FC2ブログ

== エロがきコナン ==

エロがきコナン (12)帰りの電車

ろま中男3 作品リスト
エロがきコナン 目次

エロがきコナン (12)帰りの電車

「コナン君、帰ろうか」
オレはまだ女子更衣室にいたかったが、着替えた乱子がオレの手を取ってニッコリ笑って帰ろうと言う。

「うん、乱子ネエちゃん…」
まだ下着姿の女子高生に未練があったし、手をつながれるのは子供っぽいからイヤだが、癇癪を起こして手を振り払うのも、かえって子供っぽいのでしない。
「私もいっしょに、いいでしょ」
苑子も急いで着替えたのか追ってきてオレになついてくる。両手に花だ。でも苑子はオレと手をつながない。苑子にまで手を取られたら、オレは捕縛された宇宙人になっちまう。

「今日、混んでるね…、コナン君、大丈夫?」
3人で電車に乗る。苑子は途中の駅で降りるが、だからそれまではオレのやりたい放題だ。苑子もオレの世話を焼きたいのか、混んだ電車でオレの心配をしている。
「大丈夫だよ、苑子ネエちゃん、ありがとう」
オレは苑子のケツをまさぐりながら、カワイイ笑顔で見上げる。それだけだと乱子が拗ねるので、もう一方の手は苑子のカラダに巻き付けている。

「苑子、どうしたの?…気分悪い?…」
オレのフィンガーテクで欲情し始めた苑子を、乱子は顔色が悪いと見たようで、心配そうに声をかける。乱子を無視してオレは苑子のお尻の奥に指を侵入させた。
「ううんっ、なんでもないの…、今日、いつもより混んでるよね」
苑子は乱子に笑顔を作って応えると、目を伏せて意味深な視線をオレに送ってきた。

「苑子ネエちゃん、大丈夫?…」
カワイイ笑顔を作ったオレは苑子を心配するフリをした。しかし意味深な視線を挑戦と受け取ったオレは、パンティをめくり上げてあそこの地肌に直接触れてやった。
「(あ、あんっ…)」
苑子は声が漏れるのをガマンしたようだが、女体が緊張するのがわかった。あそこはしっとり濡れていた。指先にぬめり気を感じたオレは、顔を伏せてニンマリしていた。

「ホントに、苑子、大丈夫?…」
「(あ、ああんっ…)、大丈夫よ、ちょっと…、(ああんっ…)、心配、しないで…」
ヌメリ気を帯びたあそこに指を這わせて愛撫してやると、苑子は快感にもだえる。乱子が本気で心配していると、苑子はムリヤリ笑顔を作ってごまかしていた。オレは指先の愛撫を続けて、クチュクチュとイヤラシイ音が周りに聞こえそうでも容赦しなかった。もう苑子はオレを見ようとしなかったが、ナマ足がプルプル震えて、快感に耐えているのが丸わかりだった。

「送って行かなくて、大丈夫?…」
「うん、平気…、じゃあね、コナン君、また明日ね…」
苑子を楽しませてやっているうちに降りる駅についた。心配する乱子に笑顔で応えた苑子は、オレに淫靡な雰囲気の混じった笑顔を向けると、また明日もかわいがって欲しいと言いやがった。コイツは本物のドスケベ女だ。

「空いたよ、コナン君、座って…」
苑子と一緒に他の乗客も降りていった。ちょうど前に座っていた男が立ち上がったので乱子がオレに席を勧める。立ち上がったコイツは乱子のマイクロミニをノゾキ込もうと、前のめりになってイヤラシイ視線を向けていたので足を蹴ってやった。

「ボクいいよ、乱子ネエちゃん、座って…、疲れたら、乱子ネエちゃんのヒザに、座るから…」
女に縁のなさそうなパンチラノゾキ男は足の激痛に振り返ったが、オレに気付かずに足引きずるようにして降りていった。オレの乱子に手を出そうとするヤツは、こういう目に遭うんだ。仁南小サッカー部のエースストライカーコナン様だぞ。

「そう、ありがとうね、コナン君…」
オレの無邪気な笑顔にうなずいた乱子は、キレイに足を揃えて座った。マイクロミニから晒したナマ太ももが健康な色気を発散している。
「あ、乱子ネエちゃん、飛行機だよ…」
乱子の太ももにスケベ心を出したオレは窓から外を見るフリをして座席にヒザ立ちすると、乱子のヒザを割って足の根本に膝を押しつけ、股間を胸に押しつけてグリグリしてやった。

「コナン君、子供みたいよ…、あ、あんっ、そこ…、あ、あたる…」
はしゃぐオレに苦笑した乱子は、しかし股間に食い込んだヒザであそこを愛撫され、ピンコ立ちした股間を胸の谷間に押しつけられて、うわずった声を漏らしていた。

エロがきコナン (13) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:50:01 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1442-8a57c57f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next