FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 1.真由美 (12)からみあう二人

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 1.真由美 (12)からみあう二人

「え、あ、はい…」
おい…、ホンモンの、エロ女だな…、そんなにしたいのか…。
イヤラシイ視線で見上げられた学生は、真由美を抱き上げると今度は前から抱いて、改めてその美貌に見入っていた。

「やん、恥ずかしい…、あんまり、みないで…」
あん…、やっぱり、知らない人、なんだ…、わたし、見られてるの?…、やだ、感じてちゃう…、あんっ、…。
わきに両手を入れられて持ちあげられた真由美は、ヒールの足で危なげに体を支えて内マタ気味に立ちながら、学生をチラ見した。生理前で発情した美女は見覚えのない青年に警戒心を感じることもなく、熱い視線にメスの本能を刺激されて女体の奥を熱くする。

「あ、ごめん…、あの…、オッパイ、吸っていい?…」
やべっ…、すげえ、カワイイよ…、言っても、いいよな、…。
恥ずかしそうに目を伏せる真由美に萌えた学生は、言うより早く胸に手を当てていた。年上だとは思っていたが、従順な真由美の態度に学生は遠慮する気持ちが薄れて馴れ馴れしくなっていた。

「え?…、あ、はい…、ちょっと、まって」
オッパイ?…、あ、胸か…、私の、胸、吸いたいんだ…、なんか、うれしい…。
学生に言われるままに真由美はジャケットを脱ぐとミニワンピを頭から抜いて、恥ずかしそうに上目遣いに学生を見ながらブラを取ると、ガーターと黒ストッキングだけのエロエロな裸を見せる。

うっ、スゲエ、エロエロだよっ、うっ、うめえっ、…。
淫乱美人OLの輝くような裸体を目の当たりにした学生は、理性を無くして尖った乳首にしゃぶりつくと、もう一方に手を当てて柔らかい弾力に指を食い込ませて忙しく揉み出す。

「あ、ああっ、はあっ、ああっ…」
はあっ、あんっ…、胸、吸われてる…、はあっ、あんっ、…。
愛撫される胸の先端の熱さにのけぞる美女は、妖しく髪を揺らしてザーメンと愛液でぬかるんだ股間をクチュクチュとすりつけていた。全身の素肌から汗をにじませてメスのフェロモンをまき散らす真由美はハスキーなあえぎ声を漏らして、無意識に学生の劣情を煽っていた。

「もう、ガマンできんっ」
タマラン、もう、いいよなっ…、うっ、いい…。
真由美の淫らに発情した声にふくれあがった息子をビンビンに震わせる学生は、ムッチリしっとりした太ももを抱えると下から突き上げた。柔らかい肉をかき分けてあっさり入り込んだ息子が膣に溜まった豊潤な汁気を溢れさせて、太ももと黒ストッキングにねっとりと淫靡に垂れる。

「あ、あんっ、はあっ、ああっ、もっと、ついてえ」
あっ、きた…、ああっ、はあっ、きもち、いいのっ…、すごい、がんばってる…、うれしい…。
欲情にとろけきった女体は熱い肉棒に迎え入れて随喜の涙を下の口から漏らし続ける。学生の激しい突き上げに女体の芯を熱くして忙しく頭を上下させる真由美は、ガクンガクンと揺れる視線にムキになって腰を振る学生の真剣な顔に汗が浮かんでいるのを見て、いとおしく感じていた。

「おうっ、おらっ、ううっ、どうだっ」
いいっ、きもち、いいっ、はあっ、いいっ…、もっとか…、おらっ、くれてやるっ、…。
太ももを抱えた手をおしりに回して柔らかい弾力を楽しみながら、学生は腰の突きあげを続ける。肉棒が出入りするたびに膣に溜まった汁気がジュブジュブとイヤらしい音を立てる。打てば響く感度のいい女体にのめり込んだ学生は、額から流れる汗にもかまわずに全力で挿入を繰り返す。

「はあっ、いい、いいのっ、ああ、死んじゃうっ」
はあっ、熱い、おナカが、いっぱいよおっ…、はあっ、いくっ、いいのっ…、きもち、よすぎて…、わたし、しんじゃうっ、…。
繰り返し突き上げられる真由美は首の関節が壊れたように、ガクガクと頭を揺らす。かすかに開いた唇の間から垂れた汁気が淫靡なテカリを見せて、妖しい美しさを強調していた。形のいい乳房が揺れるのに合わせて硬くなった先端が忙しく上下する。

「おお、いいぞっ、おおっ、くっ、ううっ…」
はあっ、はあっ、いあっ、くっ、ううっ、はあっ…。
快感にもだえる女体に我を忘れて没頭する学生は、全身から汗を噴出しながら懸命に腰の突きあげを繰り返す。柔らかい女体を揺らしてゆがめるのが使命であるかのように学生は腰を振り続けて、肉棒の挿入を続けて溢れるイヤらしい汁気で二人の股間をヌルヌルにした。

「はあっ、いいのっ、もっと、もっとおっ」
いいっ、死ぬ、はあっ、いくうっ、いいっ、はあっ、あっ、くっ、いくうっ、…。
柔らかい女体を上下に揺らして汗ににじんだ柔肌を波立たせる真由美は、額に乱れ髪を貼り付けてうつろに虚空を見つめ、悩ましげな表情を見せる。女体の芯で淫靡な快感がパチパチと小刻みに破裂して、しびれるような甘美な悦びを全身で感じていた。

ろま中男劇場 1.真由美 (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:43:16 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1661-25f633f2
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next