FC2ブログ

== レンシャヲトコ ==

レンシャヲトコ (3)次の駅で…

ろま中男3 作品リスト
レンシャヲトコ 目次

レンシャヲトコ (3)次の駅で…


ナレヨはんっ、えらいこっちゃ、大変だっせっ。

どないしたん、せわしない…、朝っぱらから、なにをさわいどん?。

ナレヨはん、横見たんかいっ、小説5位、恋愛小説3位だっせっ。昨日のアクセス1.7万PVあったんでっせ。

あらま、ほんまやね…、『レンシャヲトコ』、えらい人気あるんやなあ…、でもこの作者はん、5万PV/日記録したこともあるんやで、それにくらべたらたいしたこと、あらへんで…。

なに、のんきなこというてんねん、我らナレヲナレヨコンビの人気やろお。

アンタなあ…、なにいいだすかと、おもったら…、アホゆうたら、あかんで…、わたしら、ただのナレーションコンビやんか…、まあ、コレは作者はんに口止めされとりますけど…、セリフ以外の「語り」は、私らが全部やっとるから…、そういう意味では、私らの作品かもしれへんなあ…、そうか、私らナレヨナレヲコンビの人気かあ…(悦笑)。

なんやらゆうとるけど、ノリノリやないか…。まあ2話はさっそくフィルタリングされとるし、明日はランキング急降下やとおもいますけどな…。

なにゆうてんの…、ケータイの読者さん、2話が読めへんでも、大丈夫だっせ、酔っぱらいのオッサンが騒いどっただけやさけ…、それになんや、アンタッ、その投げやりな態度はっ、そうゆうときほど、私ら縁の下の力持ちがガンバらなあかんやないのっ、気合い入れやっ、(ボカッ)。

痛いなあっ、…ナレヨはん、エライ、いれこみようやなあ…、アンタ、そんなに作者はんのこと、…。

そうや…、作者はんが日本一の恋愛小説(エロ)ブロガーになるためやったら…、ウチはどんな苦労も…、耐えて、見せます、…(感涙)。

『浪速恋しぐれ』で、涙まで出すほどのコトかいっ…、すると、作者はんは、岡千秋さんかいっ、…って、そんなん、若い人、誰も知らへんで…。

細かい事は気にせんでエエのんっ、ほんなら『レンシャヲトコ』第3話、始めまっせえっ。
(作者注:ナレヲとナレヨの掛け合いはアメブロに載せていた時のジャンルランキングです)




「こ、こ、こ、これはっ…、お、おおっ…ぱん…ちゅ?!…」
彼女の体臭に鼻をくすぐられた気がした。お花畑のようないい匂いに混じってする、かすかなメスの匂いが中枢神経を麻痺させる。動けなくなったオレは、鼻にパンティをぶら下げたマヌケな姿で、酔っぱらいジジイをぼんやり見上げていた。

ひええっ、私のパンツ…、鼻に、入れてるよおっ…、真性変態…、いやっ…、誰かコイツらまとめて、生ゴミに捨てちゃってえっ…、政府はこんな奴らを野放しにして、なにしてんのよおっ…。

「おうおうっ、だから、なんか文句あるのかって、聞いてンだよっ」
あ~あ、固まっちまった…。これだからトーシロはよおっ、…。オレはこんなトコから早く帰りたいんだよっ、オイッ、目を覚ませっ、…。

「ひいいっ、ううっ…」
うわあっ、蹴られたあっ、お巡りさん、たすけてえっ、コロされますうっ…、ひいっ、こ、こわいっ、にらんでる、…。あっ、また、ハナヂがあっ…、ぐうっ、もう、死ぬ、です、…、せめて、もう一度、美人さんの…を、見たかっ、た…。

あらあっ、ヲタ野郎、一発で、ビビリまくりじゃん…、勝負にならないね…、もう、しょうがない、ここは特攻隊長の私が…、あ、レディー…じゃなくて、コギャルはやめたんだ…、え、なに?…、なんか目がヤラシイ…、コイツ…、やられてもスケベだけは、萎えねえな…。

「ちょっと、もう、いいでしょ、一緒に行きましょ…」
「うるせっ、離せっ、うらっ、おらっ…」
やっと来てくれたか…、コレで上がりだっ、後はホントに酒かっくらって、寝るだけだ、…、♪きょおのお~、しごと~は、つらかったっ…、あとは、しょおちゅう~を、あおるだけえ~(「ちょっと、ナレヲはん、『山谷ブルース』うとおとらんで、真面目にやりなはれっ」「ええやないですか、アンタかて、『浪速恋しぐれ』うとおとったやないですか…」「うるさいっ、それにあれはセリフやっ」「スイマセン…」)。

キターッ、山田孝之っ…、え?…、行っちゃうの…、淡白すぎるうっ、もっと絡んでよ…、中谷美紀の時は、絡みまくりだったクセに…、私だって、アキバの電飾グルグルで、チューしたかったのにいっ…、だから中谷は嫌いよおっ…、はあ、いつでもウェルカムよおっ、まってるからねえっ、…。

酔っぱらいジジイはイケ面リーマンに連れて行かれた…、カッコイイよ、リーマン…、それに比べて、オレは…、なんて言ってる場合じゃない…、これ、どうする、どうるすのっ?…。

「…、あ、あの、それ…」
あ~あ、残ったのはサルだけか…、うっ、やだっ、なんで、アンタ、私のパンツ、広げてんのよっ…、やめてよ、みんなに見られるでしょ…、恥ずかしいよおっ、…。

「…、ひへ?…、あっ、こっ、これは、でちゅねっ…、ひ、ひいいっ、あの、そのっ、あううっ」
いっちゃった…、あっ、オレ、助かった?…、え、カワイイ声…、たまらんですうっ、萌ええっ…、おえっ、あっ、おパンツ、オレ?…、広げてる?…、なんで、オレ、あっ、ひいいっ、…。

「あの…、次の駅で…、いっしょに…」
やっぱ、こんな変態は、いっぺん、シメてやらないと、気が済まないわ…。はやく、パンツ、返しなさいよっ…、でも、変なモン、付いてそう…、絶対はけないし、…。

「はっ、…あ、は、はいっ、よろこんでえっ…、え、いや、あはは…」
え、なんで?…、まさか、ありがとう、ちゅっ…てこと…、うひひっ、いやあっ、人助けは、するもんだ…、もう、彼女、オレに、メロメロ…、って感じ…(淫笑)。
(作者注:ぜんぜん、助けてません)

…、また、なんか変な妄想してんな…、コイツは、ホントに…、いっぺんコロしたほうが、世の中のためね…。

う、うひいっ、す、すごい、ま、真面目な目で、見つめられてる、で、ですううっ…、こ。これが、少女漫画定番の「恋する乙女の目」ですかあっ…、ああっ、こんなキレイな人に、み、見つめられて…、幸せですうっ…、山田剛、23年の人生で、今が絶頂期?!…、ぐ、ぐふふ、うっ(淫笑)。

だから、笑うなって…、キモイんだよっ…、コイツ、絶対、勘違いしてるよっ…、なんで私が、勘違いとはいえ、こんなヲタ野郎を、喜ばせてやらんきゃ、ならんの…、納得いかないわ、…。

二人の妄想を乗せた電車は次の駅に着いた。彼女が黙って降りると、山田もニヤケ面で後に付いていった。

レンシャヲトコ (4) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:21:04 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1458-bf7e869a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next