FC2ブログ

== 義姉さんと孝雄 ==

義姉さんと孝雄 (44)水着売り場

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
義姉さんと孝雄 目次

義姉さんと孝雄 (44)水着売り場

(いろいろあるな…、オレたちも、恋人同士に見えるかな…)
伊織に連れられて水着売り場に来た孝雄は色とりどりの水着に目移りしていた。来る前は女ばかりかと思っていたがカップルもチラホラいて、これまではカップルを羨む立ち位置だったのが今はそっち側だと思うとなんだか気持ちが浮いてくる。

「これなんか、どうですか」
恋人気分に浮かれる孝雄と対称的に真剣に水着を探した伊織は、ホルターネックのワンピース状パレオとセットになった水着を持ってきた。孝雄に完全に任せたらどんな格好をさせられるかわからないと考えなおした伊織は、ビキニを熱望する孝雄と他の男に見られても大丈夫な条件に最大限応えた選択をしたつもりだった。
「これ?…、いま着てるのと同じじゃ?…」
(これって水着じゃなくて服じゃないの…、こんなんじゃ谷間が全然見えないし、お尻だって見えないだろっ…)
孝雄は伊織が今着ているゆったりした花柄ワンピースと同じにしか見えなくて不満だった。他のスケベ男どもにエッチな水着姿の伊織を見せたくないのは山々だが、妄想の伊織はもっとエロくて恥ずかしい水着を着ていたからだ。
「これ、脱げるんですよ」
明らかに不満そうな孝雄に伊織は照れ笑いを浮かべると、パレオをはずして下に着るビキニを見せた。
「え…、あ、そう…、いいんじゃない…」
ビキニは肝心な場所を隠せるだけの最小限の布地とヒモだけで出来ていた。きちんと処理してないと恥ずかしい毛が見えてしまいそうな小さな三角Tバックパンティは、孝雄の妄想する変態水着そのもので、希望通りのエロ水着を着た伊織を妄想した孝雄は、スケベ笑いに股間をモッコリさせてうなずいた。
「よかった、これ同じデザインの男性用もあるんですよ」
納得した孝雄に嬉しそうな伊織は、同じ柄の男性用水着も持ってきていた。
「えっ、それは…、あ、ああ、これね、いいんじゃない…」
同じデザインをヒモと最小限の布地だと勘違いし、ボディビルダーのようなモッコリパンツを想像した孝雄は情けない顔で尻込みしたが、見せられた水着が同じ柄というだけの十分な布地で作られたサーフパンツだとわかって安心した。

「じゃあ、これにしましょうか」
孝雄の了解を得て嬉しそうな伊織は会計しようとした。
「い、いや、まて、これもいいんじゃないか」
伊織が試着する恥ずかしい姿を覗こうと目論んでいた変態は、このまま会計してしまったら計画が台無しだと焦って、ペアのマネキンが着ていた水着を差した。
「え…、これですか…」
マネキンの着るビキニは買おうとしたものより布地が多かったが、ユニオンジャックがそれぞれのカップとパンティの前後にプリントされたデザインだった。マネキンは乳首の位置から英国国旗の赤と青のストライプが放射状にデザインされたブラをつけ、パンティもアソコを中心に同じようなデザインだった。今度は伊織が恥ずかしい場所を強調する派手なデザインの水着を付けた自分を想像して尻込みする番だった。
「着てみたら、どっちがいいかわかるよ」
伊織とは反対に孝雄は妙に嬉しそうだった。乳首やアソコの大事な部分をわざわざ教えるように放射状に赤や青の帯が広がるデザインが、孝雄のマニアックな変態嗜好をくすぐっていた。そして当初の目論見通り試着して裸になる伊織に覗き行為する期待にワクワクする孝雄だった。

「…、そうですね…」
妙に嬉しそうな孝雄をがっかりさせるのが忍びないと思った伊織はしぶしぶうなずいた。自分で選んだパレオ付き水着と一緒に、棚にあった赤や青のストライプが目立つ水着を手にとって試着室に向かった。

義姉さんと孝雄 (45)につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 04:18:04 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old