FC2ブログ

== 隣のナミさん ==

隣のナミさん (4)キッチンで後ろから

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のナミさん 目次

隣のナミさん (4)キッチンで後ろから

「あ、荷物の整理終わった?」
悠希が洗濯機から取り出したシミ付きパンティの匂いを嗅いで恍惚としていると、突然ドアが開いて那美が顔を出した。さっきみたTシャツから着替えたのかキャミの大きく開いた胸元から溢れそうな巨乳が張りつめたツルツル乳肌と、ボリュームのある丸みがせめぎ合う深い谷間が目に飛び込んできた。

「ひえっ、は、はいっ」
(うっ…、み、見つかった、もう、だめだ…)
ドアが開くのと同時に反射的にパンティを後ろに隠した悠希だったが、絶対見られたと思い込んで目の前が真っ暗になった。それでも後ろめたそうに下げた視線ははちきれそうな乳肌を凝視していた。勃起した股間を隠すのも忘れた悠希は、性犯罪で捕まってうなだれる自分の映像が去来し、心臓が飛び出しそうなほどバクバク鳴っていた。
「そう、じゃあ、冷たいものでも飲む?、ちょっと休憩しようよ」
しかし那美はパンティの臭いを嗅ぐ変質者を目撃しなかったのか、ニコニコ笑って部屋に誘った。
「え…、あ、は、はい…」
犯行現場から一刻も早くこの場から逃げ出したいパンティ泥棒だったが、逃げたらよけいに疑われるという思いがその場にとどまらせた。それに美人のお誘いを断るのは、とんでもなくもったいなく思えた。

「そこに座って、ちょっと待ってね」
尻ポケットからはみ出したパンティを後ろに回した手でねじ込む挙動不審の悠希が部屋に入ると、彼女はキッチンテーブルのイスをすすめてからシンクの上の棚を開けて背伸びしていた。
「は?…、あっ…」
(うっ…、あっ、ノーパン?…)
つま先立ちで手を伸ばして官能的な女体の曲線を見せるキャミの後姿は、肉のたるみが柔らかそうな太ももの根本で急に丸く膨らんだ下尻の肌まで見えた。エロチックな光景に息を呑んだ悠希はキャミの短いスソからチラチラするツルツルした丸みを凝視しながら、パンティが自分のポケットの中にあるのだから彼女は今何も穿いてないと思った。徐々に前かがみになった悠希はキャミのスソを覗き込むまでカラダを伏せた。


「誘惑しやがってっ」
パンティを穿いてないのを確認した悠希はシンクの前で背伸びして手を伸ばす那美に後ろから襲いかかった。
「え、なにするの、やめて、はあっ、んっ…」
いきなり襲われて戸惑う困りタレ目顔の那美のアゴを掴んで上を向かせると、悠希は厚めの唇がだらしないスキマを見せる口に吸い付いた。
「あふ、んっ…」
暴走した欲情浪人は不自然によじられた女体の柔らかい弾力を強く抱きしめ、唇ごと舌をねぶってディープキスの蕩けそうな快感を貪った。
「あ、んっ、やめて、そこは、だめえ…」
後ろにねじられた女体はキャミをまくりあげられてナマ乳を揉みくちゃにされた。下から支えるように両手で揉み合わされた巨乳が付き出た乳首を絡み合わせる。乳房から降りた手がノーパンの股間をまさぐり、茂みの奥に入り込もうとする。
「見せつけてやがったくせに…、カマトトぶるなよっ」
ハアハアと息を荒らげた悠希は前から届かないとわかるとお尻のワレメに手のひらを当て、差し込んだ指で濡れた亀裂をこすりつける。
「あっ、ん…、だ、め…、そこだけは、あ、んああ…、許してえ…」
亀裂に入り込んだ指を濡れたヒダ肉で締め付けた女体がつらそうにのけぞる。ヌプッと入り込んだ指はさらに奥を目指した。濡れた媚肉にヌププププっと埋没した指がヒダ粘膜をかき回すと、切なげな喘ぎ声を漏らして成熟した女体がゾクゾクと震える。

「ふっ、入ったよ、指が…」
ハアハアと切羽詰まった息を漏らして震え、乳首が勃起した乳房をタプタプ波立てて涙を溜めたタレ目美女の困り顔を満足そうに眺める悠希は、挿入した中指をヌルヌルにした切れ目を思う存分かき回すサディスティックな興奮で異様な笑みを浮かべていた。
「ふふっ、柔らかい肉が絡んでくるよ…、ヌルヌルで気持ちいいよ…」
泣きそうな顔で悶える女体の柔らかい弾力に密着して勃起した息子を擦り付ける悠希は、お尻のワレメに当てた手を振動させてアソコに挿入した指先を激しくバイブレーションし、ヒクヒク震えて愛液を垂らす泉の肉の合わせ目に神経を集中していた。

隣のナミさん (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:02:59 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old