FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (65)どS鈴子のエリ調教

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (65)どS鈴子のエリ調教

「エリさん、まだまだ早いですよ」
グッタリした美しい裸体が作る艶めかしい陰影に私は欲情した。可愛くて綺麗な学校のアイドルをメチャクチャにしたい。柔らかくて張りのある太ももを持ち上げてカラダを入れ、松葉崩しで濡れた女の子を貝合わせした。

「んっ、あっ、ああっ、鈴ちゃん、ああっ、もう、あっ、んっ、許して」
濡れた女の子を密着させて腰を振る。クチュクチュと女の子同士が擦れ合うイヤらしい音がする。淫らな快感を求めずにはいられない淫乱な本性が私を支配する。
「はあっ、きもち、あ、ああ、いいですっ」
包皮から顔を出したポッチが擦れるたびにカラダがビクンと震える。スベスベした太ももの感触やふくらはぎでおちちを圧迫される感じもいい。
「や、ん、あっ、ああっ、い、いやっ、あ、ああっ」
藤堂も同じ快感を味わっている。感じてしまうのが恥ずかしいのか両手で顔を隠しているが、成熟した女体が切なげに波打ち、イヤらしくくねる。

「あ、さっきと、は、はあ、同じ、体勢ですよ」
体を起こして対面座位で女の子を密着させる。腰の動きは鈍くなるが、汗に濡れた柔らかい凹凸と密着する弾力感が気持ちいい。
「はっ、エリさん、あっ、んっ、おちち、はあっ、ビンビンですよ」
火照った女体をくまなくまさぐる。藤堂は辛そうに悶えて逃げようとするが、ブラをズリあげて固くなった乳頭を甘嚙みしてやると、
「あっ、んんっ、だ、だめえ…」
ビクンと仰け反ってウエーブのかかったセミロングヘアを妖しくツヤツヤさせて踊らせた。

「キス、しましょ」
何度もおちちにキスを浴びせてやるともう藤堂はメロメロだった。私はグッタリする彼女を抱きしめ、口づけした。
「は、んっ、む、はう、ああ…」
湿った女体をきつく抱きしめて舌を強引にねじ込む。舌を合わせて唾液と一緒に絡ませる。藤堂は苦しそうに目を閉じて苦しそうなあえぎ声を漏らす。
「あ、んっ、エリさんの、舌、おいしっ」
ビクッと震えた女体はまた潮を吹く。ピッタリ合わさった女の子が愛液まみれだ。彼女は私の腕の中でグッタリした。美人で清楚な彼女を快楽に堕とした満足感で私は笑っていた。

「もっと、気持ちよくなりましょ、アレ、持ってますよね」
半目でグッタリしたエリをもっと虐めて乱れさせてやりたかった。彼女は男性器を模したオモチャを持っているはずだ。女の子の具合で分かる。
「あれ、って、なに?…」
うつろに私を見つめる藤堂は、しかし薄々勘づいているようで怯えている。
「バイブです、毎晩オナってるんでしょ」
不安そうに伺う彼女にマゾヒスティックな倒錯色情を感じた私は、わざとあからさまな単語を突きつけた。

「オナ、って…、いやあっ」
図星を指された彼女は恥ずかしそうに顔を伏せて逃げようとするが、
「正直に言わないと、ココ、強くひねっちゃいますけど、いいですか」
女の子に手を伸ばしてヒタヒタのスジから顔を出した固いポッチを押した。
「ひんっ、あ、ああ…」
ビクッと仰け反った彼女は勃起した乳首をプルプル震わせる。感じやすい彼女はココがいちばん感じるのは、一通り性感帯をタッチしてわかっている。
「も、もう、やめてえ…」
彼女が半ベソで許しを請う。しかし女の子は開き気味にヒクヒク震え、イヤらしいお汁で洪水状態だ。彼女は虐められて感じるマゾだ。

「言わないと、今度は本当につねっちゃいますよ」
我が校のアイドルを泣くほど追いつめるサディスティックな昂ぶりで私の女の子もビショビショだ。キスして怯える彼女の唇を嬲りながら、愛液でヒタヒタの亀裂から突き出たポッチをつまんだ。
「やっ、やめてえっ、ううっ、あそこ…、引き出しに、うう、あるから…」
とうとう泣き出した彼女は震えながらチェストを指した。学校で羨望のまなざしを浴びる彼女を肉欲のるつぼに突き堕とし、屈服させた満足感でカラダの芯が熱くてゾクゾクする。

「エリさん、エッチな下着、いっぱい持ってるんですね」
引き出しの中は色とりどりの下着が綺麗に収まっていた。奥に隠してあったバイブはすぐ見つかった。藤堂の官能的な女体に似合いそうなセクシーランジェリーに私はニンマリした。
「これ着て、オナってみましょうか」
笑いがこみ上げてくる。彼女を怯えさせるのが楽しくてしょうがない。鈍い電動音を発してクネクネするバイブを嗚咽を押し殺す泣き顔に突きつけた私は、高級娼婦にふさわしいベビードールとガーターストッキングを差し出した。

女教師鈴子のルール (66)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:00:57 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old