FC2ブログ

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (27)やっと訪れた甘美な喜び

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (27)やっと訪れた甘美な喜び

ああっ、いいっ、きもちいい、よおっ、…。
ああんっ、中学生にまたがってるなんて…。

恥ずかしいけど…。
でも悪いのは、凉輔君だもん、いいよね…。
ああっ、もっと、ペロペロしてえっ、…。
アキナのエッチなあそこ、舐めまくってえっ…。

「…ああっ、はあっ、いいっ、ああっ、もっと…」
美少年中学生の顔にまたがったセーラー服美少女は、
淫靡な喜びに溺れてカワイイ顔を悩ましげにしかめていた。

「…ううっ、ふうっ、ぺろ、ぺしゃっ、ううっ…」
アキナの濡れ濡れのあそこに
お口の奉仕を強制された凉輔は、
年上の女子高生に生意気な態度を取ったことを後悔して
泣きながら舌を忙しく動かしていた。

「うう…、ぺろっ、ちゅぷっ、キタネッ、ううっ、ぺろっ…」
快感にもだえるアキナの後ろのアナが弛緩して、
城島が注ぎ込んだ粘った液が垂れて、
凉輔のアゴからノドにかけてしたたっていた。

もっと、もうっ、あっ、あっ、きそうっ、…。
やっと、ああっ、アキナ、いきそうだよおっ、…。
いくっ、いきそうおっ、ああっ、あっ、あ…、ああっ…。

ぷしゅっ、しゃああっ、…。

快感の高まりにのけぞったアキナは、
大きく広げた股間に開き気味のスジの真ん中あたりから、
温かい水流のほとばしりを噴出させて、
美少年の顔をオシッコまみれのビショビショにしていた。

「…うえっ、ぺっぺっ…、うわっ、きたねっ」
「うう…、わあっ、淫乱バカ女っ、死んじゃえっ」
顔で温かい水しぶきを受けた凉輔は、
アキナのもだえる女体を突き飛ばすと、
泣きべそをかきながら走って逃げていった。

「ああ…、やっと、イケた…」
あっ、ああんっ、気持ち、よかったあっ、…。
なによおっ、失礼ねっ、女子高生のオシッコよ、…。
喜んで、飲みなさいよっ…。
まあ…、おこちゃまに、大人の喜びは、わかんないかもねっ、…。

凉輔に突き飛ばされたアキナは、
絶頂の余韻でまだ女体を震わせる
熱い波を心地よく感じながら、
だらしなく足を広げてM字開脚し、
しっぽり濡れた花びらをさらけ出していた。

すっかり淫乱女になってしまったアキナは、
中学生相手にした破廉恥で外道な振る舞いに
反省するどころか見下してバカにしていた。

あ、やんっ…、あ、そうだっ、パンツ…。
やだっ、もうっ、パンツドロボーの変態っ、…。

女体を暴れ回った快感の波が納まると、
スースーする股間にノーパンを意識したアキナは、
恥ずかしそうにヒザを合わせて顔を赤くした。

コンビニで買ったパンティを凉輔が持ち去ったことに気づいて、
またプンプンと頬をふくらませて癇癪を起こしそうになっていた。

ノーパンじゃ、恥ずかしいし、また、買いに行かなきゃ…。
立ち上がったアキナは、ミニスカのお尻を払うと表通りに向かった。

天然少女アキナ (28) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。
関連記事

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:08:30 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1237-4a009e52
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next