FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (55)みんなで帰ろう

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (55)みんなで帰ろう

「じゃあ、帰ろうか、せんせい、おうちどこ?」
とりあえずスペアもキープして大山が部室に忍び込む心配はなくなったので、オレは綾瀬ハルカを帰り道デートに誘った。

「?…、コナン君、一緒に帰るの?…、私は○○だけど」
一緒に帰るつもりなど無かったハルカは不思議そうに寄り目になったが、正直に最寄り駅を応える。
「なんだ、ボクと一緒だね」
「わたしも、○○よ」
オレがうれしそうに応えると、小島春菜もオレと一緒にいたいのか黄色いくちばしを突っ込んでくる。

「じゃあ、みんなで一緒に帰りましょ」
早く帰ってオレと二人きりになりたいのか、乱子が急かす。なんだかわからないままのハルカが帰り支度をすると、カバンを取りに部室に行った乱子と春菜が戻ってくる。4人揃って学校を出て、駅までの下り道で6本のナマ足を眺めるオレは、スカートめくりしたい欲求をなんとか抑えて駅にたどり着いた。

すぐに電車は来た。これからがお楽しみタイムだ。といっても腕は2本しかない。乱子ももちろん捨てがたいがいつでも触れると思うと、やはりターゲットはハルカと春菜だ。いい感じに混み合った車内に潜り込んだオレは、乱子の胸に顔を埋めるとさっそくハルカと春菜のスカートに手を入れた。

あん、やだ、痴漢?…、コナン君?…。
ハルカは電車に乗るなりスカートに手を入れてきた痴漢に緊張したが、生徒指導室でオレに触られた時と同じ感触に、困ったような視線を向けるのを、オレは乱子の胸のスキマから盗み見る。

エッチな子ね、…。
ミニスカに手を入れて見た目よりふっくらしたお尻の感触を楽しませてもらっている、春菜に目を向けると、もう承知なのか、半ば閉じた目の長いまつげの下からジットリした視線をオレに向けている。

「コナン君、苦しくない?」
「大丈夫だよ」
春菜、おまえが、先だ、…。
混んだ車内で押しつぶされないように気を遣う乱子の声ににこやかに応えたオレは、余裕をかます春菜を先に血祭りに上げようと、ハルカのお尻の奥に指を進めながら、春菜の柔らかいお尻の中心部を攻める。

やん、そこ、だめ、…。
パンティの上から恥ずかしい排泄器官をイジられた春菜は、ヒザでオレを小突いてくる。
だから、やってんだろ…。
春菜のささいな抵抗にますますスケベ心を燃やしたオレは、パンティをめくって直接菊門を攻め立てた。

ハルカ、おまえもかわいがってやる、…。
あんっ、コナン君?…、だめえ、やめてえ、…。
もちろんハルカも忘れずにパンティの上からあの部分をイジってやる。電車内の痴漢行為に怯えるハルカは太ももをスリスリさせて、かすかに抵抗の姿勢を見せる。

いやあっ…、そこ、だめえ、いや、許してえ…。
菊門の中心部をグリグリされた春菜は、柔らかい尻タブに力を入れてオレの指の侵入を阻止しようとムダな努力をする。いつもは強気な春菜も攻められるととたんに弱気になる。春菜を盗み見ると懇願するような目がオレを見つめていた。

あ、そこ、触っちゃ、ああっ、やあ、…。
パンティの上からイジリまくられたハルカも、あの部分を湿らせてメスの悦びを伝えてくる。オレの背中に手を回した美人教師を盗み見ると、ツヤツヤポッテリの唇から湿った吐息を漏らして快感に耐えている。

あんっ、直接?…、だめえ、あ、ああっ、…。
快感にもだえる大人の美人教師に興奮したオレは、パンティをめくってヌメリ気を帯びた亀裂を直接イジってやった。女体の中心部を攻められたハルカは、女体の火照りに耐えきれないようにオレに抱きついて、たわわな胸をオレの頭に押しつけて来る。

エロがきコナン (56) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:06:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1498-4a96a479
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next