FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (49)篤子と春菜

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (49)篤子と春菜

「(おねえちゃんたち、一緒に調べるね)」
たぎる欲望を美保に口内発射して白濁液を炸裂させたオレは、残った前田篤子と小島春菜のカラダに興味を無くしていた。しかしコイツら二人だけ何もしないというわけにもいかない。オレの愛撫を待ってロッカーに手をつく二人を後ろから抱きついたオレは、左手で篤子の胸を右手で春菜の胸を揉んでやる。

「(いいよ、美保に出しちゃったんでしょ…、今度、ちゃんとしてくれれば…)」
ブラのカップに手を入れて固くなった乳首をクリクリしてやると、篤子は甘えた声でオレの耳タブをくすぐる。
「(私を最後まで待たせといて、いい根性してるわね…、でも、出しちゃったんじゃ、しょうがないわね…、こんど、ちゃんとしてもらうから、忘れないでよ)」
右手でナマ乳を包み込んでやると、春菜が気の強そうな声を耳元にささやく。

「(ボク、子供だから、よくわかんないや…、じゃあ、調べるよ)」
二人の美少女たちのエッチなおねだりにそらとぼけたオレは、同時に二人の股間に指を差し込んだ。

「(あんっ、いきなり…)」
「ああん…、(この扱い、ひどく、あんっ、ない?…)」
パンティのあの部分をよけると、二人ともすでに出来上がっていた。朋美や美保たちのエッチな吐息やかすかに漏れるあえぎ声を盗み聞きしていた二人は、自分たちの順番でイヤらしく弄ばれるスケベな妄想をふくらませて、カラダはすでに興奮状態でトロトロだ。

「(あんっ、やっ、ああっ、もっ、あんっ)」
「(ああっ、いいっ、もうっ…、コナン君の、指が、ああっ…、動いて、るう…、ああんっ)」
早くも快感にまみれてメスの悦びに浸った二人は、パンティをめくられたあそこをオレが触りやすいように背筋をそらして股間を突き出し、湿ったパンティが張り付いた柔らかそうなお尻を切なげに揺らして、蜜壺のナカで蠢く指の淫靡な刺激に酔っていた。

「(おねえちゃんたち、もうすぐ終わるから、あとちょっと、ガマンして)」
このエロ女ども、そんなにうれしいか…、じゃあ、もっと気持ちよくしてやる、…。
二人揃って痴態を見せつける女子校生に加虐心を昂ぶらせたオレはパンティを下まで下げてやった。亀裂に食い込ませた中指を根本までブチ込むと、残り四本の指をランダムに蠢かせ、手の平でトロトロの花びらやドテの柔らかい肉を揉んでやった。

「(かっ、はっ、あっ…、ああっ、やさしく…、ああっ、こ、壊れ、ああん、ちゃう…、あっ、いいっ…)」
子供の手であそこを弄ばれるエロ女子校生は、内マタに開いた足をブルブル震えて全身を襲う激しい快感に懸命に耐えていたが、まず篤子が口を押さえてその場にしゃがみ込むと、床に触れそうなまるい尻タブの谷間から、ビシュッと潮を吹いて小さな水たまりを床に作り、丸めた背中を快感に震わせていた。

「(いっやっ、ああっ、だ、めえ…、いっ、いっちゃう、ううっ)」
すぐに春菜も快感に耐えきれなくなって、汗のにじんだ女体をビクビク震わせて緊張させると、大きく開いた足の根本からネットリしたおツユを垂らす。納豆のように糸を引いた本気汁は、足首にめいっぱい引っ張られたパンティの中心部に落下して、大きなシミを作ると、火照った女体を冷ますかのようにロッカーに寄りかかって、荒い吐息を濡れた唇の間から漏らしていた。

エロがきコナン (50) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:17:32 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1492-7f50984e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next