FC2ブログ

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(30)

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
2.まさみの場合(30)理事長の生チンポ

「嘉浩、もういいのか?」
私が山本くんのオチンチンがまた大きくなるのを密かに期待してペロペロ舐めていると、見知らぬオジサンが入ってきました。山本くんが来たときと同じようなガウン姿でした。

「え、誰っ」
素っ裸で高校生のオチンチンをしゃぶる恥ずかしい姿を見られた私は、みっともない声を上げて山本くんにしがみついていました。山本くんの股間でひしゃげたオッパイが半立のオチンチンを挟んでいました。
「ご主人様」
露出狂メイド服姿の桜田先生が姿勢を正してからきれいなお辞儀をしました。私に背を向けていたのでお尻が丸見えでした。ビラビラがはみ出してないキレイなタテスジも見えました。この時やっと桜田先生がノーパンだったことに気づきました。
「もういいと思うよ、せんせい寝て」
みごとにハゲ上がった中年のおじさんにそう言った山本くんは、私を引きが剥がすとテーブルの上に寝るように促しました。

「うほほっ、いいねえ、やっぱり嘉浩の目は確かじゃわい」
背中に沁みるテーブルの冷たさに耐えて仰向けになった私を、浮ついた声を上げたスケベ中年がいやらしい目で覗き込んできます。山本くんに睨まれた私は隠すことも出来ず、乳首がツンと上を向いたオッパイからくびれ、股間、太ももまで視姦されました。
「山本くん…、こ、これは?」
またまた予想外の展開に私は混乱していました。でも全裸の女体を視姦される倒錯興奮にお腹の奥に潜んだエッチな私は萌えていました。固く閉じたお股のスジからネットリしたお汁を垂らしていました。

「スケベオヤジだよ」
山本くんはそう言いました。それで私は高級車の中で天上人であるお父さんを貶した山本くんの毒舌を思い出しました。
「…オヤジ?、理事長っ!?」
まな板の上の鯉状態の私は、本部の理事長を務める偉い人と初めて対面して声を上げてしまいました。私の裸体を舐めるように見る人は、機嫌を損ねたら即刻クビになってもおかしくない恐ろしい人でした。でも想像したような怖そうなイメージはまったくなく、第一印象はサザエさんの波平をねちっこくしたような丸顔ハゲのスケベオヤジでした。
「山本くんか…、学生以来だな、40は若返るわい」
スケベハゲ理事長は鼻息が当たるくらい近くで私のカラダを覗き込んでいました。セリフの意味が最初わからなかったのですが、山本くんのお父さんは山本くんなんだと気づきました。スケベハゲ理事長は自分が「山本くん」と呼ばれた気になってご機嫌でした。

「じゃあ、さっそく」
私の裸体を隅々まで鑑賞したスケベハゲはガウンを脱いで裸になると、テーブルに上って私に跨ってきました。
「え、なに?」
股間のくぼみに勃起したオチンチンが押し付けられました。色々わからないことが多すぎて混乱するばかりの私は、でも山本くんに本番セックスされる前にお父さんにされるんだということだけはわかりました。
「処女なんだろうな」
混乱して無抵抗な私の足を広げてオチンチンを挿れようとするスケベハゲは、悪代官のような悪い顔で山本くんに目配せしました。
「そうだよ、父さん、処女が好きだもんね」
いつもの無表情な山本くんでした。その顔を見た私はまた山本くんに捨てられた気がして涙がこぼれそうでした。山本くんがセックスしてくれなかったのは私の処女をお父さんに捧げるためだったんだと、その時やっとわかったんです。

「お、んんっ、いいぞ」
悲しみに沈む私の気持ちなんてお構いなしに、山本くんのお父さんは私を犯しました。山本くんとのスマタで濡れ濡れだったアソコはスケベハゲの分身をあっさり迎え入れました。ハアハアと興奮した息を響かせるハゲのニヤけた顔が迫ってきます。私は学校一の人気者である後輩と、結婚を夢見た男の子の前で初めての体験をして処女を失いました。

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(31)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:38:33 ━ Page top ━…‥・

== 痴漢電車の女たち ==

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(29)

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
痴漢電車の女たち 目次

痴漢電車の女たち
2.まさみの場合(29)スマタから口内射精

「せんせい、まだ脱いでないの」
山本くんのお屋敷に来てわからないことばかりの私が桜田先生から教えてもらおうと迫っていたとき、山本くんが部屋に入ってきました。

「え…、あ、うん…」
山本くんはお風呂上がりのようなガウンを着ていました。金持ちのオジサンがブランデーを片手にソファにそっくり返っているときのような格好です。それから股間が膨らんでいました。私はそれを見ながら裸になってない言い訳をしようとしましたが言いよどんでいました。
「ほら」
山本くんはいつもの無表情で私の森ガールのようなポンチョを脱がせると立たせ、サーキュラースカートも脱がせました。
「あ、自分で脱ぐから」
桜田先生に貸してもらったパンティに手をかけられた私は、慌てて背を向けるとベビードールのボダンを外しました。オッパイがブルンと揺れて乳首が痛かったです。露出狂メイド服の桜田先生はすました顔で横を向いて私を助ける気はなさそうでした。

「えっ、あ、まだ」
ベビードールを脱ぐ途中で後ろにいた山本くんがパンティを下げました。放尿授業で濡れたアソコに張り付いていたベージュパンティが剥がれて股間がヒンヤリしました。二人の前で私は丸裸にされました。
「あ、んっ」
それから山本くんが後ろから抱きついて固くなったオチンチンを股間に差し込みました。私はバランスを崩しそうになって大きなテーブルに手をつき、お尻を突き出すポーズを取っていました。
「んっ、ふんっふんっ」
ガウンの下は全裸だったようです。後ろからスマタでオチンチンを行き来させる山本くんは背中にしがみつき、腰を振って荒い鼻息を響かせています。
「あ、だ、め…、桜田、先生が、いるから…」
裸に近いメイド服の桜田先生をさっきまで上目線で見ていた私は、オチンチンを股間に擦り付けられる恥ずかしい姿に羞恥を覚えて震えました。でもオチンチンはヌルヌルのスジを滑って包皮が剥けたポッチや入り口のヒダをコスってきます。私は淫らな気持ちで女体を熱くしていました。

「お嬢様、お気になさらずにお続けください」
そっぽを向いた桜田先生は、玄関で迎えてくれたときのメイドに戻ってうやうやしく頭を下げました。
「気にしなくていいって」
執事の小岩川さんに対する態度のように、教師らしくない振る舞いをする桜田先生を見もしない山本くんは、私のお尻に指を食い込ませて腰を振っていました。

「や、ああっ、ら、めえ」
今はメイドかもしれませんが学校の人気者が見ている前で、慰み者にされるのが恥ずかしかったのは本当です。でも化学の授業でみんなの前でオシッコしたときの恍惚感もなぜだか蘇ってきて、お腹の奥に隠れていたエッチな私が昂ぶっていたのも本当でした。
「ああ、はあ…」
一枚板の立派なテーブルに手をついて、山本くんのスマタを受け止めるようにお尻を突き出す私は、アソコをヌルヌルにして前後にピストン運動するオチンチンに潤滑油を与えて滑りを良くしていました。太ももの内側にオチンチンが行き来する時の雫が飛び散るのに感じて悶えました。
「あ、んっ、は、ああっ」
背中の素肌に抱きついた山本くんはオッパイに手を伸ばして揉みました。固くなった乳首ごと揉みくちゃにしてきます。一瞬桜田先生と目が合いました。かすかに動いた唇が「大きなオッパイ、うらやましい」と言ってたように見えました。私は恥ずかしいのにスゴイ興奮して、アソコからヌルヌルの汁をますます吹き出していました。

「ん、いくよっ」
ハアハア、フンフンと息を荒げていた山本くんが発射宣言しました。
「あ、は、い」
余計なことを考えて挿入してもらうおねだりを忘れていたことを思い出しましたが、もう遅かったです。山本くんの股間の前にしゃがまされて、いろんな粘液でヌルヌルのオチンチンを口にねじ込まれました。

「んっ…」
「ふあっ」
山本くんが腰を突き出して唸ったのと同時に、口の中にザーメンが飛び込んできました。苦いのと美味しいのが一緒くたでした。私はそれを舌の上で受けて飲み込むと、ビクビク震えるオチンチンを吸いました。
「は、はああ…」
頭の上で山本くんの嬉しそうな声がします。私は桜田先生に見られていることなど忘れてお掃除フェラに精を出し、縮んでいくオチンチンをペロペロ舐めていました。

痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(30)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:10:53 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old