FC2ブログ

== 夏日 Ver.A ==

夏日 Ver.A (6)見せてみろ

ろま中男3 作品リスト
夏日 Ver.A 目次

夏日 Ver.A (6)見せてみろ

ドキドキとうるさいくらいに鼓動が耳の中で響いて、バンソウコウをもった手が震えるのを意識しながら、雅之の額にバンソウコウを貼った。
「…ありがとう」
至近距離にある郁子の顔にドキドキしながら、雅之はぎごちない笑顔を見せると
「ううんっ、こちらこそ、雅之、私をかばってくれたでしょ」
雅之のたくましい腕で抱かれた感触を思いだした郁子は、はにかみながら可愛い笑顔を見せた。
「…、そうか、そうだよな、オレに感謝しろよっ」
郁子の言葉に雅之が自慢げに笑って、郁子も安心したように笑った。

「…痛っ」
緊張が解けたせいか、郁子は体中のあちこちに痛みを感じた。
「大丈夫か?」
上体をかがめて太ももや背中をさする郁子に、心配そうに雅之は声をかけたが、下向きになった胸に乳房があふれそうになって、くっきりした谷間が目に焼き付いた。
「あっ、心配しないで、…あっ、っつう」
笑顔を作った郁子は、体を起こすと背中を押さえた。

「…ちょっと、寝てた方がいいぞ」
雅之は郁子を抱き上げると、救急箱を持って2階の郁子の部屋に向かった。
「やっ、あのっ、大丈夫だから、下ろして」
急に抱き上げられた郁子は、太ももや背中に雅之の筋張った腕を感じてドキドキしながら、うつむいていた。雅之も郁子の柔らかい体の感触に、興奮した吐息が漏れそうで、懸命に息を押さえて音をさせないようにして息苦しかった。

「…どこが痛いんだ、見せてみろ」
ベッドに郁子を寝かせた雅之は、興奮した湿った熱気に包まれて、女の子らしい柔らかい曲線を眺めていた。
「…、足の、太ももの…」
郁子が恥ずかしそうにつぶやくと
「ここか?」
雅之が無造作にナマ太ももに触れて
「あっ」
色っぽい声を出してしまった郁子は、慌てて口を押さえた。

「…、ちょっと、アザに、なってるな」
郁子の声をわざと無視して、ドクンドクンと体中の血液が沸騰するような興奮にまみれながら、つぶやいた雅之の声はかすれていた。
「…うん」
太ももに顔を近づける雅之の息が、太もものナマ肌にかかって、カラダの奥がゾワゾワしてあそこが湿ってくるのを感じながら、郁子は生返事をしていた。
「湿布、貼った方がいいな」
エッチな気分で頭の中がピンク色になった雅之は、太ももの感触を楽しむように触っていた。喉がカラカラに渇いて、かすれた声に思わず唇を舐めていた。
「ああっ、…あ、貼らなくていいっ」
太ももをまさぐられた郁子は、エッチな声を出していたが、足に湿布を貼った恥ずかしい姿を想像して、雅之の申し出を否定した。

「…そうか、でも他にもぶつけてるかもしれないし、もっと見せてみろ」
スケベな気持ちに支配された雅之は、ベッドに上がって足を広げるとその付け根をのぞき込んだ。
「…」
恥ずかしくて内またに太ももを合わせた郁子は、スカートの上から股間を押さえたが、パンティに作ったシミを見られた気がして、ぎゅっと目をつぶっていた。
「…ちゃんと見せろよ」
熱い湿った息で火照った顔を近づけて、太ももをこじ開けた雅之は、その先に現れた白い布地に、ゴクンとツバを飲み込んでいた。
「…はあっ、はあっ、…あっ」
太ももに食い込む指の感触にドキドキして息苦しくて、突然、ぴゅっ、と潮を吹いた郁子は、声を上げていた。

「…郁子、どうした、痛いのか?」
嬌声を上げた郁子に適当に声をかけながら、ハアハアと荒い息を吐く雅之は、太ももをこじ開ける手を進ませて、パンティに到達しようとしていた。あそこの部分がほとんど見えて、シミが出来ているのがわかった。
「…、ああっ、だめっ、いやっ」
柔らかい太ももの肉に指が食い込む熱さに、あそこのスジをあふれた蜜が伝っていく気がして、恥ずかしくて、郁子は声を上げていた。

「…ココが痛いのか?」
ハアハアと湿った息を太もものナマ肌に吹きかけながら、雅之はパンティのシミが出来た部分に指を押しつけた。
「あっ、だめえっ、ああっ、はあっ…」
雅之の指は容赦なくパンティごと、あそこに食い込んでいた。恥ずかしさと乱暴な刺激に漏れる声を郁子は抑えることが出来なかった。あそこを中心に下半身が熱くなって、郁子は切なそうにカラダをよじっていた。

雨は相変わらず強く降り続いて、雅之は心臓の鼓動のように、雨音が響くのを感じていた。

夏日 Ver.A (7) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
ネット小説ランキング>【登録した部門】>夏日 Ver.A
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:31:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1257-fd4d3fd3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next