FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (326)肉欲に溺れる美人教師

裏ろま中男 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (326)肉欲に溺れる美人教師

「先生、動かないで、コンタクトが、割れるから」
四つん這いのミニスカ姿で足を広げた美人教師の、恥部を覆う濡れ濡れパンティのスジに指を食い込ませたエロヘタレ少年は、両眼とも1.5でメガネさえかけたことはない。指先が食い込んだツヤツヤした生地からジンワリと愛液がわき出して、恥ずかしいシミがだんだん大きくなるのを1.5の視力で克明に見つめて、鼻息を荒くしたスケベ面にゆがんだ笑いを浮かべていた。

「ああっ、はううっ…、そこ、だ、ああっ…、だめなの…、早く、してえ…」
は、はうっ、あ、ああ、だめえ、そこ、かんじ、ちゃう…、あっ、あっ、入って、あんっ、指が、はあっ…、くるうっ、はあっ、ああっ、…。
成熟した女体に染みついたマゾ奴隷の習性は、蛇蝎のように嫌っていたヘタレ生徒の命令に逆らうことなく従順に従って、プックリしたあそこを挟んだナマ太ももをプルプル震わせてドッグスタイルを続けていた。パンティごと濡れ濡れトロトロの泉に侵入しようとする指先に翻弄されて、倒錯した快感に突き上げられた美人教師は悩ましげにかぶりを振って、ウェーブヘアを波立たせていた。

「せんせい…、動くから、ナカに入っちゃいましたよ」
指先の動き一つで甘えた嬌声を上げてよがるエリを背後から眺める省吾は、エリを我がモノして姦淫し放題の淫らな妄想の世界にどっぷり浸かっていた。グリグリとパンティ越しに押しつけた指をグッと横にずらすと、ネットリしたおツユをまとったピンクの花びらが丸出しになった。省吾の目にはそれが若干充血して赤みが増しているように見えた。

「ひっ…、いいっ、ああっ…、だ、だめ、それ以上は…、やめて…、ああっ、お願い、許して…」
ひあっ、いいっ、イクウッ…、あああああ…、あっ、ああっ、はあっ、はあっ、出ちゃった…、恥ずかしい…、だめえ…、もう、だめえ…、いや、ああっ、いいっ…、ち、ちがう、だめなの、やめてえ、…。
パンティのツルツルした生地がこすれただけでも、スジからわずかに顔を出した敏感なビラビラから全身に高圧電流が流れたかのように、全身を緊張させたエリは軽くイッてピュッと潮を吹いた。恥ずかしいお漏らしに気付いた美人教師は、わずかに残った理性で精一杯の反抗を口にしていた。

「僕のほうがお願いしますよ、コンタクト無いと困るンだからさ」
全身に覆い被さるような快感に耐えきれずにいやらしい声を上げてよがる美人教師に、エロヘタレ少年は股間を熱くする欲望をぶちまけるコトしか頭になかった。透明な粘液をたっぷり含んでゼリーの薄皮に包まれたような秘所は、エロヘタレの指先を誘うようにヒクヒク震えていた。
「探すから、動かないで…」
股間が痛いほど熱く盛り上がって足をジタバタして暴れたいほど下半身は興奮しているのに、頭の中は驚くほど冷静で、省吾はエリの女体が快感にうねるエロチックな媚態を眺めていた。あふれそうな泉に指を差し入れたエロヘタレは、ゆっくりと突き刺していった。

「あ、や、はああっ…、だめえ、もう、許して…、はあっ、いやっ、ああっ、感じちゃうっ」
あっ、ああっ、指、ああっ、入ってくるっ、ああっ、いやっ、あ、そこっ、ああっ、もっと…、やっ、だめっ、ひっ、いいっ、ああっ、そこっ、もっとおっ、…。
第2間接まで入り込んだ指先が泉をかき回すと、くちゅっ、くっちゅっ、くちゅくちゅっ、ちゅっく、ちゅっと湿った音を響かせる。恥ずかしい部分を指先で犯された美人教師は、荒い甘い吐息とともに無意識に恥ずかしいセリフを漏らす。
「あっ、ああっ、もっと…、はあっ、だめっ…、あっ、そこ、いいっ…、もっと、ああっ、かき回してっ、もっと、メチャクチャにしてえっ」
肉体を揺さぶる熱い官能に教師である自分が意識から飛んだメス奴隷は、指先の乱暴な愛撫を望んではしたないセリフを口走る。

「このドスケベ女、そんなに気持ちいいのか」
恥知らずなセリフを漏らすエロ教師にすっかり有頂天の省吾は、指先の刺激を続けながら懸命にドッグスタイルを続ける女体にまとわりついて、だらしない笑いを浮かべながら、快感にもだえる美人教師の顔をのぞき込んだ。
「いいっ、いいのっ、もっと、もっと、してえっ、エリを、めちゃくちゃにしてえっ…」
ああっ、いいっ、きもちいいいっ…、ああっ、いいのっ、なんでもいいっっ、私をイカしてっ、お願いっ、もう、ああっ、狂っちゃうっ、…。
女盛りの女体を煽られた欲情したメス奴隷は気持ちよくしてくれるなら誰でも良かった。女体をまさぐる省吾に湿った吐息にまみれて火照る美顔を寄せるエリは、淫らなおねだりをして官能の昂ぶりを訴えていた。

「じゃあ、脱いで、せんせい…、いやらしく…、オレを興奮させて…」
まばゆいばかりの官能的な美しさを発散して迫ってくる美人顔に、気後れしそうなヘタレ少年はスケベ心の後押しを受けて、ストリップを要求した。
「脱ぐから、お願い…、エリを、よく、してね…、なんでも、しますから…、約束よ」
はあっ、したいっ、もう、ガマン、ああっ、出来ないっ…、して、エリを、はあっ、犯して…、おちんちん、が、欲しいっ…、エリの、あそこに…。
淫らな欲望にとりつかれたエロ教師は、薄ら笑いにゆがんだ省吾の顔をのぞき込むと、ゆったりしたスウェットを脱いだ。豊満な乳房を締めつけるブラが柔らかい女体に食い込んでいた。

思い通りの展開に天にも昇る心地の省吾は、いそいそと学生服を脱いで裸体をさらした。
はああっ、おちんちん、おっきく、なってる…、はあっ、あれが、ああんっ、エリを、ああっ、よく、してくれるのね、…。
股間にこぢんまりした息子が屹立するのを見たエリは、狂気さえ含んだ淫靡な視線を絡ませて、背中に回した手でブラホックを外した。

ブラから開放された張りのある乳房がプルンとはじけるように現れた。小刻みに揺れる乳首は大げさなくらい突きだして愛撫を待ち望んでいるようだ。興奮した省吾は魅惑的な女体に飛びかかるように、乳房に顔を埋めると指先でグリグリと乳首をいぢくり倒した。

「あっ、ああっ、はあっ、いいっ、もっと、はい、脱いだわ、エリ、裸になりました、して、早くっ」
あっ、いっ、いいっ、はあっ、もっとお、もっっと、エリを、よくしてえっ、…。
乳飲み子のように乳房にまとわりついてくる省吾を、美人教師は熱い吐息をまみれて見おろしながら、ストライプミニを脱ぐとパンティを脱ぎ捨てるように輝くばかりの裸体をさらす。日が落ちてひんやりしてきた空気が火照った女体を心地よく冷ましてくれる。

メス奴隷の全裸宣言に省吾はゆっくりと二つのスイカップから離れて、マジマジと見つめた。

「お願い、約束よ、早く、エリを、よくして」
してっ、固くなった、おちんちんで…、エリを、突き刺して、グチュグチュに、かき回してえっ…、早く、エリの、あそこに、おちんちん、いれてえ、…。
乳房の刺激が中断して物足りなそうなエロ教師は、むずかる子供のように魅惑的な女体を揺らして、むせかえるようなフェロモンが立ち上らせて妖しいテカリを放つ、はじけそうに熟した美味なナイスバディを、今や新しいご主人となったヘタレ少年に誇示していた。

女子校生由貴(327) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:24:23 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1364-9ac5b52b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next