FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (78)ボクの反撃

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (78)ボクの反撃

「コナン君、気持ちいい?」
後ろからオレをダッコした乱子は泡だらけでヌルヌルしたデカパイを背中に押しつけて、ボディシャンプーを塗りたくった両手でオレ様のカラダをまさぐっている。頭の上で乱子の笑い混じりの浮ついた声がする。

「うんっ、気持ちいいよ…、ひあっ、あうっ…、乱子ネエちゃん、ボクのおちんちん…、大好きなんだね」
おおっ、いいぞっ、きもちいいっ…、ひういっ、あきゅうっ…、おい…、またかよ…、このエロボケ…、ほんとに、おまえ、すきだな…、はずかしくないのかっ、…。
小学生の子供っぽいカラダをまさぐるしなやかな手つきの気持ち良さを楽しんでいると、スケベな女子校生はおとなしくなったあの一部分をまさぐりはじめる。小学生の股間に執着するエロ女子校生にオレはジットリした目で振り返ると、イヤミっぽい口調でささやいてやった。

「えっ、違うよ、やだなっ、オシッコしたあとだから、キレイにしようとしただけよ…、コナン君、キレイにしたくないの?」
オレの冷たい視線にマゾ気を刺激された乱子だったが、照れ隠しに逆ギレしてマゾ奴隷らしくない物言いで、オレ様を非難しやがった。

「じゃあ、乱子ネエちゃんも、キレイにしないとね…、えいっ」
口答えしやがったな、奴隷の分際で、許せん…、思い知らせてやる…、おらっ、マタ開けっ、…。
素直じゃない態度にムカついたオレ様だが、それを顔に出すほど子供じゃない。オレ様はニッコリ笑うと発情した裸体を風呂場の床に押し倒すと、ムッチリした太ももを押さえてあそこを丸出しにしてやった。

「やあんっ、あんっ、いいのっ、コナンくうんっ…、自分で、するからあっ…、あっ、あっ、ああっ」
オレ様にのしかかられてあっさり立場が逆転し、足をはしたなく広げられた乱子はヌルヌルになったあそこのスジをムキ出しにしている。ネットリしたおツユに濡れた花びらを指先で爪弾いてプルプルしてやると、色ボケ女子校生は切なげな表情でのけぞって甘ったれた声を漏らす。

「気持ちいいの?…、もっと、してあげるよ」
おらっ、いいんだろ、このエロボケッ、エッチな声、出しやがって…、もっと良くして、やるぞっ、…。
一番感じる白い突起に親指を当ててバイブしながら、ネットリした蜜を垂らす亀裂に指を入れてグチュグチュとかき回してやる。一番感じる部分の二所責めに、エロ女子校生は上気したピンクの顔に白目を剥いて金魚のように口をパクパクさせている。

「あ、あっ、ああっ、もうっ、あっ、だあっ、ああっ、いっ、いっちゃう、あっ、ああっ…」
酸欠状態のエロ乱子は二カ所の快感地獄に苦しそうにあえぎながら、懸命に開けた口からうわずったあえぎ声上げていたが、とうとうガマンしきれずに快感の絶頂に達していた。

「乱子ネエちゃん、気持ちよかった」
イキやがったな、このエロ女子校生め…、気持ちよすぎて、声も出ねえか…、コレに懲りたら、もう、逆らうんじゃねえぞ…。
ピクピクと震える火照った女体に抱きついたオレ様は、中空を眺めるうつろな瞳をノゾキ込んで、カワイイ小学生の笑顔を見せつけてやった。だらしなく開いた唇のハシから垂れたヨダレを見たオレ様は、優しく舐めてやる。

「ああっ、はあんっ、もうっ、コナン君のイジワル…、もう、コナン君なんてっ…、大好きっ」
どうにか息をついてやっとしゃべるようになった乱子は、唇のハシを舐めるオレ様を優しく引きはがすとすねたような目でしばらく見つめていたが、オレ様をギュッと抱きしめて甘えた声を耳元にささやいてくる。エロ女子校生の色気に当てられてピンコ立ちした大人の一部分が、柔らかい下腹に押しつけられていた。

エロがきコナン (79) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:25:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1531-ada3793e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next