FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (17)アナルバージン

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (17)アナルバージン

「やっ、(やめて、しげちゃん、だめっ、声、でちゃうからっ)」
裸にした女体の下半身にしげ雄がのしかかり、愛液まみれの性器を弄くり回す。優佳はほぼ無抵抗で、自然に漏れるあえぎ声が隣で寝る梨佳に聞かれないように口を押さえていた。

「優佳ちゃん、ペロペロして」
ペッティングに悶える成長のいい女体に御機嫌のエロ中学生は、自分も下半身裸になると勃起した分身を優佳に押しつけた。
「(お願いだから…、静かにしてね…)、んっ…」
強引に迫られるのがうれしいマゾ女の本性に気付かないまま、優佳はエッチな声が出てしまう口をふさぐ栓代わりに皮かむりの先端を咥えた。

「うっ、はああ…、いい気持ち…」
ムチムチ太ももを広げて濡れた媚肉を覗き込むしげ雄は、変形シックスナインの体勢でフェラチオさせる気持ちよさにバカ面を緩ませる。
「んっ、ちゅっ、ちゅるっ、ちゅびびっ、じゅるっ」
機嫌の良さそうな声を聞いてうれしい優佳は精一杯のご奉仕を捧げた。いきり立ったサオを丁寧に舐め上げ、おツユが弾けるイヤらしい音を響かせた。

「うっ、おほおっ、はううっ」
優佳はサオを愛撫しながら恥毛がまばらな玉袋も愛撫した。性経験の乏しいしげ雄は思いも寄らない場所をマッサージされて浮かれた声を上げた。
「んっ、ちゅっ、ちゅっ、ちゅううっ」
奴隷女気質の優佳はしげ雄が悦ぶ声に欲情した。指を咥えた花びらからダラダラ汁を垂らし、いっそう気合いを入れてフェラを続けた。

「あはうっ、優佳ちゃんっ、もういいよおっ」
濃厚なフェラに裏スジが縮み上がる。昼間に3発も抜いて連射の自信がなかったので、しげ雄は口で1発目を出すのがもったいないと思った。
「ふぇ…、しげちゃん?…、もう、いいの?…」
いきなり拒絶されてなにか悪いことをしたのかと思って心配になった優佳は、怯えた声で聞いた。

「うん、入れてもいいでしょ」
優佳の不安など気にしないしげ雄は、背中から抱きついて上も乱暴に脱がした。
「え、うん…、あ、んっ、あ、そこ、ちがう、あ、んっ」
裸に剥かれた優佳はバックからしがみつくしげ雄が挿入しやすいようにお尻を突き出したが、半剥けチンポはアナルのシワに突きつけられた。

「んっ、あれ?…、こっ、このっ」
場所を間違えたことに気付いてないエロバカはサオを握って強引に押し込んだ。半剥けカリが無理矢理菊門のシワを広げた。
「や、あ、ちがう、あ、ああんっ」
優佳のツバで濡れた勃起チンポはアナルに浸入した。辛そうなあえぎ声をあげる優佳はアナルセックスも初めてだったが、奴隷女の本能で括約筋を緩めてなんとか受け入れた。

「うほっ、くっ、んっ…、おほおっ、いいっ、きもち、いいっ」
輪ゴムのように広がったアナル周辺の肉に締め上げられたエロガキは、はじめて体験するきつい締め付けにうれしそうな嬌声をあげた。
「あ、んっ、しげちゃん、ゆっくり、して、おねがい…」
昼間に処女を失ったばかりの優佳はアナルバージンもしげ雄に奪われた。知識としてはアナルセックスを知っていた頭でっかちなエロ女子高生はうれしそうなしげ雄を拒絶できず、お尻が壊れないように優しく挿入して欲しいと懇願した。

幼なじみ (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:07:59 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old