FC2ブログ

== 真央 ==

真央 (12)再びの…

ろま中男3 作品リスト
真央 目次

真央 (12)再びの…

恨めしそうににらみつける真央を静かに見ていた男は、立ち上がるとベルトを外して下半身はだかになった。

「やだっ」
男の股間でまた息子が力強く勃起しているのを見て真央は恐怖した。
「また、するの…、やめて」
真央は恐れの表情を浮かべて逃げようとするが、男は背後から真央を押し倒して真央をベッドのハシで四つんばいにすると、いきなり突き立てる。
「や、やあ…、ああっ、ああっ…」
まだ男のザーメンが残ったあそこはそれを潤滑油にして易々と熱い肉棒を受け入れた。目の前のスクリーンにはみだらな表情で悦楽に漂う真央がいた。

吐息の音もほとんどさせない男は黙って腰を前後させる。最初はゆっくりだったが段々と速度を上げて、パンパンと乾いた音が薄暗い部屋に響く。
「…やあ、だめえ、いやあ」
真央は口では抵抗していたが、体の奥が熱いなにかが沸き立つのを感じていた。バックスタイルで挿入の角度が変わったせいで、粘膜の別の場所をこすられる気持ち良さが真央を魅了する。

ちゅっ、じゅぶっ、びちゅっ、じゅっ…。
真央のおしりを両手でつかんだ男が腰を前後させるたびに、あそこから肉棒でこねられたザーメンがあふれて細かいアワになり、熱い肉棒にまとわりついて白く染めていた。

「あ、あんっ…、だ、あっ、ああっ、だめ、え…、い、いいっ、いや…、あ、ああ…」
ベッドに顔を伏せてお尻を突きあげた真央は、湿った吐息とともに漏らすあえぎ声に甘えたような色っぽい響きを混じらせていた。真央は自分では意識しないままカワイイ顔に淫乱な笑顔を浮かべて、下半身を責め立てる刺激に酔っていた。壁のスクリーンの中と同じような顔になっていた。

急に男の動きが止まった。
「あっ、え…、いやんっ」
上半身をベッドに伏せた真央は、刺激を中断されて不満そうな声を漏らす。
「…真央ちゃん、聞いてくれるかな」
男は腰を振り刺激を求めようとする真央のおしりを押さえていた。
「いやあ…、やだあ、」
お尻に食い込む指にも官能にもだえた真央だが、ナカの甘美な刺激がとぎれたことに抗議して、今にも泣き出しそうな声でむずがっていた。

「…真央ちゃんが、言うこと聞いてくれたら、続きをして上げるから…」
真央のカラダを支配した男が、背後から静かに宣言する。
「え…、あん、やあ…、やだあ」
駄々をこねるように真央は頭を振っていた。起き上がったカラダにぶら下がる乳房がプルプル揺れる。

ぴしっ、…。
男は真央のお尻をたたいた。
「きゃんっ…、やあ、…痛くしないでえ」
真央は子供のような口調で抗議する。

ビタンッ、…。
今度は手形が付くほど強くお尻をたたいた。あそこの回りに絡んだ液体がしぶきになってはねた。
「ひっ、ひいっ、痛いっ」
おしりの痛みに真央は半ベソをかいていた。

真央 (13)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:39:13 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1546-b40854ed
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next