FC2ブログ

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(15)ダブルで中出し注入

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
4.ららみの場合(15)ダブルで中出し注入

「(んっ…)」
痴漢電車で本番セックスされるミキちゃんを羨ましく見ていたら、唐突に私も生チンポ挿入されました。

「(くっ…、あ、ああっ、おっきい…)」
来店されたお客様に勝るとも劣らない巨根が膣に突入してきました。愛液にまみれた膣粘膜が引き裂かれそうなビッグマグナムに、私は思わず悲鳴を上げそうになりましたが、かろうじて口をつぐみました。食いしばった唇のハシからヨダレが垂れ、V字カットされた胸のムチテラする乳肌を濡らしました。
「(あっ、んっ、んっ、ああっ)」
ここは電車の中です。朝のラッシュより空いててスキマがあるので、誰かが見てもおかしくありません。そんなことになったら恥ずかしくて生きていられないと昨日までの私だったら思ったはずですが、生チンポを抽送されるのが気持ちよくすぎて、私はロングカーディガンがまくりあげられた裸のお尻を後ろの痴漢に差し出し、男根をもっとおねだりしていました。

「(ああっ、んっ、い、いいっ、もっとおっ)」
巨根に突き上げられる強烈な快感を味わいながら隣を見ると、ミキちゃんは可愛い顔にすごいいやらしい表情を浮かべています。私もきっとそんな卑猥な表情になっていると思います。特大オチンチンが膣を擦って行ったり来たりするのが気持ちよすぎて、強姦されてないフリをして知らん顔を装う余裕さえありません。
「(す、すごい、いいの、もっとおっ)」
ミキちゃんは抑えた声で喘いでいます。お尻のワレメに差し込まれたペニスの動きに合わせてセクシードレスの女体がよがり踊り、私にだけ聞かせるようにいやらしい声を漏らします。
「(おっひい…、ひふぃん、しゅごひいっ)」
ミキちゃんのエッチな声に合わせて、私もいやらしい声を漏らしました。本当は悲鳴にような大きな喘ぎ声を出てしまうほど感じているのですが、帰宅途中の疲れたオジサンたちに迷惑なので喘ぎ声が口から出ないように我慢しました。

「(ふぇあ、ひふぃんっ、ふあっ…)」
隣りのオジサンがこっちを見て目を丸くして立っています。股間も勃ってるみたいです。おねだりして突き出したナマ尻ぐらいは見られたとお思います。電車で本番セックスされて陵辱される生々しい女体を見られて、私はとても昂ぶりました。巨根が出入りする性器のスキマから愛液が溢れ出ます。
「(ふゃらあ、おっひいっ、こはれひゃふっ、ひいっ)」
私のはしたないアヘ顔に見とれていたオジサンは、抽送を続ける痴漢と目が合って目を逸らし、それからはこっちを見ようともしないで知らん顔でした。私からは見えませんが、痴漢が怖い顔で睨んだんだと思います。

「くっ…、(んんっ…)」
ミキちゃんのはっきり聞こえる声がしたので振り返ると、どうやらザーメン膣中出しされているみたいです。吊り革にしがみついてアヘ顔で天井を仰いでいます。半べそでヨダレまで垂らして気持ちよさそうです。
「(ああ…、いい…)」
生精液注入にイッちゃてるんでしょう。露出過多なミニドレスが生々しくよがってます。痴漢がわざわざコンドームをしてくれるとは思えないので、膣に直接精液を注入されたんだと思いました。赤ちゃんができちゃうんじゃないかと、余計な心配をしていました。

「ひゃあっ、(ひっ、ふぇふゅひいっ…)」
他人の心配をしている場合じゃありませんでした。例のお客様の巨大な肉棒に慣れていたし、十分に愛液が出て潤滑油が十分だったので、大きな男根を抽送されるのを気持ちよく感じていましたが、いきなり子宮を突き上げられて声に出して喘いでしまいました。
「(ふゃひゃ、にゃひいい、ふぇひゃら…)」
すぐに熱いザーメンが膣内射精されました。お客様にされた時みたいに子宮に入りきらない精液が逆流して膣に溢れるのがわかります。目の前がチカチカしてちゃんと目が開けらません。半目でぐったりするミキちゃんの横で、私も子宮内射精されて脳天が突き抜ける快感に悶え、かろうじて吊り革にぶら下がっていました。

痴漢電車の女たち 4(16)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 20:03:31 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old