FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (92)妄想女子高生(5)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (92)妄想女子高生(5)

「はあっ、重いっ」
手伝うというクラスメイトを断って、ヒーヒー言いながら保健室までカオルを担いできた紗季は、ベッドに放り出すと脚をガクガクさせて肩で息をしていた。

…、楽にさせて、
しばらくして荒い息が収り、養護の先生のいない保健室でベッドに寝るカオルを二人きりを意識した妄想暴走娘は、
あげなきゃ…。
学生服のズボンのふくらみをジッと見ながらゴクンとツバを飲み込むと、ベルトを外して脱がせた。

…、トランクスね…、
少年の下着だけになった下半身を見つめて、また口に溜まったツバをゴクンと飲み込んだ紗季は
まあ、ゆるしてあげる…。
下着の趣味にとりあえず合格点を与えた。

…、だめ…、これ以上は…、
トランクスのふくらみから目が離せない紗季は、その下を見たくてソワソワしながら、手を出せずにいたが
そうだ、私も脱げば、不公平じゃないわ…。
突然ひらめいたおバカな名案に満足そうにニッコリ笑った。

ふふんっ…、あ…、
鼻歌交じりに紺ミニスカを脱ごうとした紗季だったが
はいて、なかった…。
やっとノーパンだったことを思い出して、ホックを外そうとした手をとめた。

?…、じゃあ…、
紺ヒダミニをオマタに押し込んで顔を真っ赤にしていた紗季は、
上を、脱げば…、
上を脱げば不公平じゃないという、やっぱりおバカな結論に至るとセーラー服の上衣のワキに手を回してファスナーを上げ、頭から抜いた。

いつまで、寝てるつもりよ…
上衣を脱いでブラ姿になったミニスカ暴走娘だったが、カオルがいつまでも寝ているので、それ以上することが無くて退屈になってきた。

ひょっとして、寝たフリしてて…、
またおバカな妄想に陥った紗季は、意識のないカオルからの命令電波(?)を受信すると、
しょうがないよね…、あんなの、見られちゃったんだから…。
見られたかどうかもわからないのに自分を納得させ、トランクスのふくらみにまたがった。

ああ…、いやあ…、
男子の股間の上でナマ脚を破廉恥に開き、オマタを密着させるセルフプレイに興奮した暴走娘は
こんなコト、させるなんて…、どエロな、男…。
艶めかしい吐息に頬を熱くして切なげにもだえ、ヒクヒクするスジにいやらしい滴を沁み出して、ノーパンのオマタが密着するトランクスを濡らしていた。

短編 (93)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:12:12 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (91)妄想女子高生(4)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (91)妄想女子高生(4)

「ゴメン、よく見えないん、だけど…」
授業がはじまってカオルは教科書を見せてもらったが、無意味に警戒する紗季は意識的に距離を取っていた。

「え?…」
なに?…、そばに来い、ってこと?…、
怪訝そうに声を漏らした妄想娘は、コンビニの前で転んではしたなく脚を広げていた、恥ずかしいあの時のことで脅されていると感じ、
エッチなこと…、しようとしてるの?…。
気弱で真面目そうな転校生を極悪な性欲異常者扱いしていた。

「はい…」
ええいっ、虎穴に入らずんば、なんとかよっ…、
しかしすぐに覚悟を決めると、カオルにピッタリ寄り添うように座り直した。
どう?…、これでいいしょ…。
紗季は成長過程の女性っぽくなったカラダをグイグイ押しつけながら、カオルの様子をうかがう。

「ん…」
教科書を少し寄せてくれるだけでよかったのに、カラダ全体で押してくる紗季にカオルは動揺していた。紺ミニスカのナマ脚を学生服の脚に押しつけられたカオルはドキマギして、股間のあたりをムズムズさせていた。

なによ、不満そうな顔して…、
湧き上がる若い劣情をガマンする純情な少年のつらそうな表情を見た天然妄想娘は、
もっと…、しろってこと?…。
不機嫌そうな顔だと思って、さらなるサービスを要求されていると勘違いした。

これで…、どう…。
妄想娘は暴走娘になっていた。頭に血が上ってノーパンなのを忘れた紗季は、太ももを隠す紺ミニスカをズラして、張りのあるナマ肌をカオルに見せつけていた。
はああ…、私に…、
すべて紗季の妄想ないのだが、カオルにエッチな命令を強制されたつもりの天然娘は、
こんなコト、させるなんて…。
セルフ羞恥プレイにハアハアと吐息を熱く湿らせ、広げた脚の根元でエッチな滴をにじませるスジをヒクヒクさせていた。

うっ…、
カオルから見れば十分女らしいセクシーな女体を、ピッタリ押しつけられるだけでも鼻血モノなのに、スベスベしたナマ太もも根元まで見せつけられて、その先の下着を想像して頭がクラクラした。
はあ…。
で、かわいそうにヘタレ純情少年はそのまま卒倒した

「へ?…」
なにっ?…、なんで寝ちゃうの?…。
恥ずかしいのをガマンしてこんなにサービスしてやってるのに、机に突っ伏して寝るなんて失礼なヤツと頭に血が上りそうになった紗季だが
?…、ひょっとして、保健室に、ってコト?…、
カオルは体調が悪いフリをして保健室のベッドに移動し、紗季にスケベなことをしようとたくらんでいると、
やっぱり、コイツ、どエロ、だわ…。
ひとりよがりなセルフ羞恥プレイで若いカラダを熱く火照らせていた。

短編 (92)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:07:34 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old