FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (5)初めてのペッティング

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (5)初めてのペッティング

「はっ、はあっ、ゆっ、優佳ちゃんっ、しっ、はあっ、下も洗うよっ」
半剥け勃起チンポを背骨のくぼみに擦りつけながら、乳首が屹立したオッパイを泡だらけのヌルヌルにしたしげ雄は、手を下げて太ももの付け根をなぞった。

「う、うん…、し、して…」
太ももと下腹がせめぎ合う肉の狭間に入り込んだ指に優佳は慌てて自分の手を抜くと、汗とお湯で濡れた肉の間をゆっくり潜り込んでいく指先に緊張していた。
「ゆっ、優佳ちゃんっ、はあっ、下の毛っ、はっ、いっぱい生えてるねっ」
欲情した女子高生の期待を裏切って愛液でヌル付いた湿地帯に直接行かずに寄り道した指先は、生え揃った恥毛を弄っていた。
「あ、うん…」
乙女心を辱めるセリフに優佳はうなずくしかなかったが、無意識に力が入ってピッタリ合わせた太ももを緩め、指先が浸入する経路にスキマを作っていた。

「はうっ、気持ち、いいっ?…、はっ、ゆっ、優佳ちゃんっ…」
その先に手を伸ばして背中に頬を押し付けたしげ雄は唇に泡をつけて聞いた。
「う、うん…、もっと…、して…」
太もも根本の合わせ目に入り込んだ手はスジの先端を触っていた。恥ずかしい肉がせめぎ合う合わせ目がゾクゾクして苦しそうな吐息を漏らす優佳だったが、艶めかしい音色でその先の敏感な部分の愛撫をおねだりした。
「うぐうっ、とっ、届かないから、はあっ、こうしていいっ?」
小学校の頃からたいして身長が伸びてないチビ中学生は、後から抱きついた体勢では大きく張り出したお尻がジャマでその先に手が届かなかった。しげ雄は横から抱きついて前後に手を差し込んだ。

「あっ、んんっ…」
前から入った手が合わせ目からかすかに顔を出した敏感なポッチを、後から入った手がアナルから濡れた亀裂の終端を弄る。汗を垂らした女体がビクンと震える。
「いっ、いい、よ…」
無邪気な二箇所責めに成長のいい若い女体が緊張してこわばる。ふたつの性感帯から沸き上がる快感に目眩がしそうな優佳は、それでも女の子座りのまま触りやすいようにザーメンがへばりついたお尻を持ち上げた。

「あ…、はっ、あ、アナが、はあっ、あるよ」
ネットから仕入れたエロ知識で自分にはチンコがある部分にアナがあることは知っていたが、ヒタヒタに濡れた柔らかい肉がせめぎ合う入り口に実際に触れて本当にビックリし、ある種の感動さえ覚えていた。
「あんっ、う、うん…、ん…」
ワキ腹に抱きついて間近に覗き込むエロ中学生の視線に頬が熱く紅潮する。恥ずかしそうに目を伏せた優佳はアソコの切れ目に食い込んで蠢く指先に辛そうなあえぎ声を漏らしてあえぐ。
「女の子は、ああっ、男の子と、あんっ…、違う、から…」
ヌルヌルの肉の切れ目に食い込んだ指先が興味津々に触りまくる。その奥に行かずに入り口で戯れる指先に焦らされ、優佳はつらそうな吐息混じりに応えた。

「ゆ、優佳ちゃんっ、はっ、もっと、はあはあっ」
これがペッティングというセックスの前段階だと頭でわかっていたが、現実に指に絡みつくリアルな感触は妄想していたようもはるかに強烈な体験でしげ雄は感動すらしていた。半剥けチンポが痛いほど勃起し、シワが固く縮んだ玉袋がギュンとした。
「ん、ぐっ…、ゆっ、指入れて、はうっ、もいいっ?」
口にたまったツバを飲み込んだエロ中学生は、恥ずかしそう頬を染めて下を向く可愛い横顔に勢い込んで聞いた。

「う…、うん…」
ただれた肉欲で理性を曇らせる優佳だが、カラダを洗うという建前で姉弟同然に育った男の子にエッチな奉仕をさせる罪悪感が、心の隅に残った年上としての責任感やモラルをチリチリ焦がす。
「乱暴に、あん…、しないで、んっ、ね…」
大人と変わらない成長した女体の昂ぶりに悶える優佳は、背徳感に苛まれながらもっと触って欲しいという本能にはやはり逆らえず、辛そうな声で呻いておねだりした。

幼なじみ (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:55:03 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (4)中学生の前戯

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (4)中学生の前戯

「しげちゃん、洗ってもらっていい?」
早漏な射精で落ち込むしげ雄に優しく寄り添った優佳は、ラッキョチンポから垂れる滴を見ないフリをしてイスに座るしげ雄の前に移ると、ザーメンが小さな白い池を作った床に直接お尻を付けて女の子座りした。

「う…、うん…、いいよ…」
くびれからお尻が広がる曲線とそこに食い込んだような太ももが作るくびれがエロチックだった。落ち込んで優佳の顔がまともに見られそうになかったので、背中を向けてくれてホッとしたしげ雄はボディシャンプーを手にとって背中に手の平を当てた。
「あ…」
ネットリした液状石鹸を塗りつけられた背中がかすかに震えて甲高い吐息が漏れる。
「ゆっ、優佳ちゃんっ、きっ、気持ちっ、いいのっ?…」
エロ動画のような声がチンコに響いた。息が苦しくて声がうわずる。
「…、うん…、しげちゃんに洗ってもらうと、お姉ちゃん…、気持ちよくなる…」
女の子座りで床に垂れたザーメンをお尻の下に引いた優佳は、前を向いたままムッチリした太ももに押しつけた手に力を入れていた。
「はっ、もっと、はあっ、気持ちよく、はあっ、してあげるねっ」
男が女の人を気持ちよくするのは義務だとエロ動画から中途半端な知識を得ていたしげ雄は、官能的な女子高生のあえぎ声に昂ぶってハアハア呻きながら背中をなで回す。

「あん、いいっ…、あっ、ああっ…」
ボディシャンプーでヌルヌルした手が背中をなで回す。スベスベした肌に手の平を滑らすのが気持ちいい。優佳の色っぽい吐息が鼓膜をくすぐってコチンコチンのチンコがゾクゾクする。
「前も、洗って…」
息が詰まったような辛そうな声は乳房の愛撫をおねだりしていると思った。
「うっ、はっ、うんっ、はあっ、いいよっ」
ボディシャンプーを手にとって背中に抱きついたしげ雄は、ヤンキーのようなウンコ座りで股間を押しつけていた。卑猥なシワを見せるワキの下に手を差し込んで母より大きなオッパイを包み込む。
「あんっ…、優しく、してね…」
優佳より小さな手の平が張りのいい乳肌を握りしめる。勃起して突き出た乳首が乳房に陥没した。湯気を上げて火照る女体がビクンと震えた。
「うっ、うんっ…」
乱暴な愛撫に悶える女体の吐息混じりの切ないおねだりがエロ中学生の下半身をくすぐる。背骨のヘコミに押しつけたチンコがビクビク震え、シワが縮んだ玉袋がキュンとなる。

「はあはあっ、はあはあっ」
言われたとおりに優しく乳房を揉み砕いているつもりのしげ雄は無意識に腰を上下させていた。背骨にすりつけるチンコの気持ちよさで下半身がしびれてますます息が荒くなる。
「ん…、あ、ああ…」
優佳は漫然と続けられる乳房の愛撫に悶えた。性器の亀裂がせめぎ合う柔らかい肉の合わせ目から透明な愛液を垂れる。弟同然の中学生の稚拙な愛撫に欲情する女体はこっそり股間に手を伸ばし、ヌルヌルに濡れた肉を指先でなぞっていた。

幼なじみ (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:56:02 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old