FC2ブログ

== 緊縛人妻華恵 ==

緊縛人妻華恵 (9)車内強制手コキ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
緊縛人妻華恵 目次

緊縛人妻華恵 (9)車内強制手コキ

(え、なに?…)
隣に座った高校生にナマ太ももを無抵抗にまさぐられていた華恵は、今度は抱きつかれて胸の谷間に顔をグリグリ押しつけられ、手を彼の股間に持って行かれた。

(あ、オチンチン…、やあ、勃ってる…)
スイカップの谷間に顔を埋める少年の頭越しに、引っ張られた手が勃起した男性器を握らされるのが見えた。少年は通路側の膝に置いたカバンで股間を隠して性器をモロ出ししていた。
(ああ、夫より、おおきい…、ああん、やだ、何考えてるの…)
久しぶりに見るソレは夫のより立派に見えた。ズル向けの先端からは透明の汁が滲んで妖しくテカっていた。
(はあ、変態なの?…、ん…、高校生なのに…)
非日常な非常事態に悲鳴を上げることも出来ない弱気な人妻は年下男子のなすがままだった。夫が隠し持っていたSMビデオに出てくるのは大人の男ばかりで、10代の子供が変態行動することが信じられなかった。

(あ、や、やだあ、ああ、オチンチン…)
無抵抗に女盛りの女体を弄ばれる人妻を舐めてかかる少年は、勃起した性器を震える手に握らせるとゆっくり上下させた。
(やあん、舐めちゃ、はあ、いやあ…、ああ、オチンチン、固い…)
胸が開いたワンピをアゴでズリ下げた少年は、フンフン鳴る鼻息でノーブラの乳肌を湿らせ、柔らかい弾力に顔をこすりつけて吸い、血管の浮いたサオを華恵に強制手コキでご奉仕させた。
(ああ、こんなの挿れられたら…、は、ああ、やだあ、何考えてるの…)
客のまばらなバスの車内で半乳にワンピを下げられ、強制猥褻行為を甘んじて受ける華恵は若い勃起チンポに貫かれる妄想をして欲情していた。握らされた熱いイチモツが女体の芯を痺れさせ、それに貫かれる想像をしてフワフワしてしまう自分が恥ずかしかった。

(え、やっ、ああっ、吸っちゃ、あ、ああっ、だめえ…)
少年はさらにワンピをズリ下げてモロ乳に剥き出した。左乳を揉み砕き、右乳のツンと突き出した乳首を口に含んだ。固くなった乳首を舌先でペロペロ舐めて乳輪ごと吸引した。
(あ、んっ、や、そこっ、だめっ、あんっ、触ら、ああっ、ないでえ…)
オッパイを愛撫される快感に悶え、ガマン汁が垂れてヌルヌルの勃起チンポにご奉仕を続けていると、股間に手が入り込んできた。太ももの根本に入り込もうとする指先に変態股縄フンドシを思い出した華恵は、かろうじて手首を押さえた。

「(…、やめるな、続けろ)」
チンポから手を離した華恵にオッパイの谷間から顔を上げた彼が強張った顔がすごむ。まなじりを上げた目が手コキ続行を強要した。
(ひんっ、怖い…、や、ああ、だめえ…)
はじめて聞く彼の声は不自然な低音に微妙な子供っぽさが滲んでいたが、オシッコを漏らしそうに震え上がった華恵は震えながら手コキを再開した。少年の手は太もも根本に強引にねじ込まれ、シリコンラバーの縄ごと濡れた花びらを愛撫した。

「(こんなの履きやがって、変態女め…)」
尻縄フンドシ着用をなじる彼は、黒縄のスキマに指を入れてヌルヌルに濡れた花びらの中心をクチュクチュかき回す。
(い、や…、ああ…、やめてえ…)
怖くて泣き出しそうな華恵は怖くて手コキがやめられず、愛液を垂らす亀裂を痴漢少年にまさぐられた。
(や、いや、ああ、見ないで…、はああ、恥ずかしい…)
バスは前方に二人しか見えなかったが、強制猥褻行為で弄ばれる自分をみんなからイヤらしい目で見られている気がして、カラダの奥底からなにか変な昂ぶりが沸き上がるのを感じていた。イヤなのに欲情してしまう不思議な昂ぶりに、華恵は背もたれに背中を押しつけて悶えた。

(ひっ…、あ、ああっ…)
太ももの根本で蠢いていた手がいったん引き抜かれ、内側をピシャッと叩いた。華恵はビクッと震えて思わず脚を広げていた。暴力的な愛撫にゴム衣装が食い込んだ花びらはピュッと恥ずかしいお汁を吹いた。
(や、ああ、許して、はあ、いやあ…)
溢れた愛液はお尻の下に引いたワンピースまで垂れて恥ずかしいシミを作っていた。軽いエクスタシーに朦朧とした人妻は半ベソの目を閉じながら、手コキだけは続けていた。

緊縛人妻華恵 (10)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:27:51 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old