FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(30)マコの誘惑

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(30)マコの誘惑

「キス、しないの?…」
全裸の白い肌を激しい雨と風に打たれているのに、まったく気にする様子のない無表情のマコは、家の中に避難しようとするミナヲにもう一度聞いた。

「レディスコミックの続きなら、家の中でするから」
(やっぱ、おかしいよ…)
帰り道に寄った本屋で買ったエッチなマンガのエロセリフアテレコを思い出してつい口走ったが、マコがレディスコミックの続きをしているとは思ってない。ただ濡れ髪を頬に貼り付けてみつめてくるマコが怖いと思った。
「…、私のこと、おかしい女の子と思ってるでしょ」
屋内へ連れ込まれるのを嫌がるマコは、真剣で冷たい眼差しを向けてきた。大粒の水滴が艶めかしい肌の凹凸を滑って濡らし、若い女体は妖しくも鈍いテカリを放っていた。
「あ?…、ふんっ…」
(もう、めんどくせえ…)
冷たい視線に射すくめられたミナヲは、どうしていいかわからずキスで唇をふさいだ。追い詰められてしたそのキスが初めてのキスだとミナヲは気づいてなかった。抱き合った二人の裸体から冷たい滴がポタポタ落ちていた。

「…、セックスしたい?」
息が続かなくなって口を離すと、とめどなく垂れる雨粒をはじく濡れテカ顔が感情のない声で聞いてきた。
「え…」
(なに?…、マコも、期待してた?…)
続けざまの詰問に精神的に追い詰められたミナヲだったが、性欲に支配された下半身に屹立する愛棒は相変わらず柔らかい下腹に食い込み、マコの処女マンに突入するのを待っていた。
「してもいいけど…、ずっと一緒にいてくれる?」
変わらない無表情で問いかけるマコだったが、その瞳には少女の決意のようなものが漂っていた。

「なっ…、くそっ…」
(めんどくせえっ…)
予想外な言動に翻弄されるミナヲは、癇癪を起こして水滴がポタポタ垂れる女体を抱きしめた。そしてカウパーな汁を垂らす愛棒を股間に差し込み、媚肉の裂け目にこすりつけてスマタをはじめた。
「あ…、や…」
マコの股間は予想外に濡れていた。暴風雨でビショ濡れの冷たい女体だったが、ヌルついた股間の湿り気が雨の滴でないことは疑う余地がなかった。窓を開けたリビングに吹き込む風が二人の体を冷やしていたが、甘い吐息を漏らす裸族娘と触れ合う肌は徐々に熱を帯びてくる。
「ふっ、んっ、くうっ…」
(この、おおっ、はっ、ううっ…)
マコに感じる不可解な空気をかき消すようにキツく抱きしめて腰を振る。反り上がろうとする愛棒をこすりつけるたびに、こじ開けられた亀裂からヌルヌルした汁が溢れてくる。
「あ、んっ、ああっ…」
強い力で抱かれてサバ折りにのけ反るマコは苦しそうなスキマを見せる唇から甘えた吐息を漏らし、外性器をこすって行き来する愛棒を太ももの根本で締め付ける。溢れた愛液でツルツルの股間から太もも根本のくびれがグッショリ濡れて、抜き差しを繰り返す愛棒の潤滑油になっていた。

「ん、くっ、ううっ…」
(やべっ、気持ち、いいっ…、い、イクうっ…)
処女マコを抱いて愛棒をこすりつけるスマタは、マリコの熟女体との本番よりもある意味気持ちよかった。ヌルヌル媚肉と太ももの根本で締め付けられる気持ちよさに鼠径部が痺れる。一瞬意識が飛んだ。尿道をこみ上げる熱い昂ぶりに唸ったミナヲは、無意識に腰を引いて鈴口の狙いをつけると、閉じた媚肉の合わせ目をこじ開けてドロッとした白濁液を放出した。

秀香蘭高校放送部(31)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:00:32 ━ Page top ━…‥・

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(29)ビショ濡れマコ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(29)ビショ濡れマコ

「…、おい、大丈夫か?…」
(はああ、よかったあ…、あれ?…、動かない?…)
意識を無くしてグッタリした熟女体にのしかかって汗で湿った柔肌をまさぐり、脱童貞した射精快感の余韻を噛みしめていたミナヲは、ようやくマリコが気を失っていることに気づいた。

(ま…、大丈夫か…)
時折軽い痙攣をみせる女体が息をしているのを確認すると、命に別状はないと判断して裸族ママに布団をかぶせた。
(次は、マコだ…)
そして2発連続で射精した直後なのに収まらずに元気に反り上がる愛棒を軽く撫でて、次の獲物裸族娘マコの処女を頂戴する気合を込めると夫婦の寝室を出た。

(あれ、いないな…)
2階に上がってマコと思しき部屋を覗いたが主の姿は無く、思春期の女の子っぽい残り香に鼻をくすぐられて愛棒の固さを増しただけだった。
(ん…、風の音?…)
静かだった建売一軒家に台風の強風が響いた。夫婦の寝室に行くまで聞こえてなかったのでいよいよ台風直撃かと思ったが、その音は一階からしていた。

(…、いた…、なにしてんだ…)
階下に降りると風の音はリビングから聞こえる。8畳ほどのリビングは庭に面したサッシ窓が開いて、カーテンが激しく揺れていた。その向こうに暗がりに全裸女体の白い肌がチラチラ見えた。
(おいおい…、ビショ濡れだよ…)
庭に出ると激しい雨と風に裸体を晒した後ろ姿が突っ立っていた。全身に浴びた雨が大粒の水滴となって背中からくびれやお尻の曲面を舐めるように伝い、股間の裂け目や脚の素肌から絶え間なく流れ落ちていた。
(大丈夫なのか?…、見えないか…)
そんな赤裸々な姿を他人に見られるのが心配だったが、マコの家は盛り土で土台が2メートル以上嵩上げされ、庭は身長より高い生け垣が目隠しの役目をしている。マコの全裸姿を近所の住民に見られる心配はしなくてよさそうだ。

「なにしてんだ」
強烈な雨や風に打ちすえられるのを気する様子がないマコは、大きめの庭石が置かれた場所を見ているようだ。マコの予想外の行動には慣れてきたはずのミナヲだったが、滝に打たれる修行僧のような奇妙な行動を問いたださすにいられなかった。
「…、パパ…」
振り返ったマコになんとなく違和感を覚えたが、メガネをしてないからだとすぐに気づいた。雨の滴が絶え間なく垂れる長いまつげの目がしばらく見つめてきて、そして抱きついてきた。
「う…」
(冷たい…、死体?…)
豪雨でビショ濡れの冷えた女体は、さっきまでマリコの熟女体と抱き合っていた温かさをかき消して若い肉体に沁みた。激しい雨に濡れたボブカットから、肩にポタポタ水滴が垂れてますます冷たく感じた。

「か、風邪ひくぞ…、入ろ」
今シーズン初の台風による暴風雨は、思いの外裸の肉体に厳しく冷たかった。冷たいマコの裸体とのダブル攻撃にあっさり音を上げたミナヲは、家の中に避難しようとした。
「パパ、キスしたい?」
上目遣いに顔を上げたマコが無表情に聞いてきた。いつもはメガネの奥で表情がよくわからない目に、悲しい色が漂って見えた。

「…、オマエ、どうしたんだ…」
(な、なに?…、どういうこと?…)
メガネを取ったマコは美少女だった。悲しみをたたえた瞳に魅入られた気がしたミナヲは、無意識に冷たい裸体を抱きしめた。しかし気持ちが萎えても衰えを知らない若い性欲がたぎる肉体は現金で、勃起した愛棒を冷たい女体の柔らかい下腹に食い込ませていた。

秀香蘭高校放送部(30)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:33:29 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old