FC2ブログ

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (17)電波系彼氏

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (17)電波系彼氏

「なあに、ツトムくん?」
突然声を上げるツトムに慣れてきたアンはお気楽な笑顔で声をかけた。

「あ、いや、あ、ああっ、本がいっぱいあるんで、驚いて…」
自分以外には見えない幽霊の急激な変化に驚いたとはいえず、ツトムはしどろもどろに適当な言い訳を口走っていた。
「新入生ふたりですけど、入会できますかあ?」
ツトムの苦しい言い訳を全く気にしてないアンは、やっと手を離して部屋の奥に行くと男に話しかけた。
「彼も一緒?」
大部の本から顔を上げた男は、ツトムの存在に気づくと不満そうに聞いた。
「はい、私の彼氏なんです」
男の感情の変化を気にしてないのか気づいてないのかわからないが、アンはお気楽ギャルのノリで自慢げにツトムを紹介した。

「(どうしたんだよ?、怖いよ)」
男に馴れ馴れしいアンがちょっと気になったが、それよりもさっき見たシメ子の顔がトラウマ気味なツトムは小声で問い詰めた。
「(なにがですか?…、ツトムさん、変ですよ)」
振り返った肩口にはシメ子が白々しく目をそらし、Tバックビキニのお尻を見せつけるようにプリプリ振っていた。般若のような恐ろしい表情は完全に消えて元に戻っていた。それに重苦しい雰囲気も感じなくなっていた。
「(…、なんか隠してるだろ)」
シメ子は何か誤魔化そうとしていると直感した。
「(別になんでもありませんよ)」
詰問するツトムにシメ子は二の腕で巨乳を挟みつけて寄せるきわどいセクシーポーズを見せ、しらばっくれていた。

「ツトムくん、また電波来ちゃったの?、入会届、書いて」
ツトムが問い詰める幽霊が見えてないアンは、独り言の多い恋人を茶化してお気楽な笑顔で入会届けを差し出してきた。
「…、ああ…」
(シメ子め、帰ったらシメてやる…)
アンから電波系扱いされてしまったツトムは、これ以上おかしな奴と思われないようにとりあえずシメ子を無視することにして入会届の用紙を受けとった。
「ツトムくんって、春日井さんだったんだ」
入会届を記入するツトムを覗き込んでいたアンは、ツトムの名字を初めて知って大発見したような大げさな声を上げた。
「あ、ああ…」
(そういえば、アンの名字、知らないや…)
その声にツトムは数時間前にあったばかりのアンを何も知らない事に気づいた。
「書きました、よろしくお願いしまあすっ」
入会届を書いたアンは、男にギャルのお気楽ノリで妙に親しげに話しかけていた。
「会長の沢村です、4年です」
男は沢村と名乗ると、ロリ美少女の女体を舐めるように見ていた。特にミニスカからナマ足を眺める目は性欲異常者の目だと思った。

「よろしくお願いします、あっ…」
(目つきがイヤらしいいんだよ、え?、エロっ…)
沢村の目つきが気に入らないツトムは仏頂面で入会届を差し出した。無言で受けとった会長の手元を見たツトムは、それが歴史書というより江戸時代のエロ本である春画だと気付くとまた声をあげてしまった。

彼女は幽霊 (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:36:52 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (16)サークル入会希望

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (16)サークル入会希望

「ツトムくん、サークルどうするの、アンはツトムくんと同じとこがいいな」
幽霊のせいで恋人だと思い込まされたとも知らずに、リア充気分でツトムの腕に抱きつくロリ美少女アンはサークルをどうするか聞いてきた。

「え、あ…、ああ、どうしようか…」
肘に押し付けられる丸みを帯びた弾力にまた股間が騒ぎ出しそうで気が気でないツトムは、サークルには全く関心がなかったので、不意を突かれた問いかけに適当に相槌を打っていた。
「じゃあ、歴史研究会入ろうよ?」
ツトムに希望がないのを見越していたように、アンは具体的な文系サークルの名を上げた。
「歴史?…、アンは歴史が好きなの?」
アンのようなタイプならテニスサークルなどの軟弱な体育会系サークルだろうと勝手に思っていた。というよりテニスウェアをまとったピチピチした女体を鑑賞するスケベ願望を秘めていたツトムは、アンが地味な文系サークルに入りたいと言い出したのが意外だった。

「(ごめんなさい、私が入っていたサークルなんです)」
ツトムの気持ちを察したように肩のあたりで漂う、Tバックのお尻が眩しいビキニ姿のシメ子が囁いた。シメ子はツトムに憑いた幽霊なのでアンには姿が見えないし声も聞こえないが、やっと聞こえるくらいの小さな声で喋った。
「(なんだ、そういうことか…)」
アンがツトムを恋人だと思いこんでいるのはシメ子の気持ちを注入するという幽霊の超常能力のおかげで、歴史研究会はアンがシメ子の希望を代弁したんだとツトムは納得した。
「ん?…、なあにツトムくん、よく聞こえない」
ロリ衣装の大きな胸を更に押し付けて上目遣いに顔を上げたアンが、小声で幽霊と会話するツトムをニコニコして見ていた。
「あ、いや、じゃあ一緒に歴史研究会入ろうか」
シメ子との会話でアンの存在を忘れていたツトムは焦り、あっさりアンの希望を受け入れた。
「いいの、うれしいっ、じゃあ、いこっ」
安請け合いしたツトムに、アンは自分が幽霊の意思に操られているとも知らずに素直に喜んでいた。ツトムの腕をしっかり掴んだアンはサークル棟のある方に歩いていた。
「あ、ああ…」
(そうか、シメ子が知ってるか…)
歴史研究会がどこにあるかも知らないツトムはなかば強引に連れて行かれることに抵抗を感じたが、すぐにシメ子に連れて行かれていることに気づくと、おとなしく従っていた。

「こんにちは、入りたいんですけど、いいですか」
迷わずに歴史研究会の前に到着したアンは、ドアを開けると人懐っこい笑顔で覗き込んだ。
「入会希望?、入って」
部屋の中から男性の声がした。
「しつれいしまあすっ」
お気楽なアンは嬉しそうに部屋に入った。腕を掴まれたままのツトムは一緒に引っ張り込まれた。

「…、えっ」
(なんだ、これ?…、へ?、こええっ…)
薄暗い部屋には歴史書らしい大量の本に埋もれるように男性がうつむいて一人座っていた。部屋に入るのと同時に肩が重くなり、全身が重苦しい空気に包まれるのを感じた。振り返るとシメ子が般若のような形相で部屋の奥の男を睨んでいた。

彼女は幽霊 (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:10:31 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (15)恋人?にナカ出し

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (15)恋人?にナカ出し

「くっ、でるっ」
愛人系美女に2度も放出したあとだったので長く保ったと思うが、ハツモノに近い膣に締め上げられた分身の付け根がしびれる射精の前兆に、ツトムは打ち震えてのけぞった。

「あ、やっ、ああ、だっ、だめえっ」
バックからの激しい突き上げを懸命に受け止めるセミロング美少女が生出し宣言を聞いて苦しそうに呻く。
「だ、だめだっ、出るっ」
外に出さなければと思った時はもう遅かった。尿道がしびれる快感に思わず腰を突き上げたツトムは、固さの残る膣壁に締め付けられる快感に空を仰ぐと分身をドクドク震わせた。
「やっ、あ、ああっ」
腰を抱えられて強制ナカ出しされた若い女体が、膣を焦がす熱い精液につま先立ちに伸び上がる。先端が突き出したオッパイがブルンと持ち上がる。強引な膣内射精にしかめっ面したアンが背筋を緊張させてのけぞり、サラサラしたセミロングヘアがツトムの顔に押し付けられていた。
「うっ、く、うう…」
子宮にナカ出しする快感を貪るツトムは、根本のモジャモジャを濡れた性器の切れ目に押し付け、ビンビンの股間で痙攣する若い女体を押し上げていた。

「…、もう、ツトムくん、強引なんだから…」
ありったけの精を放出したツトムが放心した表情で離れると、ビル壁に寄りかかって息を整えていたアンが振り返り、まるで恋人のような気のおけないセリフを漏らした。
「へ?…、あ、ごめん…」
シメ子の憑依はポンという破裂音とともに解けたはずで、恥じらいを含んだ可愛い笑顔で抱きついてくる美少女にツトムは戸惑いがちに応えた。
「今日は大丈夫な日だからいいけど、もしできちゃったら…、責任とってね」
着乱れたロリファッションを直して尻もちを付いたツトムの横に座って寄りかかってきたアンは、股間に指を当ててすくったザーメンをペロッと舐めた。可愛い顔に似合わないビッチな振る舞いに、ツトムはドキッとした。

「(ツトムさん、よかったですね、同級生の恋人が出来て…)」
アンとのラブラブな状況が理解できないツトムに、肩のあたりに漂うシメ子が楽しそうに囁いた。
「あ…」
突然現れた幽霊彼女に思わず声が出た。
「どうしたの、ツトムくうん?」
寄りかかっていたアンが素っ頓狂な声に顔をあげ、楽しそうな笑みで聞いてきた。

「い、いや、なんでもないっ、(どういう、ことだよ)」
サラサラしたセミロングの頭を抱き寄せてごまかしたツトムは、アンに聞こえないようにシメ子を問い詰めた。
「(うふふっ、憑依してる時に私の気持ちを、意識的にアンちゃんに流れ込ませてました、アンちゃん、男女交際の経験もあまりなかったみたいで、すっかりツトムくんと恋人気分になってますよ)」
怪訝そうなツトムにニコニコして顔を寄せるシメ子は、幽霊の特殊能力でアンにツトムと恋人と信じ込ませる洗脳を行ったことを説明した。
「(そ…、そんなこと、できるのか…)」
どういう仕組みなのか全く理解不能だったが、シメ子の超常能力を何度も見せられてきたツトムはなついてくる美少女の女体を抱く感触をリアルに感じて、信じざるを得なかった。

「ツトムくん、そろそろ行こうよ」
シメ子とのやり取りが終わるのと同時に、アンが甘えた笑顔で見上げてきた。にわかに出来た同級生の恋人に半信半疑のツトムは、戸惑いとニヤけそうな嬉しさと半々で手を引かれて大学に向かっていた。

彼女は幽霊 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:53:19 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (14)ゆっくりと

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (14)ゆっくりと

「あ、ん、そこ、突いてえっ」
欲求不満な愛人美女で経験済だったので立ちバック挿入はすんなり成功した。シメ子に操られたセミロング美少女はつぼみの固さに近い締りのいい小陰唇にカリを咥え込み、お尻をプリプリ振っておねだりしていた。

「んっ、お、くううっ」
スベスベした尻肌を抱えて突き上げたツトムは、潤滑油として愛液が十分行き渡ってない膣のキツさに唸る。
「あ、んっ、いいです、ゆっくり、して…」
乗り移ったカラダが経験豊富でないことを理解しているシメ子は、処女だった頃の気分を楽しむように優しく挿入されることを望んだ。
「あ、ああ…、ゆっくり、な…」
つらそうに目を閉じるセミロング美少女の幼い横顔を見たツトムも、処女と初体験する気分になってしばらく動かずにいた。

「ああ、ツトムさん…、おっぱい、揉んで…」
動かないツトムに若干焦れたシメ子は、張りのいい乳房をゆさゆさ揺らしてナマ乳弄りをおねだりした。
「あ、ああ…」
尻フェチなツトムだったが、処女っぽい固さの残る胸の弾力にゴクンとツバを飲み込むとゆっくりと揉み出した。
「あ、んっ、いい、です、きもち、いい…」
後ろから抱きしめられたセミロング美少女が恥じらいの混じったセクシーなつぶやきを漏らす。固い乳首の弾力が卑猥に蠢く手の動きを拒むように跳ね返してくる。
「ん、オレも…」
艶めかしいつぶやきが憑依したシメ子のものだということを忘れ、19歳の美少女と初体験している気分のツトムは、処女を征服した気分で10代らしからぬ巨乳をゆっくり揉んで楽しんでいた。

「あ、ああ~、い…、いっちゃい、そう…」
後ろから抱きついたツトムが首筋に口を這わせて愛撫する。シメ子はしっとりした愛撫に弱いようで、何度もイキそうになっては10代の女体を痙攣させていた。
「う、うん…、くう…、いい…」
シメ子が昂ぶるたびに膣粘膜がキュンキュン締め付けてくる。ジリジリと挿入し続けてサオを半分以上挿入したツトムは、セクシー美女のペースで進行した激しいセックスとは別次元の快楽にのけぞり、処女が痛みに耐えるつらそうな横顔に無自覚な嗜虐倒錯に泡立つ興奮を味わっていた。

「あ、ああっ、い、いくうっ、いっ、ああっ」
膣壁のヒダまで愛液が染み渡った頃合いに、ツトムはいきなり突き上げた。カサが広がったカリは子宮口を突き破って子宮内に侵入した。それと同時に例のL16 81mm迫撃砲を発射した時のようなポンという音がしてセミロング美少女の体から力が抜けた。
「えっ?、くっ、このっ」
それが憑依の解けた合図だとなんとなく理解したツトムだったが、気持ち良すぎて後戻りはできなかった。愛液でヌルヌルした粘膜のきつい締め付けが気持ちよくて腰が前後に踊った。
「あ、あっ、やっ、ああっ、い、いいっ、ああっ」
反り上がったデカマラが膣だけでなく子宮まで激しく陵辱する。強烈な突き上げにサラサラしたセミロングが乱れて踊る。チンポを抽送する勢いでラブジュースがピンクの大陰唇からあふれ、股間をビショビショにして太もものくびれまでヌルヌルだった。

「んっ、くっ、うっ、ううっ」
シメ子の憑依が解けた若い女体に後ろからしがみついたスケベ大王は、巨乳を乱暴に揉みながら腰の突き上げを続けた。

「あ、あっ、ああっ、あっ、んっ、ああっ」
太ももの付け根を突き上げられて爪先立ちになる着乱れたロリファッションの女体が忙しく上下する。目尻から涙をこぼしす若い女体は悶え苦しみながらビル壁に手をついて、立ちバックでの激しい生本番に耐えていた。

彼女は幽霊 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:50:52 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old