FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (3)一緒にお風呂

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (3)一緒にお風呂

「う、うん…」
優佳の火照った女体を見て皮かむりチンポはよけいに固くなっていた。逃げ出すことも出来ないしげ雄には優佳の言うとおりにするしか選択肢はなかった。

「じゃあ、脱がしていいよね」
恥ずかしそうに股間を隠してうつむくしげ雄に、優佳はいつもの優しいお姉さんの顔でひざまずく。ムッチリすりあわされた太ももの柔らかそうな圧迫感がまぶしく目に飛び込んでくる。
「…、しげちゃん、おおきくなったね」
しげ雄の服を脱がした優佳はピンコ立ちした半剥けチンコを目の前に見ていた。緩めた太もものスキマにさりげなく手を差し入れて女性器に触れると顔を上げてニッコリ笑った。
「う、うん…」
いつもの優しい笑顔なのに妙にエッチだった。PC画面で微笑むAV女優のセクシーポーズが頭に浮かぶ。湯気を上げる柔らかそうな女体にチンコを押しつけたくなったがなんとかガマンした。

「洗ってあげるね」
しげ雄と手をつないで浴室に入った優佳はしげ雄をイスに座らせると、背中に回って直接手につけたボディソープを塗り始めた。
「あうっ…、はうう…」
成長途上の貧弱なカラダにまとわりつくしなやかな手の気持ちよさに、半剥け皮かむりチンポが痛いほど固くなる。
「…、しげちゃん、あんなことしちゃ、ダメよ…、女の子に嫌われるから」
不意に柔らかい弾力が二つ背中に押しつけられた。うしろから抱きついた優佳の諭すような優しいささやきが耳の後でして、背中を撫でていた手が貧弱な胸をなで回す。

「う、うん…」
耳元でささやいた声はいつもの優佳の声なのに妙にエッチに聞こえてドキドキする。固くなったチンポの根本から玉袋のあたりがゾクゾクして、しげ雄は息苦しくてうなずくしかできなかった。
「またあんなことしたくなったら…、お姉ちゃんに言って…、いい?…」
胸をまさぐっていた手はいつの間にか股間に降りていた。乳首がツンと突き出たおっぱいを頼りない背中に押しつけた優佳は、半剥け皮かむりのまま固くなった男根を優しく握ってしごいてきた。

「あっ…」
しげ雄は固く反り上がるラッキョチンポにまとわりつく手に絶句した。はじめて体験する手コキだった。
「くっ…、う、うんっ…」
ボディソープでヌルヌルした手の快楽に何も考えられない。柔らかい女体に包まれてチンコを擦られるのは、オナニーより断然気持ちよかった。夢心地のしげ雄は興奮した吐息まじりにうなずいていた。
「うっ…」
しかし気持ちいい時間は長くは続かなかった。裏スジに熱いこみ上げを感じたのと同時に半剥け皮かむりの先端からザーメンが噴き出した。

「あ…、ああ…」
早すぎるのはダメ男としてバカにされるというネットで仕入れた生半可な知識が頭に浮かんだ。射精の気持ちよさが早すぎた発射の恥ずかしさにかき消され、しげ雄は優佳にバカにされることが怖くて下を向いていた。

幼なじみ (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:11:16 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (2)優しい優佳

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (2)優しい優佳

「ふわあ…、なんだそれ…」
梅雨の明けた日曜日、朝方までネトゲしていたしげ雄は昼過ぎに起きた。キッチンに降りていくとテーブルに「ご飯はお隣で食べて」とメモがあった。

しげ雄が中学生になって手がかからなくなったため、両親は出不精の息子をほったらかしにしてデートに出かけることが多くなった。しげ雄の弟か妹を、と考えて外で子作りに励んでいたが、そんなことはしげ雄の知るところではない。

「こんにちは…」
いちおう声をかけて入ったが勝手知ったる桐生家は誰もいないようだ。
「誰か、いるの?」
キッチンに向かう途中のお風呂から水音がした気がして何の気無しにのぞき込んだ。
あ…、パンティ…。
いきなり脱衣カゴに入っていたブラジャーとパンティの白さが目に飛び込んできた。ネトゲついでにネットでエロ知識をしこたま仕入れて性的興味が旺盛なエロ中学生は、無意識にそれを手に取ると顔に当てて匂いを嗅いだ。
あう…、はうう…。
いい匂いに混じってメスの残り香がする。心臓がドキドキして下半身がムラムラした。
「…、はあ…、はあっ…」
肌触りの良い柔らかい感触に幸せな気分でウットリした。股間に伸びた手が固い膨らみを弄りだす。皮かむりのチンポがめいっぱい突っ張り、湿った生暖かさで頭が熱くなって息が荒くなってくる。

「きゃっ」
しげ雄がパンティの匂いを嗅いでハアハア言いながら股間を擦っていると、浴室の戸が開いて水滴を滴らせた優佳の顔が現れた。
「へ?…、うっ…」
変態行為に耽る姿を見られたしげ雄もビックリして声を上げたが、混乱してどうしていいかわからずに固まった。
「なんだ、しげちゃん…、?…、何してるの?…」
不審者かと身構えた優佳はしげ雄だとわかって一安心したが、彼が何をしているのかすぐにわからなかった。湯気の上がる張りのいい乳房の真ん中にツンと突き出した乳首から、水滴が滴り落ちていた。

「あっ…」
しげ雄が顔に当てているのはさっき脱いだ下着だとわかって優佳は驚いた。
「…」
赤ん坊の頃から弟のようにかわいがってきたしげ雄が自分の使用済み下着の匂いを嗅いで、モッコリした股間をまさぐる姿にしばらく何も言えずに見つめていたが、
「しげちゃん…、そんなことしちゃ、ダメよ」
泣き出しそうにうつむくしげ雄に緊張気味な笑顔を見せた。
「ねえ、ひさしぶりにお風呂、いっしょに入る?」
握りしめたこぶしを優しく開かせて使用済みパンティを引き取るとお風呂に誘った。
「えっ?…」
怒られると思ってうつむいていたしげ雄は思いがけない一言にお湯に濡れた女体を見つめた。

高校生になった優佳のカラダは大人と変わらなかった。

ピンク色の先っちょがツンと突き出た豊かな乳房やくびれの艶めかしい曲線が扇情的な色香を漂わせ、隠そうとしない足の付け根の中心部で濡れてまとまった縮れ毛から、オシッコを漏らしたようにお湯の滴を垂らしていた。

幼なじみ (3)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:48:33 ━ Page top ━…‥・

== 幼なじみ ==

幼なじみ (1)しげ雄と梨佳

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (1)しげ雄と梨佳

「うっ…、んっ、くうっ…」
深夜、薄暗い部屋でしげ雄は押さえた吐息をかすかに響かせながら、ベッドでうつぶせになって腰を振っていた。

「く…、ううっ…」
しげ雄の下にはパジャマのズボンを脱がされた若々しい女体がかすかに寝息を立てていた。
「はっ、はうっ」
スベスベした太ももがめいっぱい広げられ、薄い茂みの下に性器が剥き出しだった。
「んっ、んんっ…」
ピンク色の柔らかい肉を広げてナマチンポの出し入れを続けたしげ雄は、くぐもったうめき声をあげるとあわてて腰を引き、パジャマをめくり上げたヘソのあたりに白濁液をぶちまけた。
「うっ…、はうっ…、は…、はあっ…」
広がった太ももの間でうつむいたしげ雄は、ビクビク震える息子をしごいて柔らかい下腹にザーメンを絞り出した。

しげ雄はしばらく放心して停止していたが、持参したウェットティッシュを取り出してまき散らしたザーメンを拭き取ると、ヌルヌルした汁にまみれた性器も綺麗に拭き取った。

粘液まみれのティッシュを用意していたゴミ袋にいれると、脱がせたパンティを履かせてバジャマのズボンを熟睡中の女体に着させた。

「…、じゃあな、梨佳…」
ベッドの乱れを直すとカワイイ寝顔を見せる梨佳に軽くキスしてしげ雄は窓から出ていった。

コソ泥のように窓から出て行く背中をわずかにまぶたを持ち上げた目が見送っていたが、しげ雄はその視線に全く気付いてなかった。


しげ雄と梨佳は幼なじみだった。同じ年に生まれた二人はお隣さんで仲の良かった両家の親に兄妹同然に育てられた。お互いの家族は行き来して朝食や夕食はどちらかの家でするのが常だった。二人は同じ幼稚園と小学校に通った。

しげ雄は一人っ子だったが梨佳には二つ上の姉がいた。勝ち気な梨佳にヘタレなしげ雄はやりこめられ、姉の優佳がいつもかばってくれた。しげ雄は優佳を本当の姉のように思って、梨佳と同様に成長の早かった優佳に甘えてよく抱きついていた

小学校を卒業するまでは三人でよくお風呂にもはいった。中学生になっていた優佳は母と変わらないくらいカラダがオンナらしくなっていた。ふざけて抱きついた優佳の乳房は梨佳よりも大きくて気持ちよかったが、まだ男としての興奮を感じることはなかった。

中学に入る頃には兄妹のように育った二人に差がつき始めた。カワイイ上に成長の早かった梨佳は小学校高学年になると中学生と間違えられるほど身長が伸びて胸が膨らんできた。それにくらべてしげ雄は小学校を卒業してもチビでラッキョチンポのままだった。

しげ雄は勉強がからきしだったが梨佳は頭が良く成績も良かった。梨佳が中学校の最初の定期試験で一桁の順位を獲得したのに対して、しげ雄は自分より下を片手で数えられるほどだった。

可愛くて勉強の出来る梨佳にしげ雄は劣等感を抱くようになっていた。両家の親は二人とも同じようにかわいがってくれたが、学校でのお互いの評価に差がありすぎてしげ雄は次第に梨佳に距離を置くようになった。

運動も得意な優佳といっしょにいると自分のダメさがいやでも思い知らされる。もともと内気だったしげ雄はさらに内向的になり、ネトゲ三昧で部屋にこもりがちのオタク少年になった。

しげ雄はネットに氾濫するエロで女体に興味を持つようになり、オナニーを覚えた。そして現実の女性に対する最初の性的興味は苦手意識を持った梨佳ではなく、いつも優しくしてくれる優佳に向かった。

幼なじみ (2)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:19:53 ━ Page top ━…‥・

== はじめに ==

幼なじみ 目次

ろま中男3 作品リスト

幼なじみ 目次(15/02/02更新)

痴漢や強姦は刑法犯罪です。これはフィクションです。実在の人物団体と一切関わりありません。

内容:ダメ男と幼なじみの美少女と美人姉とのセックスライフ

登場人物
神保しげ雄:本編主人公。ネクラオタクな地味男
桐生梨佳(りか):気の強いしげ雄の幼なじみ。頭もよくてスタイル抜群の美少女。
桐生優佳(ゆか):梨佳の二つ上の姉。妹の梨佳とはタイプの違う美人。しげ雄を本当の弟のようにかわいがる優しい女子。

(1)しげ雄と梨佳 / (2)優しい優佳 / (3)一緒にお風呂 / (4)中学生の前戯 / (5)初めてのペッティング / (6)乱れ悶える処女 / (7)焦らされるエロ中学生 / (8)オッパイ攻撃で撃退 / (9)優佳の人に言えない趣味 / (10)昇天する優佳 / (11)マ○コ観察 / (12)局部露出羞恥プレイ / (13)処女喪失ナマ出し / (14)無邪気な後戯 / (15)活発美少女梨佳 / (16)夜這いするしげ雄 / (17)アナルバージン / (18)オシッコ浣腸 / (19)寝姿オナニー / (20)優佳の怒り /

ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
以下続く

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:14:28 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old