FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (48)美保のご奉仕

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (48)美保のご奉仕

今度はおまえの番だ、ロリ天然女…。
前と後ろのアナで昇天させてやった朋美の次は宮崎美保の番だ。薄目を開けてこちらを伺っていた美保は、オレと目が会うとあわててぎゅっと目を閉じてロッカーにすがりついていた。

「(ちょっと、調べるだけだから)」
あごの前で握った拳を合わせて、腕で胸を圧迫してことさら大きく見せようとするポーズをとる美保に、おれは小さな声でささやくと腕を引きはがす。
「(あんっ、いやあん、みゃお、コワイ…)」
後ろから抱きつかれた美保はギュッと閉じた目からひと筋涙をこぼしたが、お尻をオレの股間に押しつけてパンティの上からワレメに食い込ませて、スリスリしてきやがる。

「(すぐに気持ちよくなるから、ね、おねえちゃん)」
フロントホックは先に確認していたので、ブラの上から控えめな乳房を揉み砕きながらホックを外して、とりあえずナマ乳をかわいがってやる。
「(あん、コナン君のエッチ…、みゃお、感じちゃうよお)」
両手で愛撫された胸からピンクの乳首が硬くなって突き出す。薄目を開けてこちらをチラ見する美保が甘えた声をささやく。

「(目開けるなっ、バツとしてパンティ、自分で脱げ)」
女子校生らしくないエッチな視線を向ける美保にオレは加虐心を昂ぶらせていた。ツインテールでむき出しになった耳に噛みつくようにドスの利いた低い声をささやいてやる。
「ひゃんっ、(ごめんなさあい…、もうしません、ゆるしてえ…)」
正体をむき出しにしたオレに怯えた美保はぶるぶる震えて、少しお漏らしして濡れたパンティを自分で脱いで、ナマ尻を大人の部分に押しつける。

「(おまえは、約束守れそうにないな…、そこに寝ろ)」
全裸の子供っぽい体を震わせる美保に、長いすに寝るように命令する。
「(これでいい?…、痛いの、みゃあ、いやだよ)」
すっかり怯えた美保は素直に長いすに横になる。子供っぽい発達途上の女体がオレ様に愛撫されるのを待って、イヤラシイフェロモンを立ち上らせている。

「(口、ふさいでやる)」
ぎゅっと目を閉じたロリ顔にまたがったオレは、プックリした唇に大人な一部分の先端を押しつける。
「(あふっ、うっ、うぷっ、ううっ、ううっ)」
何を言ってるかわからないが、美保はオレの太い一部分を懸命に口に入れて舌を絡めてくる。

じゃあ、しらべてやる、…。
シックスナインの体勢でプニプニしたカラダに覆い被さったオレは、太ももを乱暴に広げるとほぼツルツルのあそこを指でなぞってやる。
「うっ、ううっ、ふぶうっ、ちゅっ、うちゅうっ…、ちゅううっ、ちゅっ」
きゃううっ…、そこ、きゃあんっ…、みゃお、はじめて、なの…、おねがあい、痛く、しないでえ…。
大人の部分を懸命に愛撫するオレの下敷きになった肉布団がピクピク震える。なにか訴えているようだが全くわからないので、オシッコの匂いのするスジを指でクチュクチュとイジリ続ける。

コイツも、やってやらないと、不公平だな、…。
一生懸命お口の奉仕を続けるロリ女に同情したオレは、体の向きを変えて本番の体勢に入った。
「(みゃお、こわいよう…、おねがい、もう、ゆるしてえ)」
すばやく美保のカラダの上で向きを変えたオレは、涙が溜まった目でにじんでぼんやりしたオレを見る美保をにらみつける。

「(目開けるなっ、声も出すなよっ、わかったかっ)」
幼児体型の名残を残した女体に割って入って、あそこに大人の部分を突きつけたオレは、プックリした唇を押さえてにらみつける。腰を挟んだ太ももの圧迫感が心地いい。
「(わかり、まちたあ…、だから、いたく、しないでえ…、あ、あんっ…)」
口を押さえた手に荒い鼻息を吹きかける美保は、ぎゅっと目を閉じてウンウンとうなずく。柔らかい下腹を圧迫する腰が前進して、オシッコの名残をとどめながらヌルヌルになったあそこに先端が突入する。

「うっ、うっ、むうっ、うんうっ、うむうっ…」
先端が食い込むと同時に腰を押しつけて大人の部分を美保のナカにブチ込む。温かい蜜壺の侵入した下半身はケモノのように幼いカラダを蹂躙する。このロリ女も年上だが、はじめて年下の女とやってる気分のオレは、昂ぶる劣情のまま美保のカラダを犯しまくった。
「(ううう、うっ、うあっ、あんっ、ひあっ、ううっ、…)」
ああんっ、ああっ、いっ、やあっ、いうっ、あうっ、変に、ああっ、みゃお、変に、あうっ、なっちゃう、…。
ズンズンと突き上げられる美保は上下する頭にツインテールを忙しく踊らせて、激しく攻撃するオレの欲棒を懸命に受け止めていた。ジュブジュブと淫靡な音が静かな部室に響く。

乱子はまだ意識を無くしているが、苑子はその音に興奮してまた自分で慰めはじめた。朋美はまだ快感の余韻で女体を襲う官能のさざ波の波間に漂っていた。

「(おっ、出る、うっ、喰らえ)」
いままでガマンしていたモノが一気に突き上がってきて、オレはあわててふくらみきった大人の部分を美保の口に突き刺した。
「う、ううっ、うっ…」
突然突っ込まれた熱くふくらみきった肉棒にビックリしたように目を見開いた美保は、めいっぱい口を開けて何とか咥えると、口の中で炸裂する粘った白濁液を懸命に舌の上に受けていた。

「(…、全部飲めよ、いいか)」
熱い昂ぶりを放出した満足感でしばらく美保のツインテールの頭を押さえたまま、幸福感に浸っていたオレは、半ベソのロリ顔を両手で押さえてにらみつけた。美保はうんうんと涙をこぼしながらうなずいて、なんとかゼリー状の液体を飲み込むと、大きな目が白目になって急にカラダがグッタリした。かすかにあいた唇のハシから粘液が垂れていたので、ぬぐってやった。

エロがきコナン (49) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:16:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1491-6975f721
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next