FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (78)ボクと里依ちゃん(13)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (78)ボクと里依ちゃん(13)

「もう、イタズラっ子なんだから」
里依ちゃんは生け垣の後ろにぼくを連れて行くと、
「こっちきて」
パンティをヒザまで下げてフェンスにつかまり、ツルツルしたお尻を突き出して濡れたあそこのアナをボクに向けた。

「イタズラっ子さん、責任取ってね」
ボクのオチンチンが届くように腰を低くした里依ちゃんは振り返ってニッコリ笑った。その笑顔がエッチぽくて、ボクのオチンチンはカチカチになっていた。

「しょうがない…、先月まで小学生だったボクに、こんなコトさせるなんて、里依ちゃんはすごいエッチな高校生だね」
ボクはオチンチンを社会の窓から出すと、ヒダ紺ミニスカをまくり上げてスベスベしたお尻を両手でつかみ、先っちょの狙いを定めた。

「やだあ、そんな言い方…、精ちゃんのイジワル…」
フェンスに手をかけた里依ちゃんは、振り返ると恥ずかしそうに笑ってた。
「じゃあ、いれるね」
里依ちゃんエッチな笑顔に、ボクはガマン出来なくてオチンチンの先をアナに入れた。
「あ、んっ…」
ヌルヌルのアソコはボクのオチンチンを吸い込むような気がした。いったん深くまで突き刺してから、浅く何度も出し入れすると、
「あ…、はあ…、あ、ああっ」
ちょうど気持ちいいところに当たるみたいで、里依ちゃんはガマン出来ずにエッチな声を上げていた。

「んっ、ああ…、里依ちゃん」
生意気な口をきいたボクだったけど、里依ちゃんのアナはやっぱり気持ち良かった。
「ううっ、気持ち、いいよおっ」
朝のひんやりした空気の中でいい天気の空を見上げながら、ボクはすごくいい気分でオチンチンを一生懸命出し入れしていた。

「あ、精ちゃん、はあっ、いいよ、ああっ」
ボクのオチンチンの位置に合わせて中腰になった里依ちゃんの、曲げたヒザがガクガク震えてた。
「出して、んっ、里依に、ああっ、白い、オシッコ」
おっきいお尻が汗かいてたけどボヨンボヨンで気持ち良くて、ボクはパーでペシペシと何度も叩いていた。

「あ、う、で、でる…」
気持ち良くてオチンチンを一生懸命出したり入れたりしてると、白いオシッコが出た。
「あ、ううっ…」
すごい気持ち良くてボクは里依ちゃんのお尻の抱きついてたけど、里依ちゃんはもっと気持ちいいのか、ブルブル震えてた。

「…、いっぱい出たね、精ちゃん」
ボクが離れると、こっちを向いた里依ちゃんはオマタに手を入れて、指ですっくった白いオシッコをペロンって舐めた。
「キレイにしてあげる」
その時の顔がすごいエッチで、ボクはまたオチンチンが固くなりそうだった。それからボクの前にしゃがんだ里依ちゃんが、いつものようにペロペロしてオチンチンをキレイにしてくれた。

4/27 いったん休止

短編 (79)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:39:59 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (77)ボクと里依ちゃん(12)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (77)ボクと里依ちゃん(12)

ボクと里依ちゃんはもっと仲良しになった。

それから、ボクとお風呂にいるのをお母さんに見つかって怒られたことを、里依ちゃんは話してくれた。

里依ちゃんはお母さんから小学生とエッチしたら犯罪だって言われたんだ。だから里依ちゃんはボクが行くと寝たフリしてた。ボクが勝手にするなら犯罪じゃないって。

でもお風呂でしちゃったことはずっと後悔してて、ボクが中学生になったらもう犯罪じゃないし、謝ろうと思ってたんだって。

中学生でも犯罪だって後で知ったけど、ボクにはそんなことどうでもよかった。だって里依ちゃんが大好きだったから。


「里依ちゃん、混んでるね…」
入学式の次の日から、ボクは里依ちゃんと駅で待ち合わせて一緒に通学した。

初めて体験する満員電車はギューギューで、ボクはあちこちから押されて潰されそうだった。

「うん、新学期が始まる頃は、特に混むの」
ボクをかばってセーラー服のふくらんだ胸で抱きしめてくれる里依ちゃんの声が、頭の上でする。
「ねえ、里依ちゃん…」
なんだか余裕の里依ちゃんをボクはちょっとイジめたくなった。ボクは短いスカートに手を入れて、パンティの上からアナのあるあたりをくすぐってやった。

「なに?…、精ちゃん…(やあん…、こんなトコじゃ、ダメよ)」
カワイイ笑顔で応えた里依ちゃんだったが、あそこを刺激されて心臓をドキドキさせているのがセーラー服の上からでもわかった。
「(やめて欲しかったら、ここで、チューして)」
恥ずかしそうに目を伏せる里依ちゃんがかわいくて、甘ったれたボクはわがまましていた。

「ここじゃ…、できない…」
パンティ越しに食い込む指にもだえる里依ちゃんは、ハアハアっていう息の音が、ふくらんだ胸に密着したボクの耳に響いていた。
「(ふーん、わかった、じゃあ、こうしてあげる)」
無理難題を突きつけて里依ちゃんをイジめるボクは、パンティをめくってアソコのヌルヌルに濡れたアナを直接刺激した。

「ん…、あ…、だ、だめえ…」
アナに指を入れてグリグリすると里依ちゃんのカラダがブルブル震えるのが面白くて、ボクはハアハアっていって震える柔らかいカラダに抱きついて、グリグリを続けた。
「あ、ああ…、もう、だめ…、降りましょ」
イタズラが過ぎたのか、里依ちゃんはまだ学校の駅に着いてないのに途中下車した。

あまり乗降客のいない駅だった。電車が発車するとホームは誰もいなくなった。オチンチンが固くなって腰のあたりがムズムズするボクは、まだふざけて里依ちゃんのセーラー服のお尻をナデナデしていた。

短編 (78)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:19:10 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (76)ボクと里依ちゃん(11)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (76)ボクと里依ちゃん(11)

「…、精ちゃんが…」
かわいそうに自戒の念で怯えた里依ちゃんは、ちょっと間違っただけで壊れてしまいそうだった。

「セックスって、ボクのオチンチンを里依ちゃんのアナに入れて、白いオシッコ出すことだけど、それだけじゃないよ」
里依ちゃんがいなくなって欲しくない一心で、ボクは一生懸命にしゃべっていた。
「?…」
ボクが何を言い出すのかわからないようで、里依ちゃんは不安でいっぱいという顔だった。

「セックスは好き合った男女がするコトだよ、ボクは里依ちゃんが大好きだし、里依ちゃんもボクが大好きだから、セックスするのは当たり前のことだよ、だから、里依ちゃんは何にもウソついてないし、まちがったことはなにもしてない」
ボクは里依ちゃんとずっと一緒にいたいという気持ちを伝えたくて、もうがむしゃらにしゃべっていた。

「大好き…、うん…、里依、精ちゃんが大好き」
大きな目に涙を溜めた里依ちゃんは、ボクの真剣な目をジッと見つめてつぶやいた。
「うんっ、ボクも里依ちゃん大好き、だから里依ちゃんが悪いことなんか、何もないよ」
潤んだ大きな目に映るボクを見たボクは、里依ちゃんがたまらなくいとおしくなってギュッと抱きしめていた。

「うん、ごめんね…、精ちゃん…、ゴメン」
ボクにきつく抱きしめられた里依ちゃんは、肩の上にアゴを乗せて何度も謝っていた。
「だから謝らないでよ、ボク、里依ちゃんがいなくなったら、きっと寂しくて死んじゃうから、だからずっとボクのそばにいて」
嗚咽で震える里依ちゃんが愛おしくてたまらなくかわいくて、ボクは思ったままを口にしていた。

「う、うん…、里依も、んっ、精ちゃんと、あんっ、ずっと一緒に、んっ、いたいよっ」
嗚咽が止まらない里依ちゃんはボクにギュッと抱きついて、泣き声混じりにボクと一緒にいたいって言ってくれた。

「ずっと一緒にいよう、ボク、里依ちゃんと結婚したい」
その言葉が何よりうれしくて、ボクはちょっと調子に乗って先走っていた。
「結婚?…、うん…、里依も、精ちゃんと、結婚したい…」
顔を上げてビックリしたようにボクを見た里依ちゃんは、泣きながら笑ってボクと結婚したいって言ってくれた。
「里依ちゃん、大好きっ」
ボクはなんだかすごいうれしくなって、里依ちゃんに抱きついてはしゃいでいた。
「精ちゃん、大好きっ」
里依ちゃんもボクに抱きついて、ベッドの上で抱き合って転げ回っていた。

「痛いっ」
「いてっ」
調子に乗りすぎてベッドから落ちた。
「うふふっ、あはははっ」
「わははっ、あはははっ」
ボクたちは顔を見合わせて大笑いした。恥ずかしいくらいのバカップルぶりが、すごいうれしかった。

短編 (77)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:21:07 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (75)ボクと里依ちゃん(10)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (75)ボクと里依ちゃん(10)

「ごめんね、取り乱して…、恥ずかしい…」
声を上げて泣きまくった里依ちゃんはやっと落ち着いたみだいだった。顔を上げた里依ちゃんは涙をぬぐいながら笑顔を見せてくれた。

「里依ちゃん」
ボクはやっと何を言ったらいいのか決めて、里依ちゃんをまじめな顔で見つめた。
「うん…」
ボクの真面目な顔を見た里依ちゃんは何か覚悟しているような顔で、ボクが何か言い出すのを待っていた。

「里依ちゃんは、ウソなんかついてないよ」
ボクは里依ちゃんに笑って欲しくて、考えて考え抜いた言葉を慎重にしゃべった。
「え…」
予想していたのと違うことを言われたからか、里依ちゃんはなんだか気が抜けたような顔でボクを見ていた。
「だって、ボク、知ってたから」
ここで間違ったら、里依ちゃんがボクと一緒にいてくれなくなるかも知れないと思って、ボクは本当に真剣に言葉を選んでいた。

「知ってた?」
涙をぬぐうのも忘れた里依ちゃんは、ボクの言葉を繰り返していた。
「うん、ボクだって、セックスぐらい知ってるよ、でも、里依ちゃんがボクとの秘密だって、約束だって言ったから、あれがセックスだって言わなかっただけだから」
ボクは今言った言葉が間違ってないか、一生懸命考えながらしゃべっていた。その時のボクは里依ちゃんを傷つけないように、それだけを考えていた。

「約束…、精ちゃん、ありがと」
里依ちゃんはボクが約束をずっと守っていたことを知ってうれしそうだったけど
「でも、小学生にエッチなコトした、里依の罪は消えないの」
それでも自分を責めて悲しそうにうつむいた。

「罪ってなに?…、里依ちゃんは何も悪いことなんて、してないよ」
うつむく里依ちゃんにボクはちょっと大きな声を出していた。
「…、だ、だって…、里依は、高校生だから…」
大きな声にビクッと震えた里依ちゃんは、ボクの真剣な顔をジッと見つめるとまた泣き出してベッドにうずくまった。

「里依ちゃん、ボクを見て、里依ちゃんはセックスのことよくわかってないから、ボクが教えて上げる」
震える肩を強引に持ちあげたボクは、泣きながら目をそらす里依ちゃんを怒ったようにのぞき込んだ。

短編 (76)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:15:40 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old