FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (39)いとしいキス

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (39)いとしいキス

「乱子ネエちゃん、オッパイ、おいしいよ」
たっぷりした乳房の中心のやや下から突き出すピンクの突起に、オレは舌を絡めて甘えた子供の声を漏らす。乱子のエッチなカラダのせいでオレの一部分はとっくに大人になっている。ふくらんだ股間をマイクロミニにかろうじて隠れたパンティのあの部分にすりつける。

「ああ、はあっ、コナンく、うん…、わたし、気持ち、いい…」
すっかり頭の中がピンク色になったエロ女子校生は、オレの愛撫を受けてセクシーなあえぎ声を漏らす。朝オレが選んでやったセクシーランジェリーはすでにびしょ濡れだ。
「ボク、うれしいな…、もっと、乱子ネエちゃん、気持ちよくなってね」
発情したメスの声を漏らす乱子にオレの大人の部分もガマンの限界だった。しかしココでエロ少年の本性をさらすわけにはいかない。濡れ濡れのパンティに手を入れてあそこをいじくりまくる。

「ああっ、はっ、そこ、は、ああっ、だめえ、コナン、くう、ん…」
洪水状態のあそこを激しく愛撫された乱子は、エロエロボディを緊張させて快感でピクピク痙攣させる。オレは乱暴にパンティをズリ下げると太ももを抱えてあそこを丸出しにする。
「乱子ネエちゃん、ボク、ガンバル、からね」
ほらっ、イッちまえ、気持ちいいんだろっ、…。
口を広げてめいっぱいオッパイに吸い込んだオレは、あそこをイジる手の肩で押すようにして発情した女体に体重をかける。

「ああ、いっ、いっちゃ、うっ、はあっ、だめえ、ああっ、いいっ…」
押し倒された乱子は背中でチクチクする芝生に艶めかしく眉をひそめたが、開帳させたあそこに指を入れてグチュグチュとかき回すと、ケモノのようなあえぎ声を漏らしやがる。
「いいよ、乱子ネエちゃん、気持ちよく、なってね」
快感に乱れる現役女子校生のセクシーな艶姿に劣情をふくらませて、大人の一部分もふくらませるオレは、乳房とスジの奥の亀裂への刺激を一層強める。ケモノのような興奮に支配されたオレは、甘美なメロディを奏でる肉楽器をかき鳴らした。

「あっ、ああっ、ああっ、もうっ、ああっ、いっちゃう、うっ、いっ…」
快感の絶頂に突き上げられてピュッと潮を吹いた乱子は、断末魔のあえぎ声を上げると髪を乱してのけぞり、意識を無くして口角からおツユを垂らす。

「…、イキやがった…、じゃあ、オレの番だな」
グッタリした魅惑的な女体を見おろすオレは、下半身はだかになると限界までふくれあがった大人の一部分をさらして、先端をグショグショの亀裂に押し当てた。
「あ、はっ、おおっ、はうっ、いいっ、ぞ」
潤沢な汁気を湛えた泉はすんなりオレの大人の部分を受け入れる。興奮して荒い吐息にまみれたオレは欲望のまま腰を振り、激しい挿入でジュブジュブと淫靡な音を立てる。潤沢な愛液にまみれた粘膜とヒダヒダが絡んできて、オレの大人の部分に官能の刺激を与えてくる。

「はあっ、おっ、おおっ、いいっ、ああっ」
二時間目から寿貴子におあずけを食っていたオレは、早くも発射の気配を感じた。大人の部分の裏側に軽い電流を感じる。
ナカは、ダメだ、…。
充満する劣情でカラダがはち切れそうなオレだったが、ココでナカ出ししたら繕いようがないのを忘れてなかった。

うっ、でる、…。
尿道に熱いほとばしりを感じた瞬間、乱子がかすかに顔をしかめた気がしたが、あわてて抜き去ると茂みの低い木の根元に発射した。
は、はあっ、…。
木の根元に見事粘液弾を命中させたオレは、しばし放出の満足感を味わうと、さっそく隠蔽工作にかかる。

「あ、ああん…」
おい、まだ、起きるなよ、…。
意識のない乱子の濡れ濡れの股間をティッシュで拭くと、火照ったカラダが揺れてかすかに声を漏らす。乱子の意識が戻る前に決着を付けるために、あそこをキレイにするのもそうそうに切り上げてセクシーランジェリーをズリ上げる。

「乱子ネエちゃん、起きて」
すっかり縮んで子供に戻った部分を隠すと、グッタリした乱子の肩を揺する。
「あ、あんっ、は、コナン、君?…」
ゆっくりとまぶたを開けた乱子は、まぶしそうにオレを見てぼんやりしている。

「風邪引いちゃうよ、早くお昼ごはん、食べよ」
慎重なオレはあくまでも小学生の顔を装って、子供っぽいたわいない言葉をかけてやる。
「あ、やだ…、やんっ、恥ずかしい…」
やっと正気になった乱子はむき出しのデカパイをあわてて隠したが、唇のハシを濡らすヨダレに気付くと顔を伏せてミニスカのポケットにハンカチを探していた。

「…、乱子ネエちゃん、…」
オレは豊満な乳房をさらす上半身に抱きつくと、指でヨダレをぬぐい取ってやった。恥じらって目を伏せる乱子がどうしようもなくカワイク見えて、頭がクラクラする。
「あ、ありがと、コナン、君…、あっ…」
心細げにはにかむ乱子がとてもいとおしく感じる。なんだかよくわからなくなったオレは、乱子を抱きしめて唇を奪っていた。イキナリのキスに大きな目をめいっぱい見開いた乱子は、かすかにうれしそうな笑みを見せると、目を閉じて背中に回した手でオレを優しく抱きしめていた。

エロがきコナン (40) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:18:06 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1482-410cf3bc
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next