FC2ブログ

== 真央 ==

真央 (8)屈服

ろま中男3 作品リスト
真央 目次

真央 (8)屈服

「お願い、と言いなさい」
男はほとんど淫乱なメスに成り下がった真央の顔を天井に向けさせると、のぞきこんで語気を荒げた。
「ひっ…、あっ、お、お願、いっ」
強気に出た男に恐怖するより、真央は貪欲に快感を求める淫乱な欲望に支配されていた。言ってしまうとなんだか楽になって、官能の随喜に溺れる自分に対する後ろめたさを感じなくなった。

「ちゃんと、言いなさい」
さらに男はジラした。真央は体中に充満して爆発しそうな欲望に素直に従って
「ま、真央に、あっ…、オマンコ、は、ああっ…、してえ…、あっ、お願い、あんっ、ですう」
真央は端正な顔に狂気を帯びた淫乱な色気をにじませて、だらしなく開けた口のハシからヨダレを垂らしながら、はしたないお願いをした。

「よく言えましたっ」
消え入りそうな懇願の言葉を最後まで聞き取ると、男は激しく腰を動かしはじめた。トロトロのあそこは乱暴にバナナジュースをかき混ぜて泡立てたような、湿った淫らな音を響かせていた。
「いっ、あっ、ああっ、いいっ」
再び熱い官能の渦にたたき込まれた真央の顔には淫乱な笑みが浮かんで、あそこからとめどなく滴があふれるように、口からもだらしなくヨダレが垂れていた。

「うっ、うう…、はあ、ああ」
激しい腰の動きに男の息も荒くなっていく。息苦しさで時折リズムを崩したようにする腰の動きが、よけいに真央を甘美な頂上へと突き上げていった。
「うわっ…、ああ、あっ…、いっ…、ああ、いい…」
真央は激しく頭を振って短めの髪を振り乱し、汗にまみれた女体を淫靡にくねらせて高い興奮状態にあることを示していた。激しく出入りする肉棒にあわせて自分からも腰を振る姿は、白蛇が男に絡みついてベッドの上でのたうっているようにも見えた。

「あうっ…、くっ、ううっ…、いくぞ、出す、出る…」
ピクピクと痙攣したような太ももを広げる柔らかい下半身に食い込んだ男は、ビクッと尻エクボを固くすると、荒い息にまみれてフィニッシュを告げた。
「ああ、あっ、だめえ、やあ」
興奮に狂いながら、わずかに残った意識がナカ出しに抵抗しようとしたが、メスの欲望に支配された女体は貪欲に刺激を求めていた。

「ぐおっ、お…、おおっ、お、おっ、おおお」
男は大きく腰をたたきつけてとろけそうな女体全体を震わせると、小刻みに腰を前後させてナカで果てた。
ドクドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドッ、ドクッドクッ…。
「あっ、ひっ、いやっ…、ああっ、い、いく、ううっ…」
真央は遠くなりそうな意識でナカの粘膜と子宮口に、べったりと熱い粘液が塗りつけられるのを感じながら、絶頂へとのぼり詰めていた。
「あ、はあっ、ああっ、はあっ…」
真央は汗にまみれた淫靡な笑みを浮かべたまま満足そうに目を閉じて、快感に翻弄された嵐の後の余韻に漂っていた。

「…はあ、…、はあ、…」
男は荒い吐息で酸素補給しながら、力尽きたように真央の柔らかい女体に倒れ込む。汗がにじんだ背中が大きく上下していた。
「うっ…、あっ、ああっ…」
真央は男の体重で体が圧迫される刺激にも軽くイッていた。男の顔を避けるように反対側に顔を向けると、閉じられた目から涙があふれてきた。

真央 (9)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:39:33 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1542-f0a65f82
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next