FC2ブログ

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (28)マニアで痴漢

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (28)マニアで痴漢

ああんっ、風、気持ち、いいっ…。

淫らな欲求不満のモヤモヤした気持ちを
昇華したアキナは、
淫乱女から元の普通の女子高生に戻った。

ご機嫌で駅前を歩くアキナは
ノーパンなのをすっかり忘れていた。

ナマ太ももを優しくなでる初夏の風を
心地よく感じたアキナは、
ミニスカのスソが風になびくのに全く頓着してなかった。

大学をさぼって駅前をブラブラしていた松岡は、
前を歩く美少女女子高生のミニスカとナマ足を眺めて
スケベな気分をふくらませていた。

えっ、ノーパン、…。
前屈みになってアキナのみにスカをのぞき込んでいた松岡は
風が吹いてミニスカがまくれ上がった瞬間、
アキナのナマ尻をしっかりと目に焼き付けた。

美少女フィギアマニアの松岡は、
ノーパン女子高生に美少女の卑猥な妄想をふくらませて
どんな顔か見たくなって、アキナの前に回り込んだ。

あっ…、お腹、なっちゃったあっ…、なんか、食べよっ、…。
お腹が、くうっ、となって顔を赤らめたアキナは、
急に空腹を感じた。

手元に5万以上あるし、
贅沢をしようと思ったアキナだったが、
なじみのあるハンバーガーショップの看板に誘われて入っていった。

「おごってあげるよ、なにがいい?」
カワイイじゃん、なんでノーパンなんだ…。
淫乱美少女、ってことか?…。
アキナがカウンターでメニューを眺めていると、
後ろから淫らなたくらみを秘めた松岡が声をかけた。

「…、えっ…、いいです」
なに、この人、気持ち悪い…。
でも、見た感じは、チョット、カッコイイかも…。
ナンパ?…、アキナ、ナンパされてるの?…。
アキナ、ひょっとして、モテモテ、ってこと?…。

振り返ったアキナは、
にやけたイケメンをチラ見するとすぐに向き直った。
しかしエロ少女の性根が騒いで
浮かれた妄想に意識を泳がせていた。

イケメンの登場も性欲の治まったアキナには
警戒心を起こさせただけだった。

「…いいから、好きなの、頼みなよ」
美少女のそっけないあしらいも
松岡は全く気にならないようで、
ニコニコしながらお尻を触った。

えっ、やだっ、また痴漢だよおっ…。
ずうずうしい…、女子高生の、おしり、触ってるよ、…。

どうして、今日に限って、こんなのばっかり、寄ってくるの…。
…でも、本物の変質者だったら、どうしよう、…。
アキナ、殺されちゃうかも…。

アキナは変質者に殺されて山に捨てられる
若い女性のニュースが急に頭に浮かんで、
そんな突飛な想像で見当違いな恐怖にとらわれて震えていた。

そんなアキナをまるで気にしないで、
恋人同士のようになれなれしくして
アキナにスリムなカラダをべたべた触る松岡は、
勝手にセットメニューを二つ頼むと、
ニコニコしながらアキナのお尻をまさぐっていた。

「…、ねえ、なんでノーパンなの?」
アキナにまとわりつく松岡は、
サラサラした髪に口を寄せて耳元でささやいた。

天然少女アキナ (29) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:09:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1238-97d8e32b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next