FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (98)乱子のおねだり

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (98)乱子のおねだり

もう、一滴も出ねえぞ…、反撃だ、…。
ハルカに最後の一滴まで搾り取られたオレ様は、乱子のイヤらしい舌使いにピンコ立ちしたが、タンクはエンプティ状態で、先に乱子をイカせるしかないと攻勢に出る。

「あ、はあっ、コナンくうん…」
締まった下腹に沿って舌を這わせてわずかな茂みを通り越し、スジの緒端にたどり着く。スジに舌を食い込ませると下の方から乱子の鼻にかかった甘えた声がする。
「あ、ああっ、いいっ」
Vゾーンに鼻をつっこむと、乱子はオレに舐めろと言わんばかりに自分から足を広げて、はしたない姿をさらす。オレ様はムッチリしっとりの太ももを両手で抱えて、スジをたどっていく。

「あひっ、はあっ…、コナンくうん…、きもち、いいよお…」
スジから顔を出した白い突起を舌先でクッチュクチュとイジってやると、ゾワワとふるえて背筋を反らせた乱子は切ない吐息を漏らす。

おらっ、イッちまえ、…。
女体の中心部を攻撃された乱子は、女子校生らしくないセクシーなあえぎ声を漏らしてお口の奉仕がお留守になる。攻守交代したオレ様は一気に欲情した女体を陥落させようと攻め立てる。

「はっ、ああっ、コナンくうん…、いっ、いいのっ…、ああっ、気持ち、いい…」
お尻の方から回した手でスジをつくる柔らかい肉を広げると、濡れた亀裂が丸見えになる。ジットリと泉が湧き上がる亀裂に舌を差し込むと、ジュブジュブと激しく出し入れする。恥ずかしい部分を舌で愛撫される乱子は、恥じらいなくイヤラシ声を上げる。

ほらっ、イケッ、イッちまえっ、…。
汁気でビショビショになった指先を亀裂に差し込んで、グチュグチュとかき回しながら、飛び出た大きめの突起を口に含んで甘噛みしながら舌を絡める。

「ひっ、いっ、いくうっ、いっちゃうっ、いいっ、いくうっ、うっ、ううっ…」
二所責めに溜まらずに断末魔の叫び声を上げた乱子は、四肢に力を入れて汗で妖しいテカリを放つ女体をビクビク震わせ、甘美な頂点を味わっていた。力を入れた太ももに頭を挟まれたオレ様は、緊箍児(きんこじ)に締めつけられた孫悟空のような目にあったが、懸命にこらえてポッチと泉を攻め続けた。

「あっ、ああん…、は、はあ…」
絶頂の悦びに浸っていた乱子はしばらく汗のにじんだ女体を荒い息で揺らしていたが、いつものように意識を無くして寝てしまった。

面倒、掛けやがって、…。
力の抜けた乱子のカラダからゆっくり離れたオレ様は、布団を掛け直すとデカパイに顔を埋めて乱子に抱きついた。柔らかい肉布団に包まれる幸せに浸っているうちに、オレ様も寝てしまった。

エロがきコナン (99) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:03:30 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1628-0e65b75a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next