FC2ブログ

== 女子校生アヤ ==

女子校生アヤ (113)ナカ出し

ろま中男3 作品リスト
女子校生アヤ 目次

女子校生アヤ (113)ナカ出し

「…、入るかな」
佐藤をグルグル巻きにして自由を奪った透は仰向けにして足を広げさせると、股間に肘を当てて息子と大きさを比べるように腕を上下させていたが、拳をヌレヌレのあそこに当てた。
「…ひっ、やっ、だっ、あっ、ううっ、ぐうう」
固く結んだ拳を押しつけられた佐藤は、透の魂胆を知って火照った顔を恐怖に引きつらせ、股間に沈んでいく拳に苦しそうな声で呻いた。アブラ汗を垂らす女体に手首まで入れた透が佐藤の顔を見ると、ヨダレを垂らした口がガクガク震えてのけぞっていた。

「…、せんせい、入ったよ」
透は縛られて動けない仰向けのカエルのような佐藤を見ながら、膣の中で拳を動かすと
「ひっ、だ、あっ、やっ、死ぬっ」
膣を破壊される恐怖に顔をこわばらせた佐藤は、自由な足をバタバタさせた。
「せんせい、うるさい」
透は髪を乱した佐藤の顔にまたがると、巨大なままの息子をエロっぽい唇に押しつけた。

「…、先生、大丈夫?」
口をふさがれてもあそこに入り込んで膣をめいっぱい膨張させる拳に、しばらくもがいていた佐藤だったがとうとう意識を無くした。意識のなくなった佐藤の肉感的なイヤラシイ女体をいじっていた透は、荒縄を解くとダランとした女体に覆い被さって挿入した。
「…ふんふん」
脱力した佐藤のあそこは血管の浮き出た棍棒をスムーズに受け入れて、リズミカルにジュブジュブと蜜のあふれる音を響かせた。決してデブではないが色っぽい脂ののった肉布団のような女体に、透は腰を振り続けながらしがみついて暖かい柔らかさにしあわせを感じていた。

「…あっ、はっ、ああっ、はあっ」
意識の戻った佐藤は股間に出入りする棍棒のリズミカルな動きに頭を上下させ、髪を波立たせて湿った甘い吐息を漏らした。生暖かい空気に包まれた佐藤は、快感の高まりにシーツにあてた手をぎゅっと握って、あごを突き出して白いノドを透に見せつけていた。

「あっ、出る」
快調に腰を回転させていた透は息子を突き上げる熱いほとばしりの予感に、柔らかい女体に抱きついて佐藤の顔に頬を寄せると何度か強く腰を押しつけた。
「…あっ、だ、あっ、いっ、ああっ、いくっ…」
生ナカ出しされた佐藤は膣にへばりつく熱い粘った液に粘膜を焦がされる錯覚を覚えながら、絶頂に高められたメスの淫乱な意識に漂って淫靡な笑いを浮かべていた。

女子校生アヤ (114) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:44:44 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/1147-2457fe01
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next