FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (75)お風呂の前はおトイレに

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (75)お風呂の前はおトイレに

「うわあっ、乱子ネエちゃん、大変だよっ、パンティに、ネバネバしたオシッコが、ついてるっ」
おいおいっ、ドスケベ女子校生め…、濡れ濡れだなっ、オマタが洪水状態ですってかっ…、糸、引いちゃってるよ、…。
脱衣所で乱子のTバックパンティをもったいぶってゆっくり脱がせたオレは、スジの浮いたあそこからはがれる少ない布地が納豆のように糸を引くのを見て、わざとらしく大声で騒いでやった。

「あ、ち、ちがう…、やだっ、もう、コナン君の、イジワルッ」
オレのわざとらしい声にとたんに足を閉じてムッチリした太ももをピッタリ合わせた乱子は、イヤイヤするようにカラダをゆすってマイクロミニのスソを揺らしていた。ちょうど目線の位置にあったデカパイがユサユサ揺れるのが二の腕の向こうに見える。

「こんな変なオシッコは、早く出した方がいいよっ、オシッコ、しに行こう、ね、乱子ネエちゃん」
オレ様の羞恥責めの餌食になってマゾ気を熱くする乱子の手を取ったオレは、強引に乱子をトイレに連れて行った。片手をオレに取られた乱子は、もう一方の手でマイクロミニのヒダスカートを押さえてノーパンの股間を隠していた。

「ほら、早く、オシッコした方がいいよ」
おらっ、抵抗すんなっ、早く、マタ、開け、オシッコしろっ、…。
恥じらう乱子を洋式便座に座らせたオレは、ピッタリと合わせた太ももをこじ開けて、ヌルヌルになったメコスジとピンクの花びらを丸出しにしてやる。

「やあんっ、恥ずかしいっ、コナン君、やめてえ、お願いっ、ゆるしてえ」
ツユに濡れた秘密の花園を丸出しにしたマゾ奴隷女子校生は、恥じらって両手で顔を隠していたが、小学生の押さえる太ももをムリに合わせようとはせずに、柔らかい肉をヒクヒクさせて妖しい痴態をモロ見せしていた。

「ここだよね、乱子ネエちゃん、早くっ」
もっと、気持ちよくさせてやるよ…、エロエロ女子校生、…。
オレはオシッコのアナと間違えたフリをして、いやらしい汁を垂らす亀裂に指を差し込んで、クチュクチュとかき回してやる。

「あっ、だめえっ、あっ、あっ、あっ…、やっ、だ、あっ、ひっ、ひあっ、あっ、で、あっ、でちゃうっ、やっ、でるうっ」
ネットリ濡れた花びらと亀裂を広げる指先の動きに、ビクビクとかすかに汗のにじんだ新鮮な女体を震わせるエロ女子校生は、甘えた悲鳴を上げてメスの快楽に溺れていた。淫靡な悦びにもだえてピンク色に染めた全身をよがり狂わせた乱子は、大げさにのけぞるとビジュッと大きな音を立てて潮を吹いた。

「うわっ、いいよっ、いっぱい出てるよっ、もっと出して、ほらっ、もっと」
昨日に続いて強制排尿させたオレは、便器にはじけた激しいしぶきを顔に受けながら、恥じらいながら被虐的な悦びにもだえるエロ女子高生の淫らな姿に興奮して、バカみたいにはしゃいではやし立てていた。

「やだあっ…、もう…、コナン君、許してえ…」
いつまでも白い便器に熱い奔流を放出してしぶきが砕ける音を響かせる乱子は、恥ずかしさがガマンの限度を超えていた。感極まって泣き声になった乱子は、両手を伸ばすとオレを抱きよせて濡れた顔をすりつけていた。

「乱子ネエちゃん、泣いてるの?…、ゴメン、泣かないで…」
ちょっと、やりすぎたか…、しょうがねえ、機嫌とってやるか、…。
乱子の柔らかい女体にダッコされたオレは両手でギュッと抱きしめてやると、ピンコ立ちした大人の一部分を濡れ濡れのスジにすりつけながら、キスしようとして泣き声を漏らしてゆがんだ唇に迫った。

エロがきコナン (76) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:40:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1528-1c682eea
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next