FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (333)お手軽女と天然バカ男

裏ろま中男 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (333)お手軽女と天然バカ男

「タダシ君、なんて言ってた?」
自分に代わらずに電話を切ってしまった優に多少不満だったが、エリは存外機嫌の良さそうな優に聞いた。

「明日、服、買ってくれるって…、えへへっ、アイツ、私がスキなのかも…」
グラス一杯のアルコールでいい気分になっていた優が、ふざけて応えると
「そう…、よかったわね」
傷心の優を慰めるためにタダシが貢ぎ物をする想像を浮かべたエリは、どSなご主人様が美少女生徒に向けた優しさに、良かったと思う反面ジェラシーも感じて無表情に応えた。

「せんせ、電話貸して…、あ、そうだ、あのヘタレのケー番、知ってる?」
エリの不興に気付かない優は、タダシの指示を思いだして電話しようとしたが、そもそもヘタレ省吾の電話番号など知らなかった。
「あ、私も知らない…、担任じゃないし…」
エリもヘタレヘンタイ少年のケー番など知るはずがなかった。

「そうだ、タダシ君なら知ってるかも…」
タダシに電話する口実が出来てエリはうれしそうだった。
「そうだね、先生電話して」
エリの表情が明るくなったのを見て、優は気を利かせたつもりだった。

「…、あ、エリです、省吾君の電話番号わかりますか?」
…、ああっ、090-××××-××××だ、…。
エリが省吾の電話番号を聞いてくるのも道理で、タダシはケータイのアドレス帳を見て応えた。
「それで、私も明日、行ってもいいですよね…」
いいぞ、オマエにも、服買ってやる、…。
自分は呼ばれてないので図々しいかと思ったが、あっさりOKが出てその上服を買ってくれるという言葉にエリは上機嫌だった。

優も同じなのだが、タダシにまともな服を買うつもりなど無く、エッチな衣装を着せて楽しむつもりだった。そうとは知らないエリはニコニコしながらヘタレ省吾のケー番を書いたメモを優に渡した。

「せんせい、うれしそうじゃん…」
少女のように表情を輝かせるエリに優はオヤジ笑いで冷やかすと、強姦魔だと確定するヘタレ省吾に電話した。

もしもし?…。
「わたし、わかるかなあっ、優よおん…」
意識のない優を陵辱したあと急に怖くなって駅まで逃げ帰った省吾は、自宅の駅について家路をたどっていたところだった。

へ…、ひっ、ひいいっ…。
見慣れない番号が表示されて何の気なしに出た省吾だったが、ケータイから漏れてくる聞き慣れた声に、内マタで立ち止まってオシッコを漏らしそうなほど怯えた。
「あ、切っちゃ、いやよ…、優のおねがい聞いて、欲しいのお…」
ヘタレの怯えた声を聞きながらサド気を昂ぶらせた優だったが、2オクターブほど高い甘ったれた声を出した。我ながら何も考えてないようなバカ女ぶりに吹き出しそうだった。

「?…、な、なんだよ」
普段の優からは想像できない甘えた声に、省吾は警戒しつつスケベ心をふくらませていた。何度もヒドイ目に遭っていながら、何度も同じ手に引っかかるトリ頭の懲りない男だった。
「もう、ヒドイよ…、自分だけ、ずるい…」
ホント、バカ、簡単すぎる、…。
さっそく引っかかった省吾に吹き出しそうな優だったが、男好きしそうなお手軽女を演じていた。

「だ、だから、な、なんだよ…」
耳をくすぐる甘ったるい声に怯えをほぼ駆逐された省吾は、内マタの股間をふくらませていた。
「だ、か、らあっ…、こんどは、ちゃんとしてえ、優を気持ちよく、してほしいのお、…。」
ほしのあきが入ったツルペタ少女はすっかりその気になって、カラダを揺らしていた。

「へへっ、そうか…、いいぞ、まかせとけっ」
意識のない優を陵辱したときの倒錯した興奮が蘇ってきて、スケベな妄想にとりつかれた省吾はすぐにでも優の所に飛び出していきそうな勢いだった。ついでにテンパった股間からも何かが飛び出しそうだった。
「じゃあさ、明日○○駅に5時に来て、おめかししていくから、着いたらケータイする、じゃあね、チュッ…」
最後までお手軽バカ女を演じた優は、受話器を置くとオヤジ顔でニンマリ笑ってエリにVサインをつきだした。

「じゃあ、飲もっか…」
言ってるそばからグラスをなみなみと満たした優は、一気に飲み干した。
「青井さん…、何か食べたほうが、よくない?」
手酌でガンガン行く優に、慰み者になる予感でマゾ気を煽られたエリがおそるおそる声をかけると
「せんせい、きがえようよ、おそろにしよっ…」
全然聞いてない優がクローゼットから色違いのボーダーワンピを取りだして押しつけた。
「はい…」
目のすわった優に逆らうのがこわいエリは言われるままにスーツスカートとブラウスを脱いだ。オヤジ笑いするスケベな視線を意識してドキドキしながら、股下15センチのワンピに頭を通した。

「ホント、せんせいって、スタイルいいよね…」
恥ずかしそうに立つボンキュッボンのセクシーナイスバディに、レズ気のある優が好色な目を向けて舌なめずりしていた。

女子校生由貴(334) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:37:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1371-af304621
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next