FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 1.真由美 (10)学生とのランデブー

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 1.真由美 (10)学生とのランデブー

真由美は2時前には会社を出ると、すいた電車に座っていた。

ああ、だめ、はあっ、…。
いつもの満員電車からは想像できないほとんど乗客のいない電車に気の緩んだ真由美は、座るとすぐに居眠りをはじめて夢を見ていた。入れたままのバイブが真由美の夢にも登場して、ナカの敏感な部分を刺激する。

ああっ、はあっ、はい…、はあっ、恥ずかしい、…。
男の手に握られたバイブでナカをかき回される真由美は、男の命じられるまま足を開く。座席のハシに座って横に持たれる真由美は、ミニワンピのスソからガーターにつられた黒ストッキングの上のナマ肌さらして、さらに足をはしたなく広げていた。

そんな真由美を正面から見つめる血走った目があった。艶めかしい色香を漂わせるスリーピングビューティーに誘われるように正面の座席に座った大学生は、上体を伏せてムッチリした太ももの奥をノゾキ込んでいたが、次第に太ももが開かれてあそこを隠す白い布地が現れると、目が釘付けになっていた。

「…、あ、あの、落ちましたよ」
ガクンと電車が揺れて真由美の手からカバンが落ちた。広げた足の間に落ちたカバンをしばらく茫然と見つめていた大学生は、ゴクンとツバを飲み込むと真由美の前にしゃがみ込んで、カバンを拾うフリをしながら、太ももの間に顔を入れてパンティが食い込む股間を見つめていた。

「おっ…」
濡れ濡れ?…、誘われてるのか、オレ?…。
窓から一瞬明るい日差しが股間に入り込んで、濡れたパンティを輝かせた。はしたなく足を広げる真由美が自分を誘って見せつけていると思い込んだ大学生は、真由美の横に座るとドキドキしながら太ももに手を置いた。

はあっ…、いい…、気持ち、いい、…。
真由美が発散するフェロモンをめいっぱい吸いこんだ学生は、真由美の足をまさぐりはじめた。劣情に理性を駆逐されて痴漢行為の罪悪感に襲われることもなく、学生は吸い付くような太もものナマ肌の感触を楽しんでいたが、その奥を探検したくなった。

大丈夫だ…、この人から、誘ってきたんだ、…、あれ、コレ、なんだ?…。
車内を見渡して自分に注目してないことを確認すると、股間に手を侵入させる。思った通り濡れたパンティのヌメリ気に歓喜した学生だったが、硬いバイブの感触を不審におもった。

はあっ、あんっ、はあっ、…。
夢の中の真由美は太もものソフトタッチに、はぐらかされたようなジリジリした焦燥感を感じて、イヤらしい命令をされるのを待っていた。

あ、あんっ、はあ…、わかりました、…。
バイブを触られてかすかにのけぞった真由美は、夢の中で男からしゃぶれと命令されて従順に従った。真由美は学生にしなだれかかると、股間にしがみついてファスナーをおろす。

「え?…、あ…、はあ…、あ、ああっ」
突然よりかかってきた柔らかい肉のかたまりに、いやが上にも劣情を昂ぶらせた学生は柔らかいお尻の曲線をみつめると手を当てる。Iバックでムキ出しになったお尻のナマ肌に直接触れた学生は、ファスナーをおろされてダランとした息子を直接口で吸われて驚いたが、膨らみきったイヤらしい妄想に我が身を委ねることににした。

はあっ、あんっ、ああっ、…。
しぼんだソレを根本まで口に含んだ真由美は懸命に舌の愛撫を捧げて、あのときのようなたくましい姿にしようと努力していた。美女に舌技についさっきまでおとなしかった息子は俄然張り切りだし、その様子が真由美を喜ばせた。

「うっ、いいっ…」
電車内であることを忘れて美女の舌技を堪能する学生は、柔らかい尻肉を手の平でゆがめて淫らに妄想に浸っていた。Iバックパンティに気付いた学生がソレをはがそうとすると、引っ張られたバイブに色香を漂わせる女体がビクンと震える。

はうっ、はあっ、ああっ、…。
思わぬご褒美に女体を震わせて歓喜した真由美は、すでに張り切り状態のソレをめいっぱい口に含んで、クチュクチュと舌を絡ませてご奉仕を続ける。

ああっ、もう、でそうだ…、どうする?…、どうする、オレ?…。
裏スジやカリ裏を丁寧に舌で愛撫される学生は、熱いこわばりが尿道をこみあがってくるのを感じて、絶頂の悦びをとるか公衆の面前で射精するこっぱずかしを避けるか迷っていた。

ろま中男劇場 1.真由美 (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1659-971b0a7c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next