FC2ブログ

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (30)淫乱M女子高生

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (30)淫乱M女子高生

うわっ、すっげえイヤらしいっ、…。
本物の淫乱M女だよっ、…。
ソーセージ舐めろって、言われて、…。
こんなエッチな顔するか、…。

アキナがカワイイ舌を出して、
ソーセージをチロチロと舐めるイヤらしい表情に、
松岡は劣情を昂ぶらせてニヤニヤして、
股間を熱くして息子をふくらませていた。

「…よおし、そのへんでいいぞ…」
「じゃあ、食っていいぞ、ただし下の口でな」
イヤらしい妄想をそのまま口に出した松岡は、
ネットリした目でセーラー服美少女に命令した。

…下の口って、何?…。
…あっ、…あそこのこと、…。
やっぱり、変態だよおっ、…。
もう、やだあっ、…。

こんなみんながいるトコで、足広げるのおっ、…。
絶対見られるよ…。

でも、言うこと聞かないと、殺されちゃうし…。
アキナ、かわいそうすぎる、…。
でも、やるしか、ないのね…。

イヤらしい笑みを浮かべて見つめる松岡の
顔色をうかがったアキナは、
ムリに笑顔を作ると辺りをうかがって
誰も見てないことを確認し、
急いでソーセージをミニスカに入れた。

ドキドキしながら少しだけ足を広げると、
あそこの亀裂にソーセージをあてがって手に力を入れた。

「…、あっ、いたっ、はあっ、あんっ、ううっ…、入った」
あっ、痛いよおっ、…。
ああん、入ってくる、…。
ソーセージが、アキナに入ってくるうっ、…。

って自分で入れてるんだから、当たり前かっ、えへへっ、…。
じゃないよっ…、でも、なんか太いよ、これ…。
おちんちんみたい…、ああんっ、…。

アキナ、ホントにバカになっちゃった、のかなあっ…。
…あっ、当たる、奥に当たってるよおっ、…。
長すぎるうっ、あっ、ああん、なんか、変な感じだよおっ、…。

「…、入れました」
吐息を荒げた美少女の上気した顔に、
松岡は劣情を昂ぶらせて、
ますます加虐心をふくらませていた。

「…よし、じゃあ立て、ちゃんと入ってるか、見てやる」
「ほら、足、広げろ、手、どけろ」
アキナを正面に立たせた松岡は、
すなおに足を肩幅に広げるアキナに
ニンマリするとミニスカをのぞき込んで
股間の亀裂からわずかに顔を出した
ソーセージに興奮して息子を痛いほどふくらませた。

見てる、見てるよおっ、ノーパンの、アキナの、あそこ、…。
見られてるよおっ、…。
でも、なんで、あそこが熱くなるの…。
見られて、恥ずかしいのに…。

これじゃ、変態だよっ、…。
アキナ、変態になっちゃったあっ…。
あっ、やだっ、垂れたっ…。
恥ずかしいよおっ、…。

ミニスカをのぞき込む松岡に
頬を紅潮させたアキナは、
わき上がる羞恥心に懸命に耐えて
足を広げて立っていた。

淫乱M女子高生は恐怖に怯えながら
あそこの亀裂からイヤらしい滴を漏らして、
太ももまで濡らしていた。

天然少女アキナ (31) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:12:31 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1240-48683262
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next