FC2ブログ

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (7)ツトムとシメ子

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (7)ツトムとシメ子

「買い物行くんだけど、一緒に行くだろ」
話が一段落したと思ったツトムは昨日買い忘れたモノを買いに出かけようとした。

「はい、…というか、取り憑いちゃってますから、ツトムさんからは離れられないんですけどね…」
幽霊の自分をありのまま受け入れてくれたのが嬉しいシメ子は、出かける準備をするツトムをデート気分でニコニコして見ていた。
「その格好、やっぱり変じゃね?」
ドアを開けようとしたツトムはセーラー服姿のシメ子が援交相手に見られる気がして、別の服装を要求した。
「私が見える人って、滅多にいないんですよ」
取り越し苦労で余計な心配をするツトムに、幽霊の自分が見える人間はよほど霊感の強い人間だと説明した。
「オレの霊感が強いってこと?…、でもオレの前の住人も見えたんだよね?」
この部屋が幽霊の出る物件とウワサだったのは、前の住人にもシメ子が見えていたはずだと思った。
「ツトムさんは私の、ボーイフレンドだから…、それに前の人にもわざと見えるようにしたから…」
シメ子は公認ガールフレンドであることに嬉しそうに恥じらっていた。シメ子は以前の住人にもツトムの前に現れた時のように霊体エネルギーで実体化していた。

「そういうこと…、じゃあ、どんな姿してても、オレ以外には見えないってことっ」
前住人が幽霊のシメ子を見て驚く様子を想像して笑うツトムは、どんなコスプレをさせてやろうかとスケベ妄想を巡らせていた。
「そうですね…」
ツトムがエッチな妄想をしていることなどわからないシメ子は、ニヤけ顔を不思議そうに見ていた。
「じゃあ、ビキニ姿になってくれっ、Tバックのっ」
バニー姿も捨てがたいと思ったツトムだったが、ここは王道だと決めると春先の往来には全く不自然な水着姿を要求した。
「ビキニ?…、はあ…」
ツトムがスケベ大王だとまだ理解してないシメ子は、季節感を全く無視したビキニ姿になる必然性が理解できないままうなずいた。
「やっぱ、まだ寒い?」
シメ子の納得してない様子に、やっぱり調子に乗りすぎたとツトムは反省した。

「あ、幽霊ですから、それはないです、こんな感じでいいですか?…」
しおれるツトムになんだか悪いことをした気分のシメ子は申し訳なくて、すぐに純白ビキニ(Tバック)を着用した姿に変身した。
「おおっ、すげっ、やっぱナイスバディ、え、あれ?」
まぶしいくらいのセクシー水着姿にあっさり機嫌を直したツトムは、後ろに回ってほとんど丸出しのすべすべ尻肌を触ろうとしたが今度も空振りした。
「あっ、ごめんなさい…、すぐに実体化しますからっ」
お尻の感触がないことにがっかりするツトムに、シメ子はまた申し訳なくて落ち込んだ。ツトムに悦んで欲しくて禁じ手の実体化を申し出た。
「えっ、それはダメだっ、見るだけで我慢するからっ」
霊体エネルギーを消耗する実体化は「無」になることだけは理解していたツトムは、捨て身の奥の手を慌てて阻止した。

「…、はい…、うれしいです…」
自分が「無」になることを阻止しようと必死になるツトムがうれしくてまた涙ぐんだシメ子は、幽体のままツトムの腕に寄りかかっていた。

彼女は幽霊 (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:13:25 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (6)専属コスプレ幽霊

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (6)専属コスプレ幽霊

「オレに取り憑いちゃうってこと?、まあいいけど…、あっ、それじゃ浮気できないじゃんっ」
美少女幽霊シメ子に取り憑かれることにまったく恐怖心を感じてないツトムはまったくお気楽な様子で、ただ常に監視されていては他の女子にちょかい出せないことが残念だった。

「あ、それはぜんぜんいいです…、っていうか、これからは私以外としか、セックスできないっていうか…」
幽霊を全く怖がらないツトムにちょっと安心したシメ子は、浮気はまったく問題ないと説明した。
「どういうこと?」
申し訳なさそうなつぶやきの意味がわからず聞き返すと
「あの、さっきは実体化してツトムさんとセックスしましたけど、それってすごい霊力を消耗するんです…」
また意味不明の応えが帰ってきた。
「実体化?…、エクトプラズムみたいなこと?…」
合理主義者でも超常現象にそれなりの知識のあるツトムは、なんとか理解しようと聞き返した。
「そうですね…、ちょっと触ってもらえます?」
言葉だけだと理解しにくいと思ったのか、シメ子はセーラー服の白地にリボンの赤が生々しい胸をつきだした。
「うん…、あれっ、ないっ」
なんちゃって制服の胸にスケベっ気をもよおしてムラムラしたツトムだったが、差し出した手にはなんの手応えもなかった。

「幽霊ですから、これが普通なんです…、さっきは実体化してツトムさんに気持ちよくなってもらいましたけど…、実体化で霊力を使い過ぎると…、消滅しちゃうんです…」
カラダを素通りする手を残念そうに見下ろすシメ子は、実体化が幽霊の存在エネルギーを大量に消費する大技だと説明した。
「消滅って、成仏するってこと?」
さっき揉みまくった豊満な弾力を感じないことにやっとシメ子が幽霊だと認識したツトムは、消滅とは天国に行くことかと思った。
「そうじゃなくて、霊体エネルギーがゼロになったら『無』になるんです…、デスノートの所有者が死んだら『無』になるっていいますよね、そんな感じです…」
自殺して地縛霊となってからはこのアパートの部屋だけが世界のすべてで、天国や地獄と言われる霊界の世界を未だ知らないシメ子は、霊的エネルギーがなくなった時に幽霊としての自分はこの世でもあの世でも消えてなくなるのだと説明した。

「そうか…、じゃあ、実体化はもう無しだなっ」
科学的な裏付けが全く無い説明は合理主義者のツトムにはほとんど理解できてなかったが、せっかくいろんなコスプレをしてくれるガールフレンドが出来たのにいなくなるのは惜しかった。ツトムは今後は実体化をさせないと決めた。
「あの、消滅したら…、私という幽霊から開放されるってこと…、なんですけど…」
幽霊の事情をあっさり受け入れてくれるツトムが嬉しい反面、幽霊という得体しれない存在から開放されたほうがツトムにとっては幸せじゃないかと思って、シメ子はおずおずと聞いた。
「そんなのダメだろっ、シメ子はオレのはじめてのガールフレンドなんだから」
シメ子をもう自分専用のコスプレ美少女だと決めつけていたツトムは、離れようとするようなセリフを思いっきり否定した。
「じゃあ…、いつも一緒にいて、いいんですか?」
これまでの入居者とは正反対の反応にシメ子は驚きながら、当たり前のように自分を受け入れてくれるツトムが嬉しかった。

「ああもちろんっ、いろんな格好、見せてくれなっ」
目を潤ませる幽霊を物珍しげに見る脳天気なツトムは、美少女のエッチなコスプレ姿を妄想してご機嫌だった。
「いいですよ…、ツトムさん霊感が強いみたいだから、あまり努力しなくても、見てもらえるみたいだし…」
霊体エネルギーを使わなくてもセーラー服姿が見えているのは、合理主義的考え方で見えるものをそのまま受け入れるツトムと相性がいいだけで、ツトムの霊感が強いというのはシメ子の勘違いだった。しかし幽霊だというだけで拒絶したこれまで住民と全く違うツトムと出会えた幸運をシメ子は素直に喜んでいた。

彼女は幽霊 (7)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:48:53 ━ Page top ━…‥・

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (5)霊界の掟

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (5)霊界の掟

「はあ~、えがったあ~」
幽霊にはとても見えないセーラー服美少女を相手に脱童貞し、2回も膣内射精してしまったツトムは満足そうだった。

「あのお…、解いてもらって、いいですか…」
地縛霊を自縛するというオヤジギャクのノリで縛られていた幽霊美少女は、ザーメンが垂れる性器が丸出しになったM字開脚の仰臥姿で引っ越しヒモの縛めを解くようにお願いした。
「あ、そうか、悪い悪い」
まったく悪びれる様子のないツトムは彼女を起こしてやると緊縛を解いてやった。締め付けられてロケット状に突出していた乳房が開放されてたゆんと揺れた。乳房の上下にヒモの赤い痕がついていた。
「あの、自己紹介させてもらっていいですか…」
まず性器から垂れるザーメンを拭きとった彼女は、乱れたセーラー服を直すと正座してツトムに向き直った。
「ああ、そうだね、オレ、春日居ツトム、4月から早慶大学1年」
ツトムはミニスカプリーツのギザギザ模様で区切れたナマ太ももをスケベな目で見ていた。童貞は卒業してもまだ大学に入学してないツトムは、第一志望で現役合格した大学の名をドヤ顔で口にした。
「…、知ってます、このアパート近いから、早慶の学生が多いんです…」
濡れたアソコに食い込むパンティが気になる幽霊美少女は、太ももをソワソワさせて可愛いヒザ小僧をすりつけながら上目遣いで応えた。

「そうか…、そうだよね…」
前髪に半分隠れた上目遣いの萌え目線にまたも性欲をもよおしたやりたい盛りの10代は、あぐらをかいたままジリジリとにじり寄っていた。
「私も早慶でしたから…、3年の春までですけど…」
スケベオーラをにじませて近寄ってくるツトムに心持ち逃げ腰の幽霊美少女は、先輩だったことを告白した。
「へ…、オレより年上?…、じゃあ21歳ってこと?」
名門大学の先輩にムラムラした気分が落ち着いて若干腰の引けたツトムは、年上女性のセーラー服姿に違和感を覚えてマジマジと見ていた。
「そうです、享年21です…、あ…、これはツトムさんが、好きかなって思って…」
年上なのが後ろめたい様子の幽霊美少女は、なんちゃって女子高生姿を見る好奇な眼差しに真っ白な頬を若干赤らめ、ツトムの好みに合わせたことを説明した。

「まあそうかも…、でもロリコンじゃないからっ」
まだ高校生気分が抜けない現役合格のツトムは、幽霊の神通力?で見透かされた女子高生好みを否定出来なかったが、ロリコン趣味ではないことを念押しした。
「あ、あのっ、そういう意味じゃ…」
変態趣味じゃないと前のめりになるツトムにのけ反った美少女幽霊は、めくれたミニスカを直して慌ててフォローした。
「あ、そう…、いろんな格好ができるんだ、いいねえ…、ところで名前は?」
変態趣味の疑いが晴れてあっさり機嫌が治ったツトムは、自由に服装を変えられるならいろんなコスプレが楽しめると嬉しくなって、途中だった自己紹介を促した。

「生前は横山シメ子…、戒名は清浄院哀雨信女、です…」
ご丁寧に戒名まで名乗ったシメ子は、なにか言いたげだった。
「ふうん、じゃあシメ子だね」
よくわからない戒名を聞き流したツトムは生前の名前で呼ぶことにした。
「それで、あの…、ツトムさんと、私、セックスしちゃったんで…」
年上の先輩を呼び捨てにするツトムを気にしてないシメ子は、やっと本題を切り出した。
「そうだね、幽霊の彼女って、ちょっといいよね」
セックスをしたという実際に経験した現実をありのままに受け入れ、この世のものではないとされる幽霊という超常現象にこだわらない合理主義者のツトムは、コスプレもしてくれる幽霊のガールフレンドが出来たことが嬉しそうだった。

「私、今まではこの部屋の地縛霊だったんですけど…、ツトムさんとセックスしちゃったんで…、これからはツトムさんに憑いちゃうんですけど…、いいですよね?」
脳天気に浮かれるツトムにシメ子は申し訳無さそうな様子で、幽霊界の掟で肉体関係などをして情を交わした相手に取り憑いてしまうことを告げた。

彼女は幽霊 (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:13:56 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old