FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (80)一丁上がりで次

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (80)一丁上がりで次

「あ…、あんっ、気持ちいい…」
オレ様は腰に両手を回すと柔らかいお尻の肉に指を食い込ませて引き寄せる。逆らわずに腰を落とした乱子はネットリ濡れ濡れの花びらをイジられると、鼻にかかったイヤらしい声を漏らして高校生らしくないセクシーバディを悩ましげによがらせる。

「はあっ、ちゅっ、あんっ、ああんっ、ペロ…、ちゅぷ…、あ、はあっ」
小学生の指先の愛撫にもだえるマゾ奴隷女子校生は官能的な吐息を漏らしながら、ご主人様の命令を忠実に果たそうと、あえぎ声に震えるプックリした唇で先端に触れると、カワイイ舌を差しだして鈴口をチロチロ舐めだした。

「乱子、ネエちゃん…、気持ちいい?…、もっと、よくして、上げるよ」
コイツ、うっ…、フェラ、うはっ…、うまいな…、イクまえに、ううっ…、イカせないと…、おら、あうっ、もっと、はあっ、もだえろっ、…。
若い女体が発散する淫靡なフェロモンを吸いこんでオレ様は、ケモノじみた淫らな欲望の世界にたたき込まれていた。限界までふくれたナニの先端を愛撫する唇と舌の柔らかいネットリした温かさで、すぐにも発射しそうな危険を感じたオレ様は、短期決戦で乱子を完全降伏させてやろうと、口と舌と10本の指でいやらしい汁で潤った敏感な部分すべてに攻撃を開始した。

「あっ、ああっ、いっ、あっ、ああっ、そこっ、あっ、ああっ…」
感じる秘所を攻められた乱子はよがりまくった。ボンキュボンとナイスバディの凹凸した肉を妖しく揺らしたエロ女子校生は、ヒタヒタに濡れた敏感な突起や花びらをイジる指先の動きに合わせてイヤらしい汁気を垂らし、甲高い声を出したかと思うと鼻にかかったこもった吐息混じりの声を漏らして、新鮮な女体に充満した官能の悦びに溺れていた。

「乱子ネエちゃん、お口がお留守になってるよ…、ボクみたいにちゃんと、してくれなきゃ」
エロエロだよ…、ホントに気持ちよさそうだな、このエロ女子校生は…、このままイッちまえっ、…。
口では強がってお口の奉仕を強制するオレだが、本心ではうますぎる口技が中断して安心していた。乱子の超絶フェラテクですぐにイキそうになるからだ。

「あ、ああっ、ゴメン、あんっ、なさい…、ちゅっ、ああっ、ちゅるっ、はっ、ああっ、だめえ、あんっ、はあっ」
小学生らしくない巧みなフィンガーテクに乱子はメロメロだった。ご主人様の要望に応えようとビンビンの大人の一部分に唇を近づけるが、イヤらしいあえぎ声が溢れてきてそれどころではなかった。メスになりきってよがり狂う乱子を見上げながら、オレ様は白い突起を舌と唇で愛撫しながら、ヌルヌルにぬかるんだ亀裂に忙しく指先をバイブさせて、快感の絶頂に追いやっていた。

「ああっ、もうっ、いあっ、いっ、いっちゃ、あひっ、あっ、ううっ、いっ、いくっ」
もだえ狂うエロ女子校生は自分のあそこをビショビショにするだけでは飽きたらず、オレ様の顔にまで溢れた汁気を垂らしてくる。頬にかかるケモノの匂いのする汁にカラダの奥からなにか熱いモノがこみ上げてくるのをガマンしながら、オレ様は指先の動きを激しくする。

「あっ、ああっ…、はっ、ああっ…」
とうとう絶頂に達した乱子はフェロモンが匂い立つ柔らかい女体を緊張させて、吐息混じりにかすかなあえぎ声を漏らしてしばらくビクビクと震えていたが、全身から力が抜けるとグッタリしてオレ様に覆い被さってきた。

「乱子ネエちゃん…、乱子…、イッたか…」
かすかな吐息でわずかに背中を上下させるだけで、呼びかけに反応しない柔らかい肉体をどけると、オレ様はベッドから出て服を着る。
「イイ子にして、寝てろよ」
かすかにフェロモンを発散してしどけない姿で横たわるセクシーな裸体を見おろしたオレ様は、甘い吐息を漏らす唇を見ながら頬にチューしてやり、掛け布団を掛けてやる。出掛ける支度をしたオレ様は抜き足差し足でこっそりと乱子の部屋を抜け出した。

マンションを出たオレは自転車で走った。外はもう真っ暗でコワイ気持ちもするが、それよりもスケベ心が勝っていた。すぐに目的地について、階段を駆け上がったオレはドアの呼び鈴を押した。

「…、どなたですか?」
ちょっと間があって、とぼけた声がした。
「オレ、入れて」
わざと名前を言わずに応えたオレに、またちょっと間があってからカチャカチャとチェーンキーを外す音がして、ドアが開いた。

「…、コナン君…、入って」
開いたドアからタヌキ顔の垂れた目がオレを見おろす。また妙な間があった後、困ったようなうれしいような複雑な笑みを浮かべたハルカは、ドアを押してオレを招き入れる。
「はいって、じゃなくて、いれて、だろ」
オレはジャージ姿のムッチリした腰回りを見ながら、オヤジギャグのような減らず口をたたいて、女教師の部屋に入っていった。

エロがきコナン (81) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:28:03 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1533-fd6e803d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next