FC2ブログ

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (23)アナル拡張からデカチン挿入

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (23)アナル拡張からデカチン挿入

「いいですよ、その調子です」
「いっ、いい、のか、お、尻がいいっ、のか…」
弱点の耳裏を責めながらアナルにサラダオイルまみれの指を出し入れするツトムは、シメ子のどうせ聞こえないと開き直ったような普通の声に煽られて変態チックな興奮にのぼせあがり、苦しみながら妖しく悶える現役女子大生ヨシ美のアナル調教を続けた。

「や、やだあ…、ああっ、でも、あっ、いいっ」
後ろから官能的な女体を抱きしめられてうなじを剥き出しにされたヨシ美は、アナルを拡張される初体験の違和感に身悶えしながら、口吸いが加わった耳裏ホクロの愛撫に欲情していた。
「2本目、挿れてください」
「じゃ、じゃあっ、2本目、挿れてやるっ」
(尻でも感じてんじゃんかっ、もっと悦ばせてやるっ…)
最初感じていたお尻を弄る嫌悪感のともなう心理的抵抗が無くなってきたツトムは、シメ子の短い指示にすんなり従って2本目の指を挿入した。
「あっ、やあっ、あっ、だっ、ああっ、いいっ、やめないでえっ」
アブノーマルプレイの楽しさを知りはじめたツトムは、無意識に2本の指を動かして恥じらいを込めて締め付けてくる括約筋をほぐしていた。アナルをかき回される刺激に思わず緊張して伸び上がったヨシ美だったが、それで耳裏の愛撫が途切れるともっと気持ちよくなりたい欲求をさらけ出し、恥ずかしいおねだりをしていた。

「ヨシ美、お尻の良さがわかってきたみたいです、遠慮しないで奥まで触ってあげてください」
「ん…、うん…」
(すっげえっ、エロいっ、もうっ辛抱たまらんぞっ…)
アナル調教を受けるヨシ美は艶めいた悲鳴を上げていた。性的興奮した幽霊がまたも耳元で囁くと、ヤリマン女子大生を虐めるアブノーマルプレイの楽しさにのめり込んでいたツトムは、汗まみれのセクシーボディに前から抱きつき直して、勃起したデカチンをヌルヌルのスジに素股に擦り付け、挿れたままの指でアナル拡張を続けた。
「あ、い、あ、ああっ、ふうっ、ふぁあっ、ひいうっ…」
耳裏ホクロの代わりにスジから突き出たクリをカリで刺激されたヨシ美は、恥ずかしいアヘ顔を見せつけるようにツトムの腕の中で悶えた。ツトムがヨダレで濡れた唇にチューして舌を挿れてくると、湿った吐息に悶えながら舌を絡ませて応え、口に溜まったツバがかきまわされてぬめる淫靡な音を響かせていた。
「んっ、ふあっ、いひっ、あふひっ、ふわあっ」
愛液まみれのスジを行き来するカリで固く突き出たクリを撫で付けられる多幸感で痙攣気味に悶えるヨシ美は、自らも腰を振って失神スレスレの頂上感を貪欲に求めてよがりまくった。

「もうやっちゃっていいですよ、ただしお尻は続けてくださいね」
ヤリマン女子大生の女体がトロトロに出来上がったのを見計らっていたシメ子は、ツトムに本番開始をそそのかした。
「おっ、んっ、はっ、くっ…、はっ、挿入った」
(もう、挿れてやるっ、こ、ここか、おっ、おらっ、うっ、くうう…)
セクシー女子大生が悶える姿にのぼせ上がって生殖本能剥き出しのケダモノになっていたツトムは、スジから溢れた愛液と先走り汁でビショビショのデカチンを握ると、ヒタヒタのスジに鈴口を擦り付けて入口を探し、引っ掛かりを感じるのと同時に汗まみれに火照った柔らかい女体に抱きついた。

「ひっ…、ああ…」
ホクロとクリの2大弱点をさんざん責められて絶頂寸前だったヨシ美は、尻穴を弄られたまま勃起デカチン膣挿入の快感であっさり頂点に達した。短く断末魔のあえぎ声を上げたヤリマン女子大生の女体はビクビク痙攣して悶絶し、太い幹で広げられた小陰唇の僅かなスキマからネットリした潮を吹いてデカチン根本のモジャモジャをベットリ濡らしていた。

彼女は幽霊 (24)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:42:55 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (22)ヨシ美をアナル調教

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (22)ヨシ美をアナル調教

(はああ…、気持ち、よかったあ…)
ツトムが口内射精した絶頂感の余韻を味わっていると、ヨシ美は顔を上げて涙目を細めた笑顔を見せ、舌に溜まったザーメンが見えるように口を広げていた。

「(飲んでいいよ、って言ってあげてください)」
「(あ…)、飲んでいいいよ」
(シメ子め…、さっきから、なんだってんだ?…)
ヨシ美がするAVでよく見るフェラの締めくくりの作法を、ご主人様に褒めてもらうのを待っている愛玩犬のように見ていたツトムは、肩口でシメ子にアドバイスされると反感を覚えながらまたオウム返しにゴックンの許可を出した。
「うふっ、続き、して…」
うっとりした表情で飲精したヨシ美は、今度は自分が気持ちよくなる番だと思っているのか嬉しそうにさっきの続きをおねだりした。
「(ちょっと待って、って言ってください)」
「…、ちょっと待って」
気持ちよくしてもらったのでお返しにヨシ美のおねだりに応えてあげたいのは山々だったが、またシメ子のストップがかかった。

「(こっち来てください、ここにサラダオイルがありますから…)」
「(あと、あ、よかった、あった、これとこれ、持っていってください)」
ヨシ美にお預けを食らわして若干罪悪感のツトムだったが、目の前で漂うシメ子に手招きされるままキッチンに入ると、サラダオイルと冷蔵庫にあった野菜を持たされた。
「(ヨシ美のお尻、可愛がってあげてください、サラダオイルを塗ってから、最初は指1本だけ挿入してください)」
「えっ…、あ、う、うん…」
(あっ、そういうことかっ…、なんでそこまで?…、)
笑顔でアブノーマルプレイをそそのかすシメ子に、ツトムは小道具の意味を理解して思わず声が出てしまったが、拒否するなんて考えも及ばずに言われたとおりにプレイを開始した。

「ああん…、え、なにするの、そこ、やだあっ」
ベッドに横たわって続きを待っていたヨシ美はお尻に手を伸ばしてくるツトムに触りやすいようにうつ伏せにお尻を向けたが、期待はずれなアナル弄りに声を上げて嫌がった。ツトムはわざわざサラダオイルを用意したことからそうじゃないかと思ったが、ヤリマン女子大生が本気で嫌がっているのでアナルは未開通だと思った。
「あ…、うん…」
はっきり拒絶されて元々乗り気でなかったツトムは思わずシワの寄った中心からサラダオイルまみれの指を離した。
「(大丈夫です、お尻の穴をほぐしながら、耳の後ろ、触ってあげてくださ)」
しかしシメ子は相変わらずイケイケだった。笑い声の混じったSっ気な声で、耳裏の弱点を責めながらならアナル調教も簡単だとそそのかしていた。
「あ、(ああ…)」
AV鑑賞で一通りの知識はあったがアブノーマルなセックスに大して興味のなかったツトムは、やはりシメ子の言いなりになっていた。シメ子の超常能力に操られている気がしたが、それに逆らう気もおきずに言われたままにアナル弄りを再開した。

「あっ、ああんっ…、そこおっ…、あっ、だっ、だめ、んっ、ああっ…」
シメ子の指示は的確だった。スケスケキャミのみのほぼ全裸でベッドに寝そべっていたヨシ美の背中に寄り添うように横になったツトムが耳裏を指と口で愛撫すると、途端に切羽詰った喘ぎ声が上がった。サラダオイルまみれにしたアナルを指を挿入すると拒否のセリフが聞こえてきたが、ヤリマン女子大生の官能的な女体は艶かしく悶え、甘い吐息混じりに耳裏を愛撫される快感に嬌声を上げた。緩んだムチムチ太ももの根本から溢れた愛液がワレメのサラダオイルと混じり、アナルに指を挿入されたお尻がテカテカヌルヌルになっていた。

彼女は幽霊 (23)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:06:01 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (21)ヨシ美の絶品フェラ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (21)ヨシ美の絶品フェラ

「…、はい、ストップ」
弱点の耳裏ホクロとクリトリスを同時に愛撫されて白目を剥いたヨシ美は、だらしないアヘ顔でツトムにすがりついていた。しかしそこでシメ子が強い調子でストップをかけた。

「ひっ、はいっ?」
ヤリマン女子大生をイカせるのに熱中していたツトムは、シメ子の怨霊じみた勢いにビビって性感帯弄りを中止した。ただし振り返ると声がデカかっただけで、歴史研究会で見たような恐ろしい表情ではなかった。
「あっ、あんっ…、え?…、どうしてえ…、どうして、してくれないのおっ」
快感の頂点に達する寸前で中断されたヨシ美は、スケスケキャミに乳首がツンと突き出た乳房をツトムに押し付け、半ベソ顔で続きをおねだりしていた。
「(続きはベッドで、です)」
「あ…、続きはベッドで」
イク寸前でお預けを食らったヤリマン女子大生の恨めしそうな泣き顔に若干怯えたツトムだったが、耳元でささやくシメ子の指示に従って棒読みセリフをつぶやいた。

「…、うん…、こっちきて…」
意地悪な仕打ちにはぐらかされて、女体の奥に潜んだマゾ気質な性欲に火を付けられたヨシ美は、早く続きをして欲しくて唇をヨダレで濡らしたアヘ顔でベッドに誘った。
「(服を脱がしてもらいましょう)」
「…、脱がして…」
のんきな顔で肩のあたりに漂うシメ子はベッドの前で次の指令を出した。息子がギンギンに腫れ上がって臨戦態勢のツトムは、シメ子がどういうつもりなのか考える余裕もなくまたオオム返しにつぶやいた。
「うん…」
快楽の絶頂にイカせてもらうことしか考えてないヤリマンヨシ美は、うっとりした笑みでモッコリ股間の前にひざまずくと、寝間着代わりのジャージをパンツごと引き下げた。
「へ、うひっ…」
(いきなり?、くっ、すげっ、すっ、吸い込まれるっ…、あふうっ、腰が、蕩けるうっ…)
ヤリマン女子大生はジャージのゴムに弾かれた勃起チンポを見るなり、条件反射のように唇を突き出して即尺した。ヨダレまみれの唇とツバまみれの舌が粘着質に絡みついてくる極楽な気持ちよさに、ツトムは情けない顔でのけぞった。
「ちゅっ、はあっ、ちゅじゅるっ、はっ、じゅびじゅっ」
ヤリマン呼ばわりされるだけあってヨシ美のフェラテクは絶品だった。高ぶった荒い吐息にまみれてデカチンのカリからサオまで執拗にお口の奉仕を捧げ、玉袋までしゃぶったヨシ美は恥毛の薄い股間をビショ濡れにしていた。

「あふっ、うっ、ううっ…」
(すっ、げっ、ひうっ、で、出るっ、はああっ…)
昨日初めてリアルな女性と性交したばかりのセックスビギナーは、百戦錬磨のフェラテクにあっさり果てた。裏筋をこみ上げる熱い奔流の快楽に突き上げられたツトムは、ショートボブのウエーブヘアごとヨシ美の頭を抱え、本能的に唇マンコの最奥にねじ込もうと腰を突き出して両手に力を入れた。
「はあんっ…、ふあっ、ちゅっ、んっ…」
チンポしゃぶりに熱中しているように見えたアヘ顔のヨシ美だったが、射精の兆候を見逃さずに口内射精を舌で受とめた。ツトムの腰に手を当てて喉マンコ挿入を阻止すると、唇を目一杯広げるデカチンに歯を当てずにしっかり咥え、ビクビク震える鈴口にすぼめた舌を沿えると粘っこい白濁液をきっちり受け止めていた。

彼女は幽霊 (22)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:46:24 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (20)よがるヤリマン女子大生

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (20)よがるヤリマン女子大生

「用意するから、ちょっと待ってて」
隣の部屋の女性から朝食に招かれたツトムは、促されるままキッチンのイスに座った。

(エロいな…、やらしてくれるのかな…)
キッチンに立つスケスケ下着の彼女はパンティ以外は裸同然で、彼女のなんとなく上目線な感じに若干の反感を感じながらツトムはオスの高ぶりで股間を熱くしていた。
「(彼女はヨシ美って言うんですけど、ヤリマンで有名なんです、やっちゃいましょう)」
ツトムがキッチンに立つキャミに透ける官能的なラインを眺めていると、肩のあたりで漂うシメ子が妖しく笑ってそそのかしてきた。
「(今日はじめてあった人に、それはダメだろ)」
朝の生理現象で息子は元気いっぱいだが、ツトムにこれから近所付き合いする人にいきなりそれはまずいと思った。
「(大丈夫ですよ、耳の後ろにほくろがあるでしょ、そこを優しく触ってあげてください)」
尻込みするツトムにお気楽なシメ子は、ウエーブがかかった茶髪ショートボブから飛び出した耳の裏側にあるホクロがヨシ美の弱点だと教えてくれた。
「(…、ホントか…、じゃあ、ちょっとだけ…)」
セクシー女子大生の攻略法を教えてもらったツトムは、シメ子の超常能力の威力を何度も目の当たりにしていたので、躊躇する気持ちを払拭して乗り気になってしまった。シメ子が憑依してない女性を襲う緊張感に沸き立つスケベ大王は、ヨシ美の後ろにこっそり立った。

「なあに?、えっ、ああんっ」
(すげっ、効果てきめんだよっ…)
ツトムが襲い掛かってくるのは予想通りだったので、後ろから抱きしめられたヤリマンヨシ美は余裕の笑みで振り返ったが、耳の後ろの性感帯をタッチされると艶めかしい喘ぎ声を上げて腰砕けに悶えた。
「(いいですよ、最初は優しく軽く爪で掻くようにしてください)」
かつての同級生がする予想通りの反応に得意げなシメ子は、ハアハアと息を荒げて耳裏の刺激を続けるツトムにレクチャーを続けた。
「(こうか…)」
足元を怪しくして裸同然の背中を押し付けてくるセクシー女子大生のお尻に食い込んだ息子をムズムズさせるツトムは、言われるままに爪を立ててホクロを刺激した。
「あっ、や、あっ、だ、だめえっ、そこおっ、弱いのおっ」
シメ子のアドバイスは的確だった。ホクロをカリカリと刺激されたヨシ美はツトムにカラダを預け、スケスケキャミから突き出した乳首をプルプル揺らしてよがりまくった。

「(クリトリスも触ってあげてください、それで彼女は思い通りですよ)」
耳元でレクチャーするシメ子の声は、野次馬根性なエッチな響きを含んでいた。
「(…、うん)」
シメ子がエロ女な口調になるのに若干引いたが、目の前で悶える女体へのスケベな欲望のほうが勝っていた。スケスケキャミの短いスソにあらわになったパンティに手を入れると股の間に指を伸ばした。
「ひっ…」
茂みの奥のスジは濡れ濡れだった。肉の合せ目から飛び出した突起に触れると、ガクンとのけぞったヨシ美は潮を吹いてツトムの指先をヌルヌルにしていた。
(すげえ、感じてる…)
昨日脱童貞したばかりのツトムは、経験豊富なヤリマン女子大生をこんな風によがらせ、指先がヌルヌルになったことでオスの優越感にのぼせた。
「(優しくさすって、あげて…)」
調子に乗ってホクロとクリの愛撫を続けるツトムはまた指示を受けた。メロメロなアヘ顔でよがるヨシ美に当てられた、シメ子の声も妖しく上ずっていた。

「ああっ、すごっ、あっ、死ぬっ、ああっ、死んじゃうっ、死ぬうっ」
言われたとおりにクリトリスを優しく愛撫すると、振り返ってすがりついてきたヨシ美が火照った女体をすり付けてきた。トロンとした目のだらしない顔で見上げるヨシ美は唇のハシからヨダレを垂らし、下の口からもダラダラとネットリしたヨダレを垂らしてパンティをビショ濡れにしていた。

彼女は幽霊 (21)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 13:48:33 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (19)シメ子の同級生?

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (19)シメ子の同級生?

「ここ穴場なんですよ、まだ新学期始まってないから、独り占めです」
二人は校舎裏の人目につかない林に来ていた。アンに憑依したシメ子は先月まで女子高生だった女体をツトムに押し付けながら、2年とちょっと通った母校のいろんな穴場を知っているのが得意げだった。

「…、シメ子、エッチになってないか…」
ここに来るまでの道のりでスケベな高ぶりが冷めて股間もしぼんでいたツトムは、セーラー服幽霊として出会ったときは処女だと言っていたシメ子が、進んでセクシーポーズを取るくらい積極的になっていることが引っかかっていた。
「あ…、そうかもしれません、愛人さんに憑依した時、あの人のエッチな部分が私に侵食してきたみたいで、あの人の経験値が私にも備わったみたいです」
淫乱女になったことを指摘された(アンに憑依した)シメ子は、憑依した相手に影響を与えるのと同様に幽霊である自分も影響を受けることを教えてくれた。
「はあ…、そういうもんなんだ…」
(…、いろんな女に憑依したら、シメ子は最高のエロテクニシャンになるのか…)
幽霊の超常能力はもう何でも有りな感じがして、ツトムはもう驚かなくなっていた。

「うふふ、ツトムさん、私がエッチ上手になったほうが嬉しいですよね?」
幽霊力でツトムの思考を悟ったシメ子はロリ衣装の女体を悩ましげに揺らし、妖しい視線でツトムを誘っていた。
「…、そうだけど、帰ろうぜ」
今日の半日だけで童貞の筆おろしをして初めてリアルな彼女が出来たツトムは、このままエロに流されてアンをダッチワイフ扱いしてしまうのが怖くなっていた。
「…、そうですか…」
ツトムの態度が急に変わって、ガツガツしすぎる女は嫌われると思ったシメ子は落ち込んだ。
「ツトムくんっ、連絡先交換して、…、じゃあ電話してねっ、待ってるからっ」
しかし急に明るくなって顔を上げたアンは、スマホの番号を半ば強制的に交換すると一人だけ走って行ってしまった。
「オレたちも帰ろうか」
左肩に漂うシメ子が目を合わせようとしないのを見たツトムは、妙に疲れた気がして重い足取りでアパートに戻っていった。それから会話もなく帰ったツトムは引っ越しの残りを片づけると早めに寝てしまった。

(ん…、なんだ?…)
翌朝は、隣の物音で目が覚めた。
「…、えっ」
ドアを開けると隣の洗濯機の前に、ウエーブがかかった茶髪ショートボブの女性がいた。そして彼女は下着姿だった。
「隣に越してきた人?、早慶大?」
スケスケキャミとハイレグパンティの女性は、乳首が透けた下着姿を恥じらうこともなくツトムに話しかけた。
「は、はい、今年、合格して、早慶大生に、なります」
(オッパイ丸見えだよ…、六本木朱美か…)
スケスケ下着にほとんど裸が透けていてもあっけらかんとしている女性に、親世代の懐かしいマンガキャラを思い出しながら、ツトムは朝の生理現象で股間を盛り上げていた。
「じゃあ後輩だ、一緒にごはん食べない?」
股間をモッコリさせてモジモジするツトムを面白そうに見た彼女は、妖しい笑みで唐突に朝ごはんに誘ってきた。
「…、いいんですか?」
初対面で部屋に誘ってくるセクシー女子大生のあられもない姿といかがわしい妄想が浮かんでくるのと同時に、トントン拍子に話が進むことに警戒する気持ちがストップをかけてツトムは躊躇した。

「(いいじゃないですか、彼女は私と同級生ですから心配ありませんよ)」
それまで気配を消していたシメ子が突然耳元で囁いた。振り返ると警戒するツトムを安心させるような笑顔だったが、何か企むような表情に見えた。

彼女は幽霊 (20)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 19:33:59 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (18)スケベしか頭にない年頃

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (18)スケベしか頭にない年頃

「これって春画ですよね、歴史研究会ってこういう本を研究するんですね」
声を上げたツトムに反応したアンは会長の春画を覗きこむと、裸の男女が股間を密着させる卑猥な絵に嫌悪感を見せることもなく、感心したようにうなずいていた。

「…、別にこういうのばっかりじゃ、ないけど…」
ロリ美少女が江戸時代のエロ本を見てもあっけらかんとしているので、逆に恥ずかしそうに顔を伏せた沢村だったが、伏せた目でアンの若々しいナマ足を覗き見ていた。
「うちはゆるいから、何をしようと自由だよ、なにかやりたいことある?」
アンの下半身にチラチラと視線を向ける歴史研究会会長は、サークルの紹介のつもりなのか研究課題に特に縛りがないことを説明した。
「でも、ツトムくんがやりたいっていうなら、アン、一緒にするよ」
会長が話している途中にアンがツトムの腕に抱きついた。ムチムチエロボディを押し付けて意味ありげな上目遣いで見上げるロリ美少女は、大人の女のエロさをほんのりと漂わせていた。
「…、いや、それは、おいおい…」
さっきセックスしたばかりの女体を押し付けられて股間の盛り上がりが変化してしまったツトムは、前屈気味に腰を引いていた。
「私達まだ入学式してないんで、正式な早慶大生になったらまた来ますね」
アンはツトムの股間を盛り上げたことや、会長から視姦されていることにも気付いてないようで、入会できたから用事は済んだといわんばかりに、あっさり歴史研究会の部屋を出ていった。

「なんか、アイツ、目つきイヤらしくなかったか?」
サークル棟を出たツトムは、会長の沢村を悪しざまにけなしていた。
「そういう人なんですよ」
腕を絡めるアンは遠くを見るような横顔で応えた。
「あっ、お前、シメ子だな、いつから憑依してたんだっ」
沈んだその声でシメ子がアンに憑依して操っていたことに気付いたツトムは、さっき誤魔化されたこともあって声を荒げた。
「沢村さんって、本当の変態なんです…」
アンに憑依したシメ子は問い詰めるツトムには応えず、悲しそうに沢村の本性をつぶやいた。

「ところでツトムさんのここも、しっかり変態してますね」
急に明るくなったシメ子はロリエロな女体を押し付けてモッコリ膨らんだ股間に軽くタッチすると、小悪魔な笑みで見上げてきた。
「お、お前、こ、こんなとこで…」
(エッチな体しやがって…、またやらせてくれるのか…)
新学期が始まってないのでキャンパスに人影はほぼ見えないが、公的な場所での破廉恥行為に慌てたツトムはみっともなく腰を引いた。しかし瑞々しい女体を押し付けられる気持ちよさにオスの本性は湧き上がっていた。
「行きましょ、私、いいとこ知ってるんです」
幽霊のシメ子にはツトムの考えていることは筒抜けで、やりたい盛りな男子のスケベな期待に応えてエッチする気満々だった。

「ああ…」
シメ子に憑依されたアンに手を握られた絶倫ツトムは、柔らかい手の気持ちよさにエロ妄想をたくましくした。不気味な薄ら笑いをスケベ面に貼り付けた絶倫少年は、大学の構内で恥ずかしげもなく股間を臨戦態勢に盛り上げていた。

彼女は幽霊 (19)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:55:44 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old