FC2ブログ

== 秀香蘭高校放送部 ==

秀香蘭高校放送部(16)絶頂口内射精

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
秀香蘭高校放送部 目次

秀香蘭高校放送部(16)絶頂口内射精

「んっ…、はっ、ううっ…」
(ふああっ、気持ちいい…、マコの、フェラ…)
二階に上がった階段前で、シックスナインの体勢になって顔の上にまたがるマコからフェラご奉仕を受けるミナヲは、下半身が蕩けそうな快感を初体験して嬉しそうに悶えていた。

「ん…、どう?、もっと続ける?…」
顔面騎乗位寸前にお尻を浮かせて女の子の大事な部分をミナヲの目前に鮮烈に晒すマコは、完全復活してビンビンにいきり立つイチモツから一旦口を離して聞いた。
「あ、うん…、続けて…」
(なんで、やめるんだ…、さっさと続けろ…)
JKの濃厚フェラを満喫して楽しんでいたエロDKは、突然の中断に若干イラついた口調で続きを促した。
「うん、ちゅっ、ふわっ…」
見当違いな怒りを表すミナヲにやっぱり感情のこもってない声で応えたマコは、カウパー液が滲んだ先端に軽くキスすると口いっぱいに頬張ってクチュクチュ舐めてきた。
「はっ…、くっ、いい、もっとっ」
(うわっ…、いいっ、うまいぞ、マコ、もっと、くうう、吸ってくれえ…)
再開されたお口のご奉仕に沸き立つミナヲは、アソコ丸出しに太ももを広げたお尻のしっとり肌にしがみついた。一本スジに口を当てて濡れたポッチや花びらを舐めながら、さらなる濃厚サービスを要求した。
「んっ、ふっ、じゅぶっ、じゅっ、ずちゅっ…」
勃起チンポを咥えたままうなずいたマコは、潤沢なツバを舌に絡めながら濃厚ブロージョブを繰り返した。前後に揺れる発育良好女体は下向き豊乳の先端で固くなった乳首をミナヲの下腹に擦り付けるという、チンポの根本がゾクゾクする気持ちいい追加サービスをトッピングしてくれた。

「んっ、い、いく…、うっ」
若々しいお尻の張りのいいスベスベ肌にしがみついたミナヲは、舌先で舐めるたびにネットリした滴が溢れるスジに食らいついた体勢で幸せの絶頂に達した。
「う、出るっ、のっ、飲んでっ」
(おっ、んっ、くううっ、飲めっ、マコ、オレ様の…、チンポ液、全部…)
雷に打たれたような快感が全身を駆け巡った。性器丸見えのお尻にギュッとしがみついたミナヲは、ツバでヌルヌルの女子高生口マンコで射精した。

「んっ、んっ、ふ、はふう…」
カリを唇の弾力で咥えて鈴口からあふれる白濁液を舌で受けたマコは、ビクビク震えるサオをしばらく吸って尿道の残滓を吸い出していた。
「…、ん…」
ザーメンを吸い出したマコは、射精快感でぐったり寝そべるミナヲの横で女の子座りした。情けない笑みを浮かべるミナヲをおかっぱボブカットで覆うように覗き込むと、舌の上になんとか溜めた大量のザーメンを見せてきた。
「んっ…、オチンチン壊れてなくて、よかったね…、こんどおんぶするときは、気をつけるから」
それから顔を上げて精液でテカる唇を閉じるとコクンと小さく音を立てて精飲した。黒髪が揺れていつもの無表情に見える顔がまた近づいてくると、さっきのおんぶで尾てい骨攻撃してしまった陰茎が正常に機能することが確認できたと告げた。

「あ、あ、ああ…」
マコの濃厚フェラで口内射精できた満足感に浸ってバカ面で顔を緩ませていたミナヲは、女の子座りして冷たい床に密着したお尻に手を伸ばして撫で回していた。

秀香蘭高校放送部(17)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:57:35 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old