FC2ブログ

== 真央 ==

真央 (6)快感に溺れる

ろま中男3 作品リスト
真央 目次

真央 (6)快感に溺れる

「…、はっ、はっ」
男が体を離して真央を見下ろすと腰の動きがスピードアップした。これまで静かだった男の息が荒々しく聞こえてくる。男も真央の快感に火照った柔らかい肉体にのめり込んで、下半身を突き上げる官能に溺れようとしていた。

「…やあ、ああ、やめて、だめえ」
肉棒の出し入れが早くなって、あそこが焼けるような錯覚を感じたが、それは真央のメスの本能が官能の溺れている証拠だった。秘所に与えられる刺激にカラダは敏感に反応していた。

「…気持ち、はっ、よさそう、はっ、ですね」
とろけるような女体に溺れた男がささやいた。
「うそ、よお…、真央、ああっ、感じて、あうっ、なんか、はうっ、いない…」
官能にまみれた真央の精一杯の強がりだった。激しく出入りする男性器にこすられたナカからわき出る官能の悦びに、真央のカラダは艶めかしくよがっていた。淫乱な欲望に支配されたその顔に気丈で活発な女性の面影はなく、ただ与えられる快楽を貪欲にむさぼる本能をむき出しにしたメスの顔に変わっていた。

「…、そうですか」
冷たい声を漏らした男は真央の勃起した乳首をつまむ。
「ひいっ…、い、いたっ、い…、やめ、あうっ…、あ、あん」
勃起した敏感な乳首を強くねじられた真央は、汗でシーツが張り付いた背中を反らしてあえいだ。苦悶の表情を浮かべる真央だったが、乳首のキツイ痛みでさえ欲情するメスの本能を高ぶらせていた。

「…、はあ…、どうです」
男は汗をにじませて柔らかくうねる女体を味わって楽しんでいた。激しく腰を前後させる肉体は酸素を求めて息を荒くするが、パンパンと乾いた音をたてる腰はさらに動きを早めた。
「いやあ、だめえ、いいっ、いやあ…」
激しく出入りする肉棒であそこの粘膜がぐちゃぐちゃにされたように錯覚して、真央は発散される淫靡な熱にめまいがしてきた。あそこの周りの花びらは充血して熱く膨張していた。

「…、はあ、ああ」
男は狂ったように息子の出し入れを続けて真央の女体を翻弄するのに熱中した。ネットリした滴をまとったそれが出入りするたびに、あふれた愛液が真央と男の股間を濡らしてネチョネチョにしていた。

「ああ、だめっ、いっ、いいっ、ああん…」
縛められた両手を激しく振りながら、体の奥からわき上がる快感に支配されそうな気持ちをわずかに残った理性が打ち消そうとするが、下半身は刺激を求めて艶めかしくもだえ、しっとりした太ももが男に絡みつく。

男は腰を激しく真央の腰にぶつけていた。あそこと周辺の肉が振動する刺激は即快感になって真央の全身を妖艶に揺さぶった。

「…ああっ、あっ、いっ、ああ、あー」
激しく出入りする肉棒で真央は快感の高みに連れていかれた。女体の奥からわき上がる熱い快感に、狂ってしまうほど淫乱な欲望を沸騰させていた。

真央 (7)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:37:35 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1540-040b1e28
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next