FC2ブログ

== 温泉旅館 ==

温泉旅館 (52)添い寝

裏ろま中男 作品リスト
温泉旅館 目次

温泉旅館 (52)添い寝

「キレイになったか?…、もう一発、やっとくか」
ザーメンと汚物を出し切った美少女が小さく息をつくと、私はスベスベしたナマ太ももをなでながらいやらしく聞いた。

「もう、やだ、せんせいの変態…」
人前で排泄する恥ずかしさで、昼間ミソ付のゆでタマゴを産んだ経験を思いだした沙紀は、顔を真っ赤にして横を向いていた。ふくらみかけの胸は女体の昂ぶりを示すように、ピンクのサクランボが堅くなってその存在感を誇示していた。
「そうか…」
甘えた響きを伴っていたが変態と言われて、何となく気持ちがしぼんでしまって私は部屋に戻った。

「冷めちゃったね、あっため直す?…」
あっさり引き下がった私に物足りなそうな沙紀は、床に座り込んだ私にしなだれかかって持ってきた膳に目を向けていた。
「ああ、そうか…、いいよ、このままでいただくよ」
卓に置かれた膳の一汁三菜を眺めた私は、急に空腹を感じて汁物をすすっていた。

「はい、お茶…」
夕食にパク付いてあらかたかたづけた私を、横で眺めていた美少女仲居は急須にお湯を入れてお茶を煎れてくれた。
「ああ、ありがと…、沙紀はごはん食べたのか?」
なんだか無性に腹が減って一気に平らげた私は、一息つくと横にニコニコする沙紀に話を向けた。

「え…、沙紀はあとで…」
お茶をすする私の横顔を見つめる沙紀が、なんだか含みのある言い方で私の背中に指を滑らせてシナを作っていたが
「あれっ…、ゴメン…、これ、沙紀だよね」
背中のひっかき傷を見つけてビックリしたように声を上げると、痛そうに指先をあてていたがペロペロと舐めだした。

「おい、いいから…」
あごを突き出してカワイイ舌でペロペロとひっかき傷を癒そうとする沙紀に興奮した私だったが、空腹が満たされたせいか急に眠くなってきた。
「あれ、ねちゃうの?…、じゃあ、沙紀も一緒に…」
そのままの体勢で床に倒れ込むと、沙紀も添い寝してきた。背中に抱きつくように成長途上の女体を押しつける沙紀はまだ背中に舌を這わしていたが、手を股間に回してダランとした息子をグニグニしてた。

「ねえ…、せんせい、せんせいっ、たらあ…、もういいよ、一緒に寝ちゃうよ…」
少女の手管に息子は反応することなく、私は眠気に襲われていた。沙紀はつまらなそうな声を上げると、布団をかぶって深い睡眠に落ち込む私の横でふて寝していた。

温泉旅館 (53) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:17:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1411-3bd9ba4b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next