大きく足を開き、ザーメンがにじみ出てくる秘肉の合わせ目をさらした。

「え、あ、はい」
放出の幸福感に浸っていたB男は、ハーフ顔美人のアラレもない姿に圧倒されたが、おしぼりを手にとって、真由美のあそこを拭きだした。

「はあっ、もっと、やさしくして」
あ、あんっ…、そんなにこすられたら、またしたく、なっちゃう、…。
おしぼりをすりつける不器用な手つきに軽く感じた真由美は、メスの本性を泡立てながらB男に命令した。

「あ、ごめん、やさしく、やさしく…と」
根が単純なB男は言われるままにスジを沿っておしぼりを往復させてにじみ出るザーメンを拭き取っていた。

「じゃあ、あんたたち、立ちなさい、手をどけて」
股間をキレイにされてさっぱりした真由美は、少年たちに命令した。

「え…、はい」
「はいよ、チンコの写真撮るのが趣味なの?」
ダランと下がった息子を取られる屈辱を感じたA男に対して、B男はフニャチンをブラブラさせて笑っていた。

「じゃあ、これ証拠写真だから、今度悪さしたら、警察に突き出すわよ」
恥ずかしいフルチン姿を確かめた真由美は写メに撮してから生徒手帳を返して、性犯罪に手を染めないように釘を刺す。

「うん、その時はお姉さんに連絡するからさ」
B男はあいかわらず脳天気だったが、A男は
「はい、すいませんでした」
真由美どころかB男にも打ち負かされた気がして、どんより落ち込んで応えた。

「じゃあ、冷めちゃったけど、食べようよ、それとも歌う」
対照的な二人に楽しそうに笑った真由美は、フライドポテトを唇に挟んで弄んでいた。

ろま中男劇場 1.真由美 (23)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:38:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1671-629f28e8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next