FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (60)今晩のごちそう

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (60)今晩のごちそう

「コナン君、何が好き、ハンバーグ?…、カレーライスかな?」
美少女二人と美人教師に囲まれて楽園気分のオレ様に、ハルカが子供扱いしたセリフを投げかけてくる。

「ボク、なんでも食べるよ、乱子ネエちゃんのごはん、何でもおいしいし、ね」
ガキ扱いするハルカにオレはニッコリ笑って言い返してやった。単純な乱子はうれしそうにオレを見おろすと、オレの手を握った手をブンブン振り回して浮かれていた。
「そうか…、せんせい、お料理、得意じゃないから、毛利さんのようにうまくできないけど…、いいかな?」
ちょっと困ったように笑うハルカは、オレのイヤミが効いてないのかまたのほほんとした笑顔に戻っていた。

「うん、せんせいのごはんも、きっと、おいしいと思うな」
ホントの目的は、ハルカを、食っちまうコト、だからな…。
晩飯なんかどうでも良くて美人教師のカラダ目当てのオレは、そんな邪悪な思惑などおくびにも出さずに、カワイイ小学生の顔で笑っていた。
「そっか、じゃあ、先生の得意料理でいい?」
お気楽な笑いを浮かべるハルカは、どことなく自慢気だった。

「先生の、得意料理、楽しみだわ」
上機嫌の乱子がお世辞まがいのセリフを口にすると
「そうですね、私も食べたい」
辛辣な春菜にしては追従(ついしょう)に加わってくる。悪舌な春菜もハルカののほほんとしたペースには弱いようだ。

「いいわよ、でも、覚悟してね」
ニッコリ笑ったハルカが、意味深な視線を二人に向けていた。
「いやあんっ、せんせいったら」
ふざけるハルカに、春菜がまたじゃれついていた。

「コナン君、材料、何がいいかな?」
スーパーに入って食材を買い物かごに次々に放り込むハルカが聞いてくる。どうやら鍋をするようだ。
「じゃあねえ、ナスとキュウリと、にんじんと大根かな」
オレはスケベな妄想を浮かべてふざけて応えるが、もちろん小学生のカワイイ顔を装おうのは忘れてない。
「コナン君、たら…」
なぜか乱子が恥ずかしそうに赤めた顔を伏せる。心持ち背中を向けてお尻をオレにすりつけてくる。

「先輩、何照れてるの?」
乱子の態度がおかしくてしょうがないが、なんとか笑いをこらえた春菜がツッコミを入れる。
「大根くらいなら、いいかな」
乱子と春菜を無視したように、ハルカがオレに笑顔を向けてくる。

「でも、浅漬けにしたら、みんな、おいしいよ」
コイツ、大根だったらOKってか、…。
オレは美人教師が大根に貫かれてもだえる姿を妄想してピンコ立ちしそうになったが、素知らぬ顔をして応えた。
「そうね…、コナン君、お漬け物、好きなのね」
感心したようにウンウンとうなずいたハルカがオレの前にしゃがみ込んで、視線の高さを合わせて笑っている。ハルカはオレが子供らしくない和食好きと勘違いしているようだ。

「うん、乱子ネエちゃんの、お漬け物、おいしいモンね」
一番好きなのは、おまえのスケベなカラダだけどな、…。
しゃがんでムッチリさせた太ももの奥に三角形にパンチラするのを盗み見たオレは、ハルカの女体自家製の漬け物を妄想して下半身を熱くしたが、カワイイ小学生の仮面はあくまでもはり付けたままで、お気楽教師にニッコリ笑ってやった。

エロがきコナン (61) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:21:47 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1503-7cb30e8e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next