FC2ブログ

== 隣のナミさん ==

隣のナミさん (5)後背位で激しく挿入

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のナミさん 目次

隣のナミさん (5)後背位で激しく挿入

「うんっ、ひっ…、あ、ああっ、お願い…、やめてえ…」
シンクに寄りかかる那美は素肌に食い込むステンレスに冷たさに下腹をゾクゾクさせたが、悠希の指が濡れた肉をかき回してグチュッヌプッズボッといやらしい音を奏でるのに合わせ、キャミがまくりあげられてほぼ全裸の女体を苦しそうによがらせていた。

「ヌルヌルだ、どんどん溢れてくるよ…、ここがいいんだろ…」
指マンに悶えるタレ目美女の痴態に満足そうな笑いを浮かべた悠希は、スジの上端から突き出た突起をイジってさらに悶えさせる。シンクのヘリに手を付いて背筋を反らす那美はおねだりするようにお尻を突き出し、お尻のワレメに押し付けた手が女性器を触りやすくしていた。
「はあっ、んっ…、や、あっ…、これ以上は、あっ、はっ、許して…」
感じる突起をコリコリ刺激されてビクッビクッとのけぞり、艶かしい素肌をさらした女体をブルブル震わせてよがらせる那美は、キュウウッと膣中に入り込んだ指をヌルヌル粘膜で締め付ける。感じすぎて抵抗できず、浪人の欲望にもてあそばれる那美は涙に濡れたタレ目を後ろに向けて懇願していた。
「ふっ、オレが許しても、こいつがもう我慢できないってさ…、ほら、先が挿ったよ…」
涙を溜めて欲情した吐息にまみれる和風美人に昂った悠希は、ジャージズボンをズリ下げるとビンビンの息子を取り出して狙いを定め、カウパー汁で濡れた先端が肉の合わせ目に食い込んだ。
「ふうっ、もう、だめだ…、挿れたくて、たまらないっ」
悠希はシンクのヘリに腰を当てて突き出したお尻を広げ、ヌルヌルに濡れた肉の合わせ目に食い込んだ先端を確認しながらゆっくり挿入していった。クプッンププッと男性器を咥え込んだ下の口は柔らかい唇がサオの形に広がってネットリしたヨダレを垂らしていた。

「はあっ、だ、だめ、んっ、あ、あんっ、こんなこと、しちゃ、はっ、あっ、んっ」
後ろからのしかかる悠希に両手首を掴まれて身動きできない那美は、膣奥を目指して侵入してくる男根に背筋を逸らして涙をこぼす。
「はっ、だ、めえ…、はっ、これ以上、は…、お、願い…、はっ、ああ、挿れないでえ…」
太い幹を咥え込んで丸く広がった小陰唇から溢れた汁が薄い茂みを恥丘に貼り付けていた。シンクのヘリに押し付けられて変形した乳房から押し出されるように乳首が突き出し、広げた太ももがビクビク震えて性器から垂れた愛液が汗のよに濡らしていた。
「はあっ、ふ、ううっ…、挿ったよ、奥まで…」
シンクに倒れこんだ女体のヒジをつかんで腰を突き出した悠希は、サオの太さにあわせて円形に広がった小陰唇に根本のモジャモジャを押し付けると満足そうな溜息を漏らした。
「すごいよ…、ヌルヌルで、あったくて、すごい、気持ちいいよ…」
尻タブの合わせ目に股間を押し付けて震える背中に密着した欲情浪人は、下から支えるようにした手の平で巨乳を揉んで乳首の固い弾力を指先でもてあそび、涙をこぼしていやらしい喘ぎ声が漏れるのを我慢する那美の耳元につぶやいた。

「いくぞっ、ぐうんっ」
キャミひもがたるんだ肩にアゴをのせた悠希はおもいっきり突き上げた。
「ひっ…、あっ、んっ、いっ、ひっ、はっ、あっ、んっ…」
美巨乳を鷲掴みされた女体がズチュッズチュッと肉棒が出入りするいやらしい音に合わせて前後し、せっぱ詰まった切ない吐息が漏らす。包皮から顔を出したクリを押し出すように後背位の浅い角度で侵入する男根がGスポットをコスってオシッコの管を圧迫する。抜け出る肉棒が小陰唇を引っ張り出し、それを包み込むように大量の愛液にまみれた大陰唇が両側で盛り上がっていた。
「すっ、すきなんだっ」
激しい挿入による全身運動で息を切らした悠希は汗で濡れた背中に覆いかぶさり、すすり泣きしてよだれを垂らすタレ目美人のアヘ顔を覗きこんだ。肉欲に抗えないオンナの顔を初めて見た気がして興奮した浪人は思わず口走った。
「はあっ…、だめ…、はっ、こんなこと、はあっ、もう、やめて…」
那美は激しい挿入がやんで一息ついたが、火を付けられたメスの本性はもっと激しく挿入されることを望んで膣壁をキュウウッと締め、生挿入でビクビク震える男根を圧迫した。

「んっ…、気持ち、いいんだろっ、ビチョビチョだぞ、欲求不満オンナっ」
豊潤な愛液でヌメる膣膜の強烈な締め付けにのけ反った悠希は挿入を再開した。ズチュッパチュッと肉棒で愛液をかき回す卑猥な音を響かせ、いやらしい声が出ないように口を押さえる那美のよがり顔を覗き込む。
「や、激しいっ、あ、はっ、もう,私っ、んっ、ふわあっ、ふあんっ…」
激しい挿入から逃げ出そうとしてアゴを突き出した那美だったが、悠希は口を押さえる手と一緒に頬を引き寄せるとディープキスした。挿入されたまま口腔内を舌で陵辱された那美は籠もった喘ぎ声を漏らして悶えるだけだった。

「ぎゃ、びいいっ…、あ、あああ…」
タレ目アヘ顔の艶かしさに興奮した悠希は、唇と舌をなぶりながらおもいっきり突き上げた。ドビチュッと愛液が弾ける派手な音がするのと同時に那美はビクンとのけ反り、涙で濡れたタレ目を白目にひん剥いた。快感の頂点に突き上げられた女体は血管の浮いた男根で広がった薄い小陰唇のスキマからビシュっと潮を吹き、子宮口を一気に貫いた肉棒をヒダヒダ膣粘膜で強く締め付けていた。

隣のナミさん (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:34:52 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old