FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (90)妄想女子高生(3)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (90)妄想女子高生(3)

だめ…、もう…。
男たちからノーパンの恥ずかしい姿を注目されていると、妄想に囚われてセルフ露出調教に陥った紗季はガマンの限界を超えて、アソコをネチョネチョに濡らしていた。

トイレ…。
角の先にあるコンビニを思い出した紗季は、そこでなんとかしようと駆け出した。
「きゃっ」
へぐっ、きゃひいんっ…、
が、角を曲がるとそこにいた男子に勢いよくぶつかった。
な、なに?…、あ、見えちゃうっ…。
「いたた…、あっ、やだっ」
転んで思いっきり尻もちをついた紗季は、M字開脚してミニスカがまくれているのに気付いて、慌ててオマタを押さえた。

「あの…、だいじょうぶ?…」
近寄る陰にハッとなって顔を上げると、見慣れない少年が困ったような顔で紗季をのぞき込んでいた。

「だ、大丈夫ですっ」
やっ、見られた?…。
立て膝で開脚したノーパンのオマタにミニスカを押し込んだ紗季は、慌てて立ち上がると学校に走り出す。
誰、だっけ?…、
セルフ羞恥調教のことなどすっかり忘れ、紺ミニスカのスソをパタパタさせて風を切る紗季は、
知らない顔だから、きっとウチの学校じゃないよね…。
あまりぱっとしない少年の顔を思い出すと自分とは無関係だと思い込もうとし、ナマ脚を元気に繰り出していた。


えええっ、うそおっ…。
しかし少年との再会はすぐにやってきた。朝のHRで担任の曽我が紹介した転校生が、あの少年だった。
「三宗カオルです…、××から、引っ越して来ました…」
少年がやっぱりぱっとしない感じの自己紹介をすると
「じゃあ…、北澤、オマエの隣だ、教科書見せてやれ」
曽我はカオルに紗季の隣に座るように指示した。

どうしてえ…
マンガなんかでよくあるボーイミーツガールな状況だが、ノーパンの恥ずかしい姿を見られていると思うと、紗季はとてもそんな浮ついた気になれなかった。
「あ…、あの…、よろしく…」
紗季を見てコンビニの前のことを思い出したカオルは、しかし何も言わずに気弱そうに頭を下げた。

「うん…」
見たの?…、ひょっとして、すごい変態?…、
警戒心ムキ出しの紗季が機嫌悪そうに応える。おとなしそうに見えるがむっつりスケベかもしれないと妄想をふくらせる紗季は、
何、考えてるの?…。
少年に恥ずかしい秘密を握られた気がして落ち着かず、ノーパンのアソコを意識してナマ脚のひざにギュッと力を入れていた。

短編 (91)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 19:17:36 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (89)妄想女子高生(2)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (89)妄想女子高生(2)

…、痴漢?…。
その朝、紗季は電車で痴漢に遭っていた。痴漢に遭うのはさほど珍しいことではなく、いつも混むこの電車で痴漢に遭わない日のほうが珍しい。

ん…、あ、そこ、ああ…。
何もなければ変態妄想で朝っぱらからムラムラすることはないが、成熟しつつあるカラダを直接刺激されれば話は別で、痴漢のいやらしい手の動きに淫乱女子高生のカラダは淫らに反応してしまう。

は、ああ、そこ、その、先を…、
しかしたいていの痴漢はせいぜい紺ヒダミニのお尻を軽く触る程度で、手の平であからさまに揉まれること自体、滅多にない。
や…、や、ああ…、どうしてえ…。
そんな中途半端な刺激に異常性欲を煽られた紗季は欲求不満におちいり、汗でシットリしたナマ太ももを切なげにすりあわせて身もだえしてしまう。

…、しょうがない…、
そういうときはどうしてもガマンできず、駅のトイレに駆け込んでオナってしまう。
ああ…、あ…、あれ?…、
あえぎ声をガマンしてとりあえず絶頂にイった紗季は、パンティを履き替えようとカバンを探って青くなった。
どうしよう…。
いつも巾着に入れていた替えのパンティをその日に限って忘れていた。

しかたない…。
すぐにあきらめた紗季はシミを作ったパンティを学校でこっそり洗うことにして、ノーパンままトイレを出た。
え…、
しかしその思いつきが間違いだったことにすぐに気づいた。
私…、見られてる?…。
股間がスースーして嫌でもノーパンを意識させられる紗季は、ヒラヒラする紺ミニスカが通勤通学を急ぐ男たちに注目されている気がしてドキドキしていた。

あ…、や、垂れちゃう…、
セルフ羞恥調教状態のエロ女子校生は媚肉の合わせ目から漏れる滴に、不自然な内マタで学校に向かっていた。
はあ、だめ、見ないで…、
妄想しすぎて恥ずかしい姿を男たちのいやらしい視線で透視されている気になり、ますますエッチな汁があふれてくる。
ああ、だめ、え…。
ノーパンのアソコの濡れた媚肉がヒクヒクしてムラムラが収まらない淫乱女子高生は、公衆の面前でソコに手を伸ばして恥知らずにオナニーしてしまうのを、かろうじてこらえていた。

短編 (90)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:11:02 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (88)妄想女子高生(1)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (88)妄想女子高生(1)

北澤紗季は高校2年、見た目はどこにでもいるようなごく普通のかわいい女子高生。ただ人に言えない恥ずかしい性癖をのぞけば。

紗季は妄想癖が尋常でなく、いつもエッチな想像で頭がいっぱいだった。

学校で授業を受けていても、たとえば日本史の教科書に「皇后」という単語を見ると、「交合」を連想して、男女の脚がいやらしく絡み合う様子を想像してしまう。

学校の帰り道で木の股にキレイな花が咲いているのを見ると女性器そのものを連想し、雨の日に花びらが濡れているのを見ると、発情した女性の性器を連想する。

そんな調子でエッチな妄想ばかりしているので、パンティにはいつも恥ずかしいシミを作っていた。学校の休み時間はトイレに行って履き替えるのが習慣だった。

1日の終わりにベッドに入ると頭に浮かぶのはその日の妄想ばかりで、オナニーをしなければ若い成長期のカラダが火照って眠れなかった。

ただ幸いなことにこの恥ずかしい性癖を誰にも気付かれたことはなく、傍目からはごく普通の高校生活を送っていた。

しかし毎晩のオナニーのせいか、発育途上とはいえ十分女らしくなった体が妄想まみれの気持ちと同調したのか、夜のオナニーだけではカラダのうずきを鎮められなくなった。

紗季は学校でもどうしてもガマンできなくなるとトイレでオナニーした。しかしそれはマシなほうで、退屈な授業中などふんわりした気分になって、机の下で無意識に股間をまさぐってオナニーしている自分に気付いて、慌てたことが何度もある。

紗季の恥ずかしい性癖は匂いに対する敏感さもあり、男の汗臭い匂いを嗅いだりするともうメロメロになって理性を保てなくなる。

電車通学の車内で20代のリーマンに密着したときに、数日間風呂に入ってないだろう体臭を嗅いだ時は乳首が立った胸をリーマンにこすり付け、ミニスカに入り込んだ手が大きなシミを作ったパンティをイジっていた。

このときも幸いリーマンには気付かれずに済んだが、こんな恥ずかしい自分がいつかは誰かに知られるんじゃないかと悶々とし、そんなどMな気持ちがまた異常性欲を昂進させていた。

人前で恥ずかしい姿をさらさないために、紗季は性欲を解消しようと夜ごと様々に手の込んだ激しいオナニーに耽るようになり、ますます淫乱妄想の変態度を高めていた。

短編 (89)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:01:54 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (87)裏木戸からジョージ(8)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (87)裏木戸からジョージ(8)

「ふんっ、う、うおっ、おおっ…」
一発抜いて余裕のある配達員は心置きなく挿入を繰り返し、ケダモノじみたうなり声を上げて鬱屈した性欲を盛大に発散していた。

農村の旧家は隣の家とけっこう離れているので、ちょっとぐらい大きな声を出しても周りの林にさえぎられて、隣家まで聞こえることはない。


男が裏木戸から入ってわざわざ郵便物を届けていたのも、片思いする美人妻の姿をただ見たかったからであり、おとといパンティを盗んでしまったのは、そんな気持ちが押さえきれないほど嵩じて、つい魔が差したからである。

その日、ポケットにパンティを隠し持って勤務をやり終えた男は家に帰るとすぐさま全裸になって、勃起したデカチンにかぶせてこすりまくった。

盗んだパンティをザーメンまみれした男は、興奮が収まるともう使えないことに気付いて落ち込んだ。しかし季絵のパンティが欲しくてガマンしきれず、それで今日も下着ドロに手を染めようとした。

今日裸のような季絵のキャミ姿を見た時は白昼夢かと思ったが、あまりに興奮しすぎてその白昼夢に夢精しそうになったぐらいだ。

郵便局員として勤務中に女性に淫らな行為を働いてはならないと、下着ドロ経験者はなんとか自制しようとしたが、季絵のお色気攻撃にあっさり陥落したというわけだ。

理性のたがが外れた配達員は、ケダモノのように季絵のカラダを求めた。

「はあはあっ、うっ…」
結構な時間季絵を陵辱し続けた男は、全身から汗を吹き出してがむしゃらに腰のグラインドを続けていたが、とうとう果てた。
「あ、ああっ」
あっ…、あ、ああ…、
数え切れないほどエクスタシーに突きあげられ、女の悦びにまみれて意識が朦朧としていた季絵は、膣を焦がす熱い白濁液に背骨が折れそうなほどのけ反ると
あ、ああ…。
目の前が真っ白になって未体験の官能の世界を味わっていた。

「あ…、やばいっ」
2回目の放出の後、居間の柱時計を見てまだ配達がずいぶん残っている事を思いだした配達員は、焦って服を着だした。
「あの…、お名前は?…」
放心状態で胸の上にまくり上げられたキャミを腰まで下ろした季絵は、夢心地で聞いていた。

「…、木坂穣治…、穣治です…」
男はフェロモンムンムンでウットリした表情を見せる若妻をまぶしそうに見てから、うつむいて応えた。
「ジョージ?…、また来てね、ジョージさん…」
日本人らくしない名前だとちらっと思った季絵は、かたわらにあった生パンを畳んで渡し、艶めかしいウットリした笑顔を見せた。


それから1年ほど経って季絵は出産した。

夫にはあまり似てないが、目もとのあたりが季絵に似た男の子だった。仕事人間の夫は滅多にほめることはしないが、念願の跡取り誕生を誰よりも喜んで季絵をねぎらってくれた。


早く…、帰りたい…、
病院の窓の外で桜がキレイに散っているのを、ベッドに座った季絵はぼんやり見ていた。
ジョージさんの…、アレ…。
臨月まで毎月週の半分は続けていた穣治との情事に思いをはせる季絵は、病院着に包まれた成熟した女体を火照らせ、下腹のあたりがムズムスする感じに、ムッチリ太ももを悩ましげにすりあわせていた。

裏木戸からジョージ 終わり

短編 (88)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:05:50 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (86)裏木戸からジョージ(8)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (86)裏木戸からジョージ(8)

「はあ…、ああ…」
いっ、ちゃった…、
荒い吐息で背中を上下させる配達員がグッタリして覆い被さっていた。
ああ…、こんなの、初めて…。
ナカに入ったままのデカマラが段々縮んでいくのを感じながら、季絵は薄暗い天井を眺めて、女としての幸福感を味わっていた。

「こんどは…」
しばらく息を整えていた男は、まだ着ていた制服を脱いで全裸になると、放心した若妻の汗に濡れた脇腹を抱え上げて裏返しにすると
「後ろから…」
早くも勃起状態に戻ったズルムケチンポを、陰汁にまみれてグチャグチャで若干充血した陰門にバックから挿入した

「はうっ」
あっ…、あ、あんっ…、また…。
腰肉を抱えられてお尻を突きあげた季絵は、肉の切れ目を強引にかき分けて突入してくるデカチンに、汗が浮かんだ背中をのけ反らせたが
「ひっ、あ、ああっ…」
あ、ああっ、あたるうっ
膣奥まで挿入されて子宮口をこじ開けようとする鈴口に、ノドの奥からこもったあえぎ声を漏らす。

「ん、お、おおっ、く、ううっ」
あえぎ声に合わせて膣を締めつけてくる発情した女体に、郵便配達員はケモノじみたうなり声を上げて激しい挿入を繰り返す。
「あ、あんっ、ああっ、はあっ」
あ、いいっ、あ、見てる、はあっ、
パンパンと尻肉と股間がぶつかる音が、春ののどかな庭先に響いていた。
お義父さんが、ああ、見てるうっ…。
口角からヨダレを垂らしたアヘ顔の若妻は、視界のハシで居間の仏壇が目に入ると、義父の遺影から冷たい視線を浴びているように感じ、倒錯色情を泡立てていやらしいあえぎ声を上げた。

「んっ、お、おおっ、はあっ」
挿入を繰り返す愛液まみれのデカマラを、トロトロマ○コのヒダヒダ内壁が締めつけてくるキツサが極楽だった。
「んぐっ、お、ああっ、はあっ」
男は淫らに切なげにもだえる女体に抱きつくと、弾力的に揺れる乳房をわしづかみにした。心地いい押し返しを手の平に感じながら、全身から汗を吹き出して快調に腰のグラインドを続けた。

「あ、い、ああっ、ああっ」
んっ、胸が…、ああ…、い、いいっ…。
乳房に食い込む指先に切なげに頭を振ってセミロングの髪を振り乱した若妻は、
んあ…、は、はあっ、あああっ…、もっと…。
男の重さに耐えて懸命に四肢を踏ん張り、汗が垂れる太ももをプルプル震わせていた。

「あうっ、はあんっ、ああっ」
あんっ、あ、ああっ、あたるうっ…、
とうとう耐えきれずに板の間に肘を突いた季絵は、板張りの床に顔を押しつけ、女豹のポーズで腰を突き上げる。
んっ、にゃあっ…、あふっ、はうっ、あひいっ…。
挿入の角度が変わって尿道の裏側にこするカリにGスポットを刺激されて、淫乱美人妻は目尻と唇のハシから体液を垂れ流し、白目を剥いた忘我のアヘ顔をさらしていた。

短編 (87)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:42:25 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old